Skip to main content

ガイド紹介

機能しないロジックボードを交換するにはこのガイドをご利用ください。

ヒートシンクを再装着する前に、 放熱グリスの装着手順を参照の上、作業を忘れないようにしてください。

  1. 上部ケースと底ケースを留めている次の10本のネジを外します。
    • 上部ケースと底ケースを留めている次の10本のネジを外します。

    • 2.3 mmペンタローブネジ−2本

    • 3.0 mmペンタローブネジー8本

  2. 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。
    • 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。

    • ゆっくりと底ケースを上部ケースから離していきます。

  3. 底ケースは上部ケースと2つのプラスチック製クリップで中央付近に接続されています。 再組み立ての際は、丁寧に底ケースの中央を2つのプラスチック製クリップに接続するように押し込んでください。
    • 底ケースは上部ケースと2つのプラスチック製クリップで中央付近に接続されています。

    • 再組み立ての際は、丁寧に底ケースの中央を2つのプラスチック製クリップに接続するように押し込んでください。

  4. 必要に応じてバッテリーの接続ボードに留められているプラスチック製カバーを外してください。
    • 必要に応じてバッテリーの接続ボードに留められているプラスチック製カバーを外してください。

  5. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。 コネクターのみ持ち上げるよう確認しながら作業を進めてください。ソケットには接触しないでください。ロジックボードに永久的なダメージを与えてしまうことがあります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

    • コネクターのみ持ち上げるよう確認しながら作業を進めてください。ソケットには接触しないでください。ロジックボードに永久的なダメージを与えてしまうことがあります。

  6. 修理作業中、アクシデントによりソケットがバッテリーコネクターに接続しないよう、折り曲げて邪魔にならない位置に移動させてください。
    • 修理作業中、アクシデントによりソケットがバッテリーコネクターに接続しないよう、折り曲げて邪魔にならない位置に移動させてください。

  7. ヒートシンクの端からゴム製のファン用バンパーを丁寧に取り出します。 ファン用バンパーはヒートシンクの周りに巻かれており、ファンダクトの溝に装着されています。再組み立ての際は、ファンダクトの切り込みにタブが正確に装着されているか確認してください。 ファン用バンパーはヒートシンクの周りに巻かれており、ファンダクトの溝に装着されています。再組み立ての際は、ファンダクトの切り込みにタブが正確に装着されているか確認してください。
    • ヒートシンクの端からゴム製のファン用バンパーを丁寧に取り出します。

    • ファン用バンパーはヒートシンクの周りに巻かれており、ファンダクトの溝に装着されています。再組み立ての際は、ファンダクトの切り込みにタブが正確に装着されているか確認してください。

  8. スパッジャーの平面側先端を使って、ヒートシンクネジから4つのフォーム製のステッカーを剥がします。 スパッジャーの平面側先端を使って、ヒートシンクネジから4つのフォーム製のステッカーを剥がします。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ヒートシンクネジから4つのフォーム製のステッカーを剥がします。

  9. ロジックボードに留められたヒートシンクから次の4つのネジを取り出します。
    • ロジックボードに留められたヒートシンクから次の4つのネジを取り出します。

    • 2.6 mm T5トルクスネジー4本

    • 2.4 mm #000 プラスネジー1本

  10. ラップトップからヒートシンクを取り出します。 コンピューターを再組み立てする際は、放熱グリスの装着手順に従って、放熱グリスを付けてください。
    • ラップトップからヒートシンクを取り出します。

    • コンピューターを再組み立てする際は、放熱グリスの装着手順に従って、放熱グリスを付けてください。

  11. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、iSightカメラケーブルコネクターを外側へ押し出します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、iSightカメラケーブルコネクターを外側へ押し出します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、iSightカメラケーブルコネクターを外側へ押し出します。

  12. iSightカメラのケーブルを内蔵ファンから取り出して、作業の邪魔にならないように折り曲げます。 iSightカメラのケーブルを内蔵ファンから取り出して、作業の邪魔にならないように折り曲げます。
    • iSightカメラのケーブルを内蔵ファンから取り出して、作業の邪魔にならないように折り曲げます。

  13. Android 修理キット

    交換用スクリーンやバッテリーの修理キット

    ショップを見る

    Android 修理キット

    交換用スクリーンやバッテリーの修理キット

    ショップを見る
  14. スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上のタブを上向きに折り曲げます。 ファンケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて外します。 ファンケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上のタブを上向きに折り曲げます。

    • ファンケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて外します。

  15. 上部ケースに留められたファンから次のネジを外します。
    • 上部ケースに留められたファンから次のネジを外します。

    • 5.0 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.6 mm T5トルクスネジー2本

  16. ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。 ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。 ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。
    • ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。

  17. ロジックボードに留められた出入力ボードから2.1 mm T5トルクスネジを2本外します。 出入力ボードのケーブルブラケットを取り出します。
    • ロジックボードに留められた出入力ボードから2.1 mm T5トルクスネジを2本外します。

    • 出入力ボードのケーブルブラケットを取り出します。

  18. スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。 出入力ボードケーブルのみをこじ開けるようにご注意ください。ソケット自体には接触しないでください。ロジックボードにダメージを与えてしまう可能性があります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。

    • 出入力ボードケーブルのみをこじ開けるようにご注意ください。ソケット自体には接触しないでください。ロジックボードにダメージを与えてしまう可能性があります。

  19. 出入力ボードケーブルのロジックボード先端を持ち上げて、作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。 ケーブルにダメージが入らないように、ケーブルの出入力ボード先端のベンドのみ折り曲げてください。
    • 出入力ボードケーブルのロジックボード先端を持ち上げて、作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。

    • ケーブルにダメージが入らないように、ケーブルの出入力ボード先端のベンドのみ折り曲げてください。

  20. スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。 スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。

  21. スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターの一方を押し出し、ロジックボードのソケットから接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターの一方を押し出し、ロジックボードのソケットから接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターの一方を押し出し、ロジックボードのソケットから接続を外します。

  22. スパッジャーの平面側の先端を使って、キーボードのバックライトケーブルの接続を外し、ロジックボードの邪魔にならない位置に折り曲げます。 スパッジャーの平面側の先端を使って、キーボードのバックライトケーブルの接続を外し、ロジックボードの邪魔にならない位置に折り曲げます。 スパッジャーの平面側の先端を使って、キーボードのバックライトケーブルの接続を外し、ロジックボードの邪魔にならない位置に折り曲げます。
    • スパッジャーの平面側の先端を使って、キーボードのバックライトケーブルの接続を外し、ロジックボードの邪魔にならない位置に折り曲げます。

  23. 黒色のプラスチック製タブをつかんで、ディスプレイケーブルコネクターをひっくり返して開き、ロジックボード上のソケットをまっすぐ引き離します。 黒色のプラスチック製タブをつかんで、ディスプレイケーブルコネクターをひっくり返して開き、ロジックボード上のソケットをまっすぐ引き離します。 黒色のプラスチック製タブをつかんで、ディスプレイケーブルコネクターをひっくり返して開き、ロジックボード上のソケットをまっすぐ引き離します。
    • 黒色のプラスチック製タブをつかんで、ディスプレイケーブルコネクターをひっくり返して開き、ロジックボード上のソケットをまっすぐ引き離します。

  24. ロジックボード上のソケットからDC INボードコネクターを引っ張って外します。 ロジックボード上のソケットからDC INボードコネクターを引っ張って外します。
    • ロジックボード上のソケットからDC INボードコネクターを引っ張って外します。

  25. スパッジャーの平面側先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて作業の邪魔にならないように折り曲げます。 スパッジャーの平面側先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて作業の邪魔にならないように折り曲げます。 スパッジャーの平面側先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて作業の邪魔にならないように折り曲げます。
    • スパッジャーの平面側先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて作業の邪魔にならないように折り曲げます。

  26. 必要に応じて、マイクケーブルのZIF コネクターを覆っているテープを全て剥がします。 必要に応じて、マイクケーブルのZIF コネクターを覆っているテープを全て剥がします。
    • 必要に応じて、マイクケーブルのZIF コネクターを覆っているテープを全て剥がします。

  27. スパッジャーの先端を使って、マイクケーブルのZIF コネクター上の固定タブをひっくり返します。 マイクケーブルをロジックボード上のソケットから引っ張り取り出します。 マイクケーブルをロジックボード上のソケットから引っ張り取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、マイクケーブルのZIF コネクター上の固定タブをひっくり返します。

    • マイクケーブルをロジックボード上のソケットから引っ張り取り出します。

  28. 必要に応じて、キーボードケーブルコネクターを覆っているテープを全て剥いでください。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返してください。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返してください。
    • 必要に応じて、キーボードケーブルコネクターを覆っているテープを全て剥いでください。

    • スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返してください。

  29. キーボードケーブルをロジックボード上のZIFソケットからまっすぐ引き上げます。 キーボードケーブルをロジックボード上のZIFソケットからまっすぐ引き上げます。
    • キーボードケーブルをロジックボード上のZIFソケットからまっすぐ引き上げます。

  30. 必要に応じて、トラックパッドケーブルコネクターを覆っているテープを全て剥いでください。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返ます。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返ます。
    • 必要に応じて、トラックパッドケーブルコネクターを覆っているテープを全て剥いでください。

    • スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返ます。

  31. ロジックボード上のソケットから、トラックパッドリボンケーブルをまっすぐ引き上げます。 ロジックボード上のソケットから、トラックパッドリボンケーブルをまっすぐ引き上げます。
    • ロジックボード上のソケットから、トラックパッドリボンケーブルをまっすぐ引き上げます。

  32. 上部ケースに留められたロジックボードから3.5 mm T5トルクスネジを5本外します。
    • 上部ケースに留められたロジックボードから3.5 mm T5トルクスネジを5本外します。

    • 再組み立てする際は、ロジックボード上に5本のネジを全て軽く装着してから、均等にネジを締めます。

  33. ロジックボード上のプロセッサーの端をわずかに持ち上げて、上部ケースの端からポートを取り出すためにファンの方向に向けて引っ張ります。 ロジックボードを取り出します。 再組み立ての際はキーボード、キーボードのバックライト、MagSafeとマイクケーブルがロジックボードの下で絡まないようにご注意ください。
    • ロジックボード上のプロセッサーの端をわずかに持ち上げて、上部ケースの端からポートを取り出すためにファンの方向に向けて引っ張ります。

    • ロジックボードを取り出します。

    • 再組み立ての際はキーボード、キーボードのバックライト、MagSafeとマイクケーブルがロジックボードの下で絡まないようにご注意ください。

    • また、ポートのメタル製EMIフィンガーをケースの側面に向かってスライドさせるのを忘れないでください。上に被せないでください。

  34. ロジックボードに留められたSSDから、2.9 mm T5のトルクスネジを1本外します。
    • ロジックボードに留められたSSDから、2.9 mm T5のトルクスネジを1本外します。

  35. SSDの端を少し持ち上げて、ロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。 SSDの端を少し持ち上げて、ロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。 SSDの端を少し持ち上げて、ロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。
    • SSDの端を少し持ち上げて、ロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

54 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Goldheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

387,821 Reputation

545のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

9,409のガイドは作成済み

6 Comments

This guide helped me repair my MacBook Pro with no prior knowledge of working on computers. I purchased a new logic board after mine broke from eBay, from a seller named L2 Computer Inc. and followed this guide using the iFixit pro tech tool kit and their thermal compound application set to reinstall the heat sink, and my computer turned on right away. Everything was so easy using this guide. The pictures are so good at showing how to do the steps, and the tool kit had really nice tools which made the whole process very simple. I am so thankful that you all help people fix their computers. It could not have been easier with this guide. It’s very well-written.

COURTNEY DYE - 返信

Help me fix my MacPro. You are so good, Showing step by step. Make it very simple. Very thankful helping other sharing your skill. Tony, October, 2018

smelltony - 返信

Great guide. Had issues with my Late 2013 MBP and narrowed it down to the logic board. I replaced it with a Mid-2014 MBP logic board as they are interchangeable thanks to this detailed guide. Laptop now fixed and upgraded!

velocity211 - 返信

I can’t say enough about how well done this guide is for replacing a late 2013 MacBook logic board. The step by step with pictures were professional and spot on. I had a 4GB, i5 that had got to the point where I had to keep using a memory app to free up memory every couple minutes. Not being able to upgrade memory I was left with little options other than to buy a new one. After finding this site, I got a new logic board with i7 and 16GB of memory, I was able to turn my crippling MacBook back into a robust laptop I can once again enjoy using hopefully for at least a few more years. Bought the tools on here to complete the replacement and everything went without a hitch.

So a BIG thank you, thank you, thank you.. Keep up the great work on this site.. I know I’ll be back to check in on what’s available and when I have something else that needs to be fixed/upgraded vs buying new. :)

Boston222

Ted - 返信

After replacing the Logic Board, is there any other steps afterwards with programing? After I replaced the board, the flashing question mark comes up. When I go into Disk Utility the HD is not showing up. If anyone has any input I would appreciate the help.

Subhi Saleh - 返信

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 51

Past 7 Days: 277

Past 30 Days: 1,028

All Time: 55,724