メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドを使って、デュアルマイクロフォンアセンブリを交換します。

このガイドではヒートシンクやロジックボードの取り外しをします。ヒートシンクを取り付ける前に、 放熱グリスの塗布ガイドを参照して、必ず 塗り直してください。

    • 上部ケースと底ケースを留めている次の10本のネジを外します。

    • 2.3 mmペンタローブネジ−2本

    • 3.0 mmペンタローブネジー8本

    • この修理では、各ネジの装着位置をメモ書きして管理してください。再組み立ての際は、デバイスにダメージを与えないよう、正しい場所に装着してください。

    For all the screws you use the P5 pentalobe screwdriver?

    Carlos - 返信

    Pentalobe is only for the screws on the bottom cover. The Torx screw driver is for the remainder.

    Fredrik -

    Is the Pentalobe screwdriver mentioned in the tools list? I did not have one so I used a filed down flat blade screwdriver. Not a fantastic idea, but it works.

    Alex Birkett - 返信

    Yes, it's mentioned on the top of this page. P5 Pentalobe to be precise. I didn't have one either, so I bought one from iFixit and that works fantastic. An absolutely precise fit, which is important especially when you might open your MacBook a couple of times during the years you own it. Not using the correct tool might do more harm to the screws than you want! I once had this with a Lenovo Yoga 3 Pro, which has Torx screws (T4 I think) and I used cheap Chinese quality tools, with the result that both the tool and one of the screws are damaged.

    addvariety -

    I never, ever, ever considered using anything but the correct tool on the Pentalobe screws. Too easy to strip and void your warranty (if still in effect), as well as make it almost impossible to get inside later for another upgrade or repair. The Wiha P5 Pentalobe screwdriver fits like a glove and costs only about $11 (a fraction of your drive's price)at Amazon.com. Get it!

    marketing - 返信

    is P5 supposed to be for all 10 screws? it works on the 2x 2.3mm at the top, but not for the 8x others for me. what size screwdriver for the 3mm? thanks

    monsieurescargot - 返信

    Yes, the p5 works for all 10 pentalobe screw heads for bottom cover. The the different size mm reference only refers to the difference in length of the screws, but again both heads are p5.

    Antoine Thornton - 返信

    I followed this exactly and was able to replace my broken trackpad. I did not have to replace the ribbon OR the battery. However I would suggest getting the ribbon since it’s fairly cheap, as for the batteries I was able to do it with a card only. I didn’t use any heat or the liquid but it takes some time. You really have to work the card in there to release the glue. Also you must be very careful not to bend the batteries or damage them, if you do you must replace with new. This took me about 1.5hrs and my computer works like new. Apple cost for this job was around $450, I did it for $120. Big ups to ifixit for this awesome tutorial, tool set and parts!

    On a side note, only use quality tools, the cheap ones will break or strip the screws.

    Dustin Steward - 返信

    Note that the eight 3mm screws have a shoulder under the head, while the two 2.3mm screws are “full thread”, i.e., there is no shoulder under their heads. It’s important to put the two screws with no shoulder at the hinge of the cover.

    All ten screws require a P5 Pentalobe screwdriver, preferably with a magnetized tip to help hold and position the screw.

    All of the screws have blue “Loctite” thread locker compound on their threads. This is to help prevent the screws from working loose and falling out. Don’t attempt to clean the Loctite from the screws — leave it in place, and it will continue to help prevent the re-inserted screws from working loose.

    When replacing the bottom cover, it is a good technique to insert and BEGIN tightening all ten screws BEFORE fully tightening any one screw. After all the screws have been started, then go around and finish tightening all of them. By doing this, you make it easier to feel that each screw has been started properly, and is not “cross-threaded”.

    doubleclutch - 返信

    This is what I found on my MBP mid-2014 13” Retina. All 10 used the same screwdriver. I didn’t see the blue “loctite” but I also got my computer refurbished.

    Evan Shulman -

    A good technique for starting to thread the screws when replacing them is to position and align the screw, and with the driver, gently turn the screw in the REMOVAL direction until you feel and hear a slight click. This click happens when the leading thread of the screw drops off of the leading edge of the thread in the hole — this is the point at which the threads are properly positioned for engagement. You can now turn the driver and screw in the TIGHTENING direction. This technique will help prevent accidental “cross-threading” of the screw, which will damage the threads permanently.

    Note that this is a useful technique when installing ANY threaded fastener.

    doubleclutch - 返信

    Just finished replacing my battery (MacBook Pro 13” early 2015), glad I did, the old ones were noticeably swollen. I was surprised to find the battery at 57% upon completion and charging the new battery. No problems with replacement however, kit arrived without the Pentalobe driver. I got a nice complete kit from Amazon for 20 euro in 2 days. iFixit offered a coupon on any future purchase but right now, I have no plans on needing anything. Nice gesture but would have preferred the driver in the kit in the first place.

    Suggest having a small can of compressed air on hand to clean out the interior, after 4 years, mine was quite dirty. Ear buds and alcohol were the best I could do. And a magnetized driver is mandatory I think.

    D M - 返信

    REQUIRED PARTS (SCREWS) TO DO THIS JOB UNAVAILABLE HERE:

    If your keyboard is riveted to the chassis as mine is, Late 2013 MBP 13” retina, you need about 100 screws to reattach the new keyboard.

    ifixit does not have them. I did just now find them at Beetstech for $4.50 along with a back light $13 for the keyboard in case you want one. It looks like Beetstech is a big competitor of ifixit with an excellent reputation (like ifixit has) too. I just ordered these parts and will not happily be moving forward with my keyboard replacement.

    Timothy Hardman - 返信

    Fun Fact: I got three of the 2,3 mm Pentalopes … ;-)

    Paco Demant - 返信

    My PB had eight (8), 2.3 mm screws and two (2), 3.0 mm screws.

    ellamama - 返信

    Hi peeps,

    I have a wifi problem on this MBP 13” early 2015 and was pleasently surprised to find your guide to changing the airport card.

    However upon closer inspection it seems that on my MBP (purchased new or so I thought) the 3 antennae seem so have been soldered together at the point where they are clamped to the chassis. I have photos but cannot post here. Can anyone conform that where the 3 antennae wires are held to the chssis by the 2 scew metal support (just before disappearing into the screen hinge), the support is not meant to short the 3 wires together. This makes no sense for 3 seperate antennae wires.

    Any advice /close up photos is welcome here.

    dom

    colonel mustard - 返信

    Tip: Use post-it notes to keep track of screws

    1. Pack of post it notes

    2. Stick screws to the sticky part of the post it note

    3. Write on the post it note which step and what kind of screw it is

    ibash - 返信

    Hi, in order to drain the battery I am running:

    yes > /dev/null

    in 4 terminals, so the CPU maxes out at almost 99%.

    I hope this speeds up the battery draining process.

    And the backlight is at maximum brightness :-)

    You can see the cpu load in Activity Monitor.

    Its draining at 20% per 15 minutes.

    Any concerns about draining the battery in this way?

    Andre van der Ham - 返信

    Something I’ve been curious about, is it possible to upgrade a late 2013 Retina model MacBook Pro, with the improved 16gb ram and i7 processor logic board from the 2015 retina model? I’d be interested to try but not ready to shell out the $500+ to be the first lol

    Chat Dawgie - 返信

  1. 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。
    • 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。

    • ゆっくりと底ケースを上部ケースから離していきます。

    This takes a bit more effort than you might expect. Put your fingers where shown and lift about 3inches. With enough upwards pressure the plastic holders will “pop free” and the bottom will come off easily.

    hamiltont - 返信

    Agreed. A decent amount of force is required here.

    Evan Shulman - 返信

    To reattach bottom case I found it helpful to line fingers up with clips under case should snap easily

    Peter Stoll - 返信

    Easy snapped off for me

    Jackie Malling - 返信

  2. 底ケースは上部ケースと2つのプラスチック製クリップで中央付近に接続されています。 再組み立ての際は、丁寧に底ケースの中央を2つのプラスチック製クリップに接続するように押し込んでください。
    • 底ケースは上部ケースと2つのプラスチック製クリップで中央付近に接続されています。

    • 再組み立ての際は、丁寧に底ケースの中央を2つのプラスチック製クリップに接続するように押し込んでください。

    What is the black vinyl-y sticker on the inside of the case (some sort of shield?). I was forced to slightly puncture it in order to replace the feet on my laptop. Thanks in advance.

    Tommy Huang - 返信

    When I got the back off, I found this piece loose, any idea what it is? about 9mm long frosted plastic

    https://imgur.com/a/tYaxGdG

    Fred Anderson - 返信

    This wording I found quite confusing. They just mean when putting the lid back on that you just removed in the previous step, push here.

    Mmm ttt - 返信

    I took my pointer and thumb (which are luckily long enough) to feel where the studs are on the back panel, and then as I put the back panel back on, I pushed in the spot I had marked with my fingers to ensure I was applying pressure only on this part.

    Evan Shulman - 返信

    Can you make a youtube video showing the steps? I am not sure how to proceed with this step. I want to see it done.

    Thanks.

    Carol Garrett - 返信

  3. 必要に応じてバッテリーの接続ボードに留められているプラスチック製カバーを外してください。
    • 必要に応じてバッテリーの接続ボードに留められているプラスチック製カバーを外してください。

    Do you know where I can purchase this plastic cover? Mine is missing and no one will work on my computer without it.

    jodieabc - 返信

    My new battery kit included a replacement for this part, so, no need to save the old one.

    Ralph Begleiter - 返信

    The aux in my mac works 1 out of 10 times , Is this relevant to me in order to solve the proplem ? I cant see aux input on the io board ?

    Wajde Fadool - 返信

  4. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。 コネクターのみ持ち上げるよう確認しながら作業を進めてください。ソケットには接触しないでください。ロジックボードに永久的なダメージを与えてしまうことがあります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

    • コネクターのみ持ち上げるよう確認しながら作業を進めてください。ソケットには接触しないでください。ロジックボードに永久的なダメージを与えてしまうことがあります。

    I have a friends MacBook Pro that has some water damage that caused the MacBook not to be able to use battery power, but still work when plugged into A/C. Upon further inspection I can see visible corrosion on a few of the 9 cables going from the battery connector to that small circuit board. Is it possible to just replace that circuit board?

    jramsey21 - 返信

    I have the some problem. I was thinking to replace the whole battery but I am not it will solve the problem. Any suggestions?

    salvatorebarbera -

    Sometimes it can be enough to just clean the contacts without having to replace the entire board. Dosent work for complicated IC's like plcc type, where corrosion is underneath the chip. Here you will have to reheat and reapply the IC.

    andrehedegaard -

    Hi,have you find the solution for your battery? I also have same problem, run with plugs but it battery not supporting… as soon the plug of it goes off

    Jewel Rahman -

    Have either of you replaced the battery and/or circuit board to fix the MacBooks with the water damage ? I have the same problem with the MacBook working fine when connected to power but dying immediately when the power cord is removed.

    Steve - 返信

    Hi, Steve. I had the same problem: Macbook Pro 15 retina with coffee damage. And it worked fine when connected to power. I made it working after replacing the whole battery. It seems that circuit connected to the battery becomes disabled to prevent short circuit.

    Vadim Gribanov -

    When placing the battery connector back into the socket on the logic board, check that every part of connector is pressed down. You should hear a soft click when it's back in place.

    Ethan Tarquin - 返信

    Thanks for the comment. My MBP isn’t powering on after I walked through these steps, and I assume it is because the battery connector isn’t fully connected. (I can’t check yet since I borrowed the pentalobe screwdriver)

    Caleb Steinborn -

    +1

    I thought I made sure it was connected but when running the computer it only detected the battery but couldn’t power it. I had to run with power adapter. Also it didn’t charge. I guess some pins were connected but not all. To verify that all were connected I removed the plastic cover, placed it carefully completely flat, and then reattached the plastic cover. After that it worked!

    Jonas Ehrs -

    If I only want to replace the trackpad cable, then which steps should I skip? This step seems unnecessary

    Parth Gudhka - 返信

    This step is not unnecessary because you need to remove the battery before you can replace the trackpad

    Jeffrey Liu -

    Removing the battery connector took a bit of finagling. It wasn’t as easy as one would think. Be very careful when doing this as they warn to not damage it. Otherwise great instructions!!!!

    Peppon - 返信

    I replaced both my L and R speakers on my MBP mid-2014 13” withOUT doing this step.

    Evan Shulman - 返信

    I have verified I have this battery, and I have a mid-2014 macbook retina. And I swear i do not see this battery connector. I didn’t take the cover off, per other comments that said it was an unnecessary risk. What the heck? will I not see the battery cable without taking of that cover?

    martha - 返信

    How can i post a photo of what I am seeing …I don’t see the battery connector! not like in photo above. maybe I have to remove that plastic cover although others recommended not doing that (see above).

    martha - 返信

    ooops nevermind..I see it now! tks . But..there is SO much gunk/dust under there (old, hand me down, used by my teen daughter while eating in bed no doubt!) . Should I attempt to clean? Beyond just blowing on it? Is compressed air safe? Or should I just leave it be? Assuming I don’t break it while replacing this battery I’d like not to break it otherwise! tks

    martha - 返信

  5. 修理作業中、アクシデントによりソケットがバッテリーコネクターに接続しないよう、折り曲げて邪魔にならない位置に移動させてください。
    • 修理作業中、アクシデントによりソケットがバッテリーコネクターに接続しないよう、折り曲げて邪魔にならない位置に移動させてください。

    If you miss or let this step for later like I did, the power left in the battery even though the computer is completely shut down, will screw up the I/O board cable like I did. I noticed this after I put all the pieces back, turn the computer on and surprise, no wifi hardware is detected. -.-

    sebasgaes - 返信

    Not sure I understand: did leaving the battery plugged in permanently broke the I/O board (or anything else)?

    Adrien -

    I put a small piece of blue painters tape on the battery connector contacts to prevent it from accidentally making a connection and shorting. This helped keep things a bit more protected.

    LaymanLab - 返信

    That’s a great idea!

    David Lilliebridge - 返信

    I used a small piece of paper to prevent the connector from connecting, no need to wrestle with even low-stick adhesive.

    dbrick - 返信

    I replaced both my L and R speakers on my MBP mid-2014 13” withOUT doing this step.

    Evan Shulman - 返信

    I agree that inserting a small paper above between the socket and the connector was useful. I used post-it-note, but kept the adhesive away from the socket.

    Ralph Begleiter - 返信

  6. ヒートシンクの端からゴム製のファンバンパーを丁寧に取り出します。 ファンバンパーはヒートシンクの周辺に巻かれており、ファンダクトの溝に留められています。再組み立ての際は、タブがファンダクトの溝にきちんと装着されているか確認してください。 ファンバンパーはヒートシンクの周辺に巻かれており、ファンダクトの溝に留められています。再組み立ての際は、タブがファンダクトの溝にきちんと装着されているか確認してください。
    • ヒートシンクの端からゴム製のファンバンパーを丁寧に取り出します。

    • ファンバンパーはヒートシンクの周辺に巻かれており、ファンダクトの溝に留められています。再組み立ての際は、タブがファンダクトの溝にきちんと装着されているか確認してください。

    have lost the rubber fann bumper, what part do you have to buy to get this rubber? thank you

    Walid Shraim - 返信

    I changed out the noisy fan around 4-5 months ago. And lately it was back and I was super irritated about the poor quality of the replacement fan. Opening up the case and blowing on the ventilator some compressed air there was no noise whatsoever. I have this feeling that my “noisi fan” was actually the loose end of this rubber cover/bumper which could vibrate in the air flow channel. So verify that you insert rubber cover clips back to its slots on under the edge of the sink.

    Albert Stein - 返信

    Use a flashlight and magnifying glass to see how the bottom of the bumper that wraps around the heatsink sits into the fan duct before you remove it. If it is not seated properly it can make noise. You’re welcome.

    Ron LaPedis - 返信

  7. スパッジャーの平面側先端を使って、4つのフォーム製ステッカーをヒートシンクのネジから剥がします。 スパッジャーの平面側先端を使って、4つのフォーム製ステッカーをヒートシンクのネジから剥がします。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、4つのフォーム製ステッカーをヒートシンクのネジから剥がします。

    Ok, might be a dumb question, but where can I get the foam stickers, and are they absolutely necessary after reassembling the heat sink?

    akdarstudios - 返信

    I re-used the ones that I pulled off, and my guess is that they aren’t really necessary since they seem to just fit between the Torx screws and the bottom cover. I really doubt they are part of the heat removal system but are there to prevent vibration.

    Ron LaPedis - 返信

  8. ロジックボードに留められたヒートシンクから次のネジを外します。
    • ロジックボードに留められたヒートシンクから次のネジを外します。

    • 2.7 mm T5ネジ(シルバー)ー1本

    • T5ネジ(黒)ー4本

    Please be very very careful when reassembling. The four black screws seem to be poor quality and the top snapped off two of them when trying to tighten them. Does anyone know the size of these or compatibility from other models as finding a replacement for them is proving to be almost impossible without shipping them in for a ridiculous price…

    Sophia Grace - 返信

    The single screw on the left hand side on the image above, what type of screw is it? The one on my Macbook is a phillips head one. And for some reason, I couldn’t put it back. Any advise?

    Mahmood Chowdhury - 返信

    These should all be T5 Torx screws. There could be variations in the construction of the laptop compared to this guide, but I’d check out our ID Your MacBook tool to be sure you’re following the correct guide! If you are following the correct guide, be sure all the elements under the screw are properly seated, if they’re not well aligned the screw may not get a good anchor. Best of luck!

    Sam Goldheart -

    I can confirm that on my 2015 13” Macbook Pro, the single screw on the left hand side is a #000 phillips screw.

    Stephen Martin - 返信

    Mine is also a philips head

    Justin Parry - 返信

    They are Torx T5 on my MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)

    Ron LaPedis - 返信

  9. ラップトップからヒートシンクを取り出します。 コンピューターを再組み立てする際は、放熱グリスを付着する必要があるため、この手順に従ってください。
    • ラップトップからヒートシンクを取り出します。

    • コンピューターを再組み立てする際は、放熱グリスを付着する必要があるため、この手順に従ってください。

  10. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、iSightカメラケーブルコネクターを外側へ押し出します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、iSightカメラケーブルコネクターを外側へ押し出します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、iSightカメラケーブルコネクターを外側へ押し出します。

    I found this to be the most difficult step. There is a need to get positioned so that you have the leverage to push hard enough at exactly the point shown in the photo without risking slipping and perhaps damaging the CPU nearby

    Tony M - 返信

    Very helpful tip from Tony.

    Thomas Sturgill - 返信

    I used two tools simultaneously. A spudger and a pic like spudger to walk it out.

    lucas - 返信

    Man muss den Stecker aus der Steckverbindung herausschieben, und nicht darauf drücken . In der englischsprachigen Anleitung steht auch push und nicht etwa press…

    Holger - 返信

    There are 2 black tabs either side - force them towards the back of the back of computer. It seemed to pop out super easily just doing it gently.

    Josh - 返信

    This step is very difficult. With care it could be omitted. After detach the cable from the glue on the back cover of fan, there is enough clearance to take the fan assembly out with a little pivoting, just be careful and don’t put too much stress on the table where it make a 90 downward turn to the connector. Reinstalling is just reverse and doable as well.

    Xiaokun Xu - 返信

  11. iSightカメラのケーブルを内蔵ファンから取り出して、作業の邪魔にならないように折り曲げます。 iSightカメラのケーブルを内蔵ファンから取り出して、作業の邪魔にならないように折り曲げます。
    • iSightカメラのケーブルを内蔵ファンから取り出して、作業の邪魔にならないように折り曲げます。

  12. スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上のタブを上向きに折り曲げます。 ファンケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて外します。 ファンケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上のタブを上向きに折り曲げます。

    • ファンケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて外します。

    my cable was glued, had to be pryed up first.

    maccentric - 返信

    I found it a bit difficult to know exactly when the new one is back in position.

    steffen - 返信

  13. 上部ケースに留められたファンから次のネジを外します。
    • 上部ケースに留められたファンから次のネジを外します。

    • 5.0 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.6 mm T5トルクスネジー2本

    When reinstalling, do the screw closest to the front of the computer first.

    Steve Wechsler - 返信

  14. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  15. ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。 ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。 ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。
    • ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。

    Um, this guide should include steps for applying thermal paste, including instructions to clean the mating surfaces, and pictures showing how much thermal paste to use.

    TheIronGiant - 返信

    Hi @theirongiant, there are generic thermal paste application instructions linked in the introduction “Don't forget to follow our thermal paste application guide before you reinstall your heat sink.”

    Sam Goldheart -

    Make sure to put the end furthest away from the hinge under the ribbon cable first.

    Then place the hinge side. The screw furthest away from the hinge is partially obscured by the ribbon cable.

    If not placed correctly, ribbon cable damage may result.

    toodarkpark - 返信

  16. ロジックボードに留められた出入力ボードケーブルブラケットから2.1 mm のT5トルクスネジを2本外します。 出入力ボードケーブルブラケットを取り出します。
    • ロジックボードに留められた出入力ボードケーブルブラケットから2.1 mm のT5トルクスネジを2本外します。

    • 出入力ボードケーブルブラケットを取り出します。

  17. スパッジャーの平面側先端を使って出入力ボードのコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。 出入力ボードケーブルにのみ接触してください。ロジックボードにダメージを与えてしまうリスクがあるため、ソケットには当たらないようにしてください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って出入力ボードのコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

    • 出入力ボードケーブルにのみ接触してください。ロジックボードにダメージを与えてしまうリスクがあるため、ソケットには当たらないようにしてください。

  18. 出入力ボードケーブルのロジックボード先端をまっすぐ持ち上げて、作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。 ケーブルにダメージが入らないようにするには、ケーブルの出入力ボード先端のベンドのみ折り曲げてください。
    • 出入力ボードケーブルのロジックボード先端をまっすぐ持ち上げて、作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。

    • ケーブルにダメージが入らないようにするには、ケーブルの出入力ボード先端のベンドのみ折り曲げてください。

  19. スパッジャーの先端を使って、右側のスピーカーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。 スパッジャーの先端を使って、右側のスピーカーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、右側のスピーカーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

  20. スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターのどちらか一方の先端を押して、ロジックボードのソケットから外します。 スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターのどちらか一方の先端を押して、ロジックボードのソケットから外します。
    • スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターのどちらか一方の先端を押して、ロジックボードのソケットから外します。

  21. スパッジャーの先端を使ってキーボードバックライトケーブルの接続を外して、ロジックボードから作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。 スパッジャーの先端を使ってキーボードバックライトケーブルの接続を外して、ロジックボードから作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。 スパッジャーの先端を使ってキーボードバックライトケーブルの接続を外して、ロジックボードから作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。
    • スパッジャーの先端を使ってキーボードバックライトケーブルの接続を外して、ロジックボードから作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。

  22. 黒色のプラスチック製のタブを掴んで、ディスプレイケーブルコネクターを裏返し、ロジックボード上のソケットからまっすぐ引っ張ります。 黒色のプラスチック製のタブを掴んで、ディスプレイケーブルコネクターを裏返し、ロジックボード上のソケットからまっすぐ引っ張ります。 黒色のプラスチック製のタブを掴んで、ディスプレイケーブルコネクターを裏返し、ロジックボード上のソケットからまっすぐ引っ張ります。
    • 黒色のプラスチック製のタブを掴んで、ディスプレイケーブルコネクターを裏返し、ロジックボード上のソケットからまっすぐ引っ張ります。

    In my 2015 retina MacBook Pro 13”: I saw as shown the piece of black plastic tape. One peels this off as shown, using the same tweezers shown, or something else. The tweezers shown work well to lift the stainless steel clip, again as shown. But I add here that the points of the ribbon cable to grab and pull horizontally back are not optimal, as shown. You do not have to grab the ribbon. There are two points where the wire clip attaches to the connector that work well as places to grab with the tweezers shown. Hope this is clear

    Thomas Sturgill - 返信

  23. ロジックボード上のソケットから丁寧にDC-In(デジタル入力)ボードのコネクターをまっすぐ引っ張ります。 ロジックボード上のソケットから丁寧にDC-In(デジタル入力)ボードのコネクターをまっすぐ引っ張ります。
    • ロジックボード上のソケットから丁寧にDC-In(デジタル入力)ボードのコネクターをまっすぐ引っ張ります。

  24. スパッジャーの平面側の先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて邪魔にならない位置に折り曲げます。 スパッジャーの平面側の先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて邪魔にならない位置に折り曲げます。 スパッジャーの平面側の先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて邪魔にならない位置に折り曲げます。
    • スパッジャーの平面側の先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて邪魔にならない位置に折り曲げます。

  25. 必要であれば、マイクケーブルのZIFコネクターを覆っているテープを剥がします。 必要であれば、マイクケーブルのZIFコネクターを覆っているテープを剥がします。
    • 必要であれば、マイクケーブルのZIFコネクターを覆っているテープを剥がします。

  26. スパッジャーの先端を使って、マイクケーブル上のZIFコネクターの固定タブを裏返します。 ロジックボード上のソケットからマイクケーブルを引き出します。 ロジックボード上のソケットからマイクケーブルを引き出します。
    • スパッジャーの先端を使って、マイクケーブル上のZIFコネクターの固定タブを裏返します。

    • ロジックボード上のソケットからマイクケーブルを引き出します。

    This tiny connector was difficult for me, and I hope I have not damaged it. Same design as some connectors already removed. A tiny, plastic front latch is lifted up, causing release. You grab the ribbon cable and pull it back horizontally, and to my surprise, this is end is just one tiny flat metal end, no multiple wire connectors that mate on the male end of the ribbon cable.

    Thomas Sturgill - 返信

  27. 必要であれば、キーボードケーブルコネクターを覆っているテープを剥がしてください。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブを裏返します。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブを裏返します。
    • 必要であれば、キーボードケーブルコネクターを覆っているテープを剥がしてください。

    • スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブを裏返します。

    Also very difficult, because there is so little room to wriggle the ribbon cable, horizontally and backward. The photos do not offer a solution. The points I used are white (at least not black) points on the both, outer edges, and I was able to push there with the tip of the spudger.

    Thomas Sturgill - 返信

  28. ロジックボード上のZIFソケットからキーボードケーブルをまっすぐ持ち上げます。 ロジックボード上のZIFソケットからキーボードケーブルをまっすぐ持ち上げます。
    • ロジックボード上のZIFソケットからキーボードケーブルをまっすぐ持ち上げます。

  29. スパッジャーの平面側先端を使って、トラックパッドコネクタをソケットからまっすぐ上に持ち上げます。 ロジックボード上で作業しやすいように、ケーブルをバッテリーセル側まで折り曲げます。 ロジックボード上で作業しやすいように、ケーブルをバッテリーセル側まで折り曲げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、トラックパッドコネクタをソケットからまっすぐ上に持ち上げます。

    • ロジックボード上で作業しやすいように、ケーブルをバッテリーセル側まで折り曲げます。

  30. 上部ケースにロジックボードを固定している3.5 mm T5トルクスネジを5本外します。
    • 上部ケースにロジックボードを固定している3.5 mm T5トルクスネジを5本外します。

    Il y en a une plus longue que les autres.

    Easy Repair - 返信

  31. ロジックボードのプロセッサー側先端をわずかに持ち上げて、ファン側に向けて引っ張り、上部ケースの端からポートを解放します。 ロジックボードを外します。 ロジックボードを外します。
    • ロジックボードのプロセッサー側先端をわずかに持ち上げて、ファン側に向けて引っ張り、上部ケースの端からポートを解放します。

    • ロジックボードを外します。

    It won't come off; help!

    Zelma Garza - 返信

    It seems to be stuck on the thunderbolt ports for me won’t come out

    Brendan O'Rourk - 返信

  32. 左側スピーカーを上部ケースに固定している次のネジを外します。
    • 左側スピーカーを上部ケースに固定している次のネジを外します。

    • 5.7mm T5トルクスネジ 1本

    • 6.5mm T5トルクスネジ 1本

    • 3.8mm T5トルクスネジ 1本

  33. 左側スピーカーのコーナーを持ち上げて、バッテリー側にスライドして、上部ケースから取り出します。 スピーカーケーブルをケースのサイドにあるネジ穴ポストに引っかけないようにご注意ください。 スピーカーケーブルをケースのサイドにあるネジ穴ポストに引っかけないようにご注意ください。
    • 左側スピーカーのコーナーを持ち上げて、バッテリー側にスライドして、上部ケースから取り出します。

    • スピーカーケーブルをケースのサイドにあるネジ穴ポストに引っかけないようにご注意ください。

  34. バッテリー接続ボードのケース端に留められた3.7mm T5トルクスネジを1本外します。
    • バッテリー接続ボードのケース端に留められた3.7mm T5トルクスネジを1本外します。

  35. スパッジャーの先端を、ゴム製マイクロフォンケーブルのバッテリー側部分の下に差し込んで、その下に留められた接着剤を剥がします。 スパッジャーの先端を、ゴム製マイクロフォンケーブルのバッテリー側部分の下に差し込んで、その下に留められた接着剤を剥がします。
    • スパッジャーの先端を、ゴム製マイクロフォンケーブルのバッテリー側部分の下に差し込んで、その下に留められた接着剤を剥がします。

  36. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタのボードをわずかに持ち上げて、デュアルマイクロフォンアセンブリを取り出せるだけのスペースを作ります。 スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタのボードをわずかに持ち上げて、デュアルマイクロフォンアセンブリを取り出せるだけのスペースを作ります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタのボードをわずかに持ち上げて、デュアルマイクロフォンアセンブリを取り出せるだけのスペースを作ります。

  37. ピンセットを使って、ゴム製マイクロフォンカバーを取り出します。 ケースやバッテリーコンタクトボード上のネジポスト上のカバーを引っかけないようにご注意ください。 ケースやバッテリーコンタクトボード上のネジポスト上のカバーを引っかけないようにご注意ください。
    • ピンセットを使って、ゴム製マイクロフォンカバーを取り出します。

    • ケースやバッテリーコンタクトボード上のネジポスト上のカバーを引っかけないようにご注意ください

  38. スパッジャーの先端をマイクロフォンリボンケーブルのコネクタエンドの下に差し込み、ネジポスト側に向けてスライドします。それから上部ケースからケーブルの半分を解放します。 マイクロフォンの接着剤がとても頑丈でこじ開けにくい場合、iOpenerを使って接着剤を温めてください。接着剤が温まると、柔らかくなり、ケーブルを切断するリスクを軽減できます。 マイクロフォンの接着剤がとても頑丈でこじ開けにくい場合、iOpenerを使って接着剤を温めてください。接着剤が温まると、柔らかくなり、ケーブルを切断するリスクを軽減できます。
    • スパッジャーの先端をマイクロフォンリボンケーブルのコネクタエンドの下に差し込み、ネジポスト側に向けてスライドします。それから上部ケースからケーブルの半分を解放します。

    • マイクロフォンの接着剤がとても頑丈でこじ開けにくい場合、iOpenerを使って接着剤を温めてください。接着剤が温まると、柔らかくなり、ケーブルを切断するリスクを軽減できます。

  39. スパッジャーの先端をマイクロフォンのリボンケーブルのバッテリー側下に差し込んで、ネジポスト側に向けてスライドし、上部ケースから解放します。 スパッジャーの先端をマイクロフォンのリボンケーブルのバッテリー側下に差し込んで、ネジポスト側に向けてスライドし、上部ケースから解放します。 スパッジャーの先端をマイクロフォンのリボンケーブルのバッテリー側下に差し込んで、ネジポスト側に向けてスライドし、上部ケースから解放します。
    • スパッジャーの先端をマイクロフォンのリボンケーブルのバッテリー側下に差し込んで、ネジポスト側に向けてスライドし、上部ケースから解放します。

  40. デュアルマイクロフォンケーブルアセンブリをロジックボードの凹み側に引き上げて、上部ケースから取り出します。 ケースやバッテリーコンタクトボードにあるネジポスト上のケーブルを引っかけないようにご注意ください。
    • デュアルマイクロフォンケーブルアセンブリをロジックボードの凹み側に引き上げて、上部ケースから取り出します。

    • ケースやバッテリーコンタクトボードにあるネジポスト上のケーブルを引っかけないようにご注意ください

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

6 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

449,015 ポイント

411のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

124 メンバー

11,617のガイドは作成済み

3 件のコメント

Simply DISABLING the microphones can be done in 3 steps: #1, #2, #25, #26. No need to yank the logic board/fan and all that.

Evan Ralston - 返信

Many thanks for preparing / making this brilliant guide available. The mic in my Macbookpro failed for some reason and, using this guide I replaced it with a refurbished spare and saved myself $$. Every single step has been captured with specific additional detail / imagery where needed. It’s scary working with the tiny connectors but this guide gives you confidence it can be done / you can do it.

Nick Cassidy - 返信

Nick Cassidy,

Where did you find a replacement? I have looked EVERYWHERE and can not find one.

Thanks!

Frank Vinyard -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 5

過去 7 日: 36

過去 30 日: 251

今までの合計 7,676