Skip to main content

ガイド紹介

トラックパッドを交換するにはこのガイドをご利用ください。

  1. 底ケースと上部ケースを留めている次のネジを10本外します。
    • 底ケースと上部ケースを留めている次のネジを10本外します。

    • 2.3 mm P5ペンタロープネジー2本

    • 3.0 mm P5 ペンタロープネジー8本

  2. 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。
    • 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。

    • 丁寧に底ケースを上部ケースから外していきます。

    • 完全に底ケースを取り出します。

  3. 底ケースは上部ケースに中央部分にある2本のプラスチッククリップで繋がっています。 再組み立ての際は丁寧に2本のプラスチッククリップが再装着するように底ケースの中央に押し込みます。 再組み立ての際は丁寧に2本のプラスチッククリップが再装着するように底ケースの中央に押し込みます。
    • 底ケースは上部ケースに中央部分にある2本のプラスチッククリップで繋がっています。

    • 再組み立ての際は丁寧に2本のプラスチッククリップが再装着するように底ケースの中央に押し込みます。

  4. バッテリーボードに装着されているプラスチックカバーを外します。
    • バッテリーボードに装着されているプラスチックカバーを外します。

  5. ロジックボードにバッテリーボードを取り付けている次のネジを外します。
    • ロジックボードにバッテリーボードを取り付けている次のネジを外します。

    • 2.8 mm T6トルクスネジー2本

    • 7.0 mm T6トルクス肩付きネジー1本

  6. ピンセットを使って、バッテリーコネクターボードの右側底付近にある小さいプラスチックカバーを取り出します。 ピンセットを使って、バッテリーコネクターボードの右側底付近にある小さいプラスチックカバーを取り出します。
    • ピンセットを使って、バッテリーコネクターボードの右側底付近にある小さいプラスチックカバーを取り出します。

  7. バッテリーコネクターをロジックボードアセンブリに留めている広幅の6.4 mm T6トルクスネジを外します。
    • バッテリーコネクターをロジックボードアセンブリに留めている広幅の6.4 mm T6トルクスネジを外します。

  8. 丁寧にロジックボードからバッテリーコネクターボードを引き上げます。 若干バッテリーケーブルを曲げてください。ボードがロジックボード上で引き上げられた状態にして、作業の邪魔にならないようにします。
    • 丁寧にロジックボードからバッテリーコネクターボードを引き上げます。

    • 若干バッテリーケーブルを曲げてください。ボードがロジックボード上で引き上げられた状態にして、作業の邪魔にならないようにします。

    • ボードを完全に折り曲げたり、ケーブルにしわを入れないでください。バッテリーにダメージを与えてしまいます。

  9. ピンセットでインターポーザーを掴みます。 インターポーザーとはLSI間の接続を担う役割を持つインターフェイスの名称です。この修理ではバッテリーとロジックボードを接続しているボードを対象とします。
    • ピンセットでインターポーザーを掴みます。

    • インターポーザーとはLSI間の接続を担う役割を持つインターフェイスの名称です。この修理ではバッテリーとロジックボードを接続しているボードを対象とします。

    • インターポーザーをロジックボードから引き上げて外します。

    • このボードを取り外す際は修理作業中、バッテリーが完全に外されているか確認してください。コンピューターがアクシデントにより再起動しないようにご注意ください。バッテリーを取り出しておく事もおすすめです。

  10. スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードデータケーブルコネクターの右側を出入力ボード上のソケットから引き上げます。 出入力ボードデータケーブルコネクターをソケットから引き上げる際は、コネクターのみに接触し、ソケットには触らないようにご注意ください。ソケットをこじ開けてしまうと出入力ボードに決定的なダメージを与えてしまいます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードデータケーブルコネクターの右側を出入力ボード上のソケットから引き上げます。

    • 出入力ボードデータケーブルコネクターをソケットから引き上げる際は、コネクターのみに接触し、ソケットには触らないようにご注意ください。ソケットをこじ開けてしまうと出入力ボードに決定的なダメージを与えてしまいます。

  11. スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードデータケーブルコネクターの左側底に差し込みます。 丁寧にスパッジャーを曲げて、ロジックボード上のソケットから出入力ボードケーブルコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードデータケーブルコネクターの左側底に差し込みます。

    • 丁寧にスパッジャーを曲げて、ロジックボード上のソケットから出入力ボードケーブルコネクターの接続を外します。

  12. MacBook Proから出入力ボードデータケーブルを引き上げて外します。
    • MacBook Proから出入力ボードデータケーブルを引き上げて外します。

  13. スパッジャーの平面側先端を使って、SSDケーブルコネクターをロジックボードのソケットから引き上げます。 SSDケーブルコネクターを作業の邪魔にならない位置に動かします。 SSDケーブルコネクターを作業の邪魔にならない位置に動かします。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、SSDケーブルコネクターをロジックボードのソケットから引き上げます。

    • SSDケーブルコネクターを作業の邪魔にならない位置に動かします。

  14. スパッジャーの平面側先端をスピーカーケーブルコネクターの右側下に差し込みます。 右側スピーカーケーブルのコネクターをロジックボードのソケットから丁寧に引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端をスピーカーケーブルコネクターの右側下に差し込みます。

    • 右側スピーカーケーブルのコネクターをロジックボードのソケットから丁寧に引き上げます。

    • コネクターのみを引き上げるように注意してください。ソケット自体には接触しないでください。

  15. 上部ケースに留められた右側のスピーカーより次のネジを外します。
    • 上部ケースに留められた右側のスピーカーより次のネジを外します。

    • 6.8 mm T5 トルクスネジー1本

    • 6.3 mm T5 トルクスネジー2本

    • 端に留められたネジにはフォーム製パッドで覆われている場合があります。その場合は、ピンセットを使ってパッドを取り除いてください。

  16. Android 修理キット

    交換用スクリーンやバッテリーの修理キット

    ショップを見る

    Android 修理キット

    交換用スクリーンやバッテリーの修理キット

    ショップを見る
  17. 上部ケースから右側のスピーカーを引き上げて取り出します。 必要に応じて、上部ケース回路から右側のスピーカーケーブルを外します。
    • 上部ケースから右側のスピーカーを引き上げて取り出します。

    • 必要に応じて、上部ケース回路から右側のスピーカーケーブルを外します。

  18. スパッジャーの平面側先端を使って、ヘッドフォンジャックケーブルコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。 丁寧にヘッドフォンジャックケーブルをロジックボードに対して直角に曲げます。 ヘッドフォンジャックケーブルを直角に曲げる事で、ヘッドフォンジャックケーブルが邪魔にならずに左側のスピーカーケーブルコネクターの接続を外すことができます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ヘッドフォンジャックケーブルコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。

    • 丁寧にヘッドフォンジャックケーブルをロジックボードに対して直角に曲げます。

    • ヘッドフォンジャックケーブルを直角に曲げる事で、ヘッドフォンジャックケーブルが邪魔にならずに左側のスピーカーケーブルコネクターの接続を外すことができます。

  19. スパッジャーの先端を左側スピーカーケーブルコネクターに差し込みます。 左側のスピーカーケーブルコネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。
    • スパッジャーの先端を左側スピーカーケーブルコネクターに差し込みます。

    • 左側のスピーカーケーブルコネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。

    • コネクターのみ引き上げるようにご注意ください。ソケット自体には接触しないでください。

  20. 上部ケースに左側スピーカーを留めている次のネジを外します。
    • 上部ケースに左側スピーカーを留めている次のネジを外します。

    • 6.8 mm T5トルクスネジ(右側上)ー1本

    • 6.3 mm T5トルクスネジー2本

    • コーナーのネジはフォーム製パッドでカバーされている場合があります。その場合はピンセットで取り外してください。

  21. 上部ケースから左側スピーカーを持ち上げて取り出します。 上部ケースから左側スピーカーを持ち上げて取り出します。
    • 上部ケースから左側スピーカーを持ち上げて取り出します。

  22. 親指を使ってSSDトレイ上のプラスチック製バネ付きバーを曲げ、デバイスの正面側にある2つのクリップを外します。 バネ付きバーを押さえながら、SSDアセンブリをスペースから外すように前向き押し上げます。 バネ付きバーを押さえながら、SSDアセンブリをスペースから外すように前向き押し上げます。
    • 親指を使ってSSDトレイ上のプラスチック製バネ付きバーを曲げ、デバイスの正面側にある2つのクリップを外します。

    • バネ付きバーを押さえながら、SSDアセンブリをスペースから外すように前向き押し上げます。

  23. 上部ケースからSSD アセンブリを取り出します。
    • 上部ケースからSSD アセンブリを取り出します。

  24. バッテリーの両側から2.2 mmの T5トルクスネジを3本外します。(合計6本) バッテリーの両側から2.2 mmの T5トルクスネジを3本外します。(合計6本)
    • バッテリーの両側から2.2 mmの T5トルクスネジを3本外します。(合計6本)

  25. キットに付いてくる接着剤リムーバーはMacBook Proディスプレイの反射防止コートに影響することがあります。
    • キットに付いてくる接着剤リムーバーはMacBook Proディスプレイの反射防止コートに影響することがあります。

    • ディスプレイを保護するために、作業中はディスプレイとキーボードの間にアルミホイルシートを差し込んでください。

  26. MacBook Proの準備はできました。次に作業をするご自身の準備をしましょう。 iFixitの接着剤リムーバーは皮膚へのダメージが少なく、目への刺激も低いアセトンを含んでいます。
    • MacBook Proの準備はできました。次に作業をするご自身の準備をしましょう。

    • iFixitの接着剤リムーバーは皮膚へのダメージが少なく、目への刺激も低いアセトンを含んでいます。

    • 接着剤リムーバーを使用する際は、必ず保護メガネを着用してください。(保護メガネはキットに同封されています)

    • 保護メガネの着用無しで、コンタクトレンズを装着しないでください。

    • 保護グローブもキットに同封されています。皮膚への刺激を心配される方は、グローブも着用してください。

  27. 接着剤リムーバーの容器から、黒いゴム製のキャップを引き抜きます。 先端をカットする前に、ボトルキャップをひねって外すか、緩めてください。 これによりボトルが開封され、アプリケーター先端をカットする前に、内部の圧力が均等になります。この手順を省略すると、先端をカットした時に、接着剤リムーバーが当然飛び出す可能性がありますのでご注意ください。
    • 接着剤リムーバーの容器から、黒いゴム製のキャップを引き抜きます。

    • 先端をカットする前に、ボトルキャップをひねって外すか、緩めてください。

    • これによりボトルが開封され、アプリケーター先端をカットする前に、内部の圧力が均等になります。この手順を省略すると、先端をカットした時に、接着剤リムーバーが当然飛び出す可能性がありますのでご注意ください。

    • ハサミを使ってアプリケーターの先端をカットします。

    • できるだけ先端近くをカットしてください。接着剤リムーバーを注入する際に、少量でコントロールしやすくなります。

    • 次の手順に移る前に必ず、キャップをしっかりと装着してください。

  28. バッテリーセル左端の下に、接着剤リムーバーを数滴、均等に注入します。
    • バッテリーセル左端の下に、接着剤リムーバーを数滴、均等に注入します。

    • わずかな量で十分です。この小さなボトルには搭載された全バッテリーセルを外すのに必要な量の倍が入っています。

    • 液体状の接着リムーバーがバッテリーセルの下に浸透するまで、約2–3分間待機してください。それから次の手順に移ります。

  29. スパッジャーの平面側先端をバッテリーセルの一番左側の底に差し込みます。 バッテリー周囲の下に沿ってスパッジャーをスライドさせながら、接着剤を剥がします。 バッテリー周囲の下に沿ってスパッジャーをスライドさせながら、接着剤を剥がします。
    • スパッジャーの平面側先端をバッテリーセルの一番左側の底に差し込みます。

    • バッテリー周囲の下に沿ってスパッジャーをスライドさせながら、接着剤を剥がします。

  30. 一番左側のバッテリーセルの左側下からスパッジャーを差し込みます。 スパッジャーを一番左側のバッテリーセルの左側に沿って動かします。 一番左側のバッテリーセルの接着剤を剥がすため、わずか上方に押し上げます。
    • 一番左側のバッテリーセルの左側下からスパッジャーを差し込みます。

    • スパッジャーを一番左側のバッテリーセルの左側に沿って動かします。

    • 一番左側のバッテリーセルの接着剤を剥がすため、わずか上方に押し上げます。

  31. 一番左側のバッテリーセルの上部部分を外すため、スパッジャの平面側先端を持ち上げます。 数滴の接着剤リムーバーをバッテリーセルの下に注入します。 接着剤リムーバーが浸透するまで2−3分間待機して、接着剤を柔らかくします。
    • 一番左側のバッテリーセルの上部部分を外すため、スパッジャの平面側先端を持ち上げます。

    • 数滴の接着剤リムーバーをバッテリーセルの下に注入します。

    • 接着剤リムーバーが浸透するまで2−3分間待機して、接着剤を柔らかくします。

    • バッテリーにダメージを与えないように注意しながら、丁寧にスパッジャーやプラスチックカードを内部に押し込みます。MacBook Proに留められた接着剤を剥がしてバッテリーセルを取り出します。

  32. 一番左側のバッテリーセルの下にスパッジャー平面側先端を奥まで差し込みます。 スパッジャーを内部奥まで差し込む際はバッテリーセルにダメージを与えないように丁寧に作業を行ってください。 バッテリーセルを上部ケースから押し上げます。
    • 一番左側のバッテリーセルの下にスパッジャー平面側先端を奥まで差し込みます。

    • スパッジャーを内部奥まで差し込む際はバッテリーセルにダメージを与えないように丁寧に作業を行ってください。

    • バッテリーセルを上部ケースから押し上げます。

  33. バッテリーセルを掴んで、上部ケースの角から丁寧に動かしますが、完全に外さないでください。 3番目の画像中にあるように、上部ケースの上に取り出した二つのバッテリーセルを置きます。 3番目の画像中にあるように、上部ケースの上に取り出した二つのバッテリーセルを置きます。
    • バッテリーセルを掴んで、上部ケースの角から丁寧に動かしますが、完全に外さないでください。

    • 3番目の画像中にあるように、上部ケースの上に取り出した二つのバッテリーセルを置きます。

  34. 反対側のバッテリーセルに作業を移します。MacBook Pro右側2つのバッテリーセルについても同じ作業を繰り返します。 数滴の液体接着剤リムーバーをバッテリーセルの下に注入してください。それからセルをこじ開ける前に、液体が浸透するまで約2−3分間待ちます。 バッテリーセルに穴を開けたり、ダメージを与えないようにご注意ください。
    • 反対側のバッテリーセルに作業を移します。MacBook Pro右側2つのバッテリーセルについても同じ作業を繰り返します。

    • 数滴の液体接着剤リムーバーをバッテリーセルの下に注入してください。それからセルをこじ開ける前に、液体が浸透するまで約2−3分間待ちます。

    • バッテリーセルに穴を開けたり、ダメージを与えないようにご注意ください。

  35. バッテリーを上部ケースから完全に取り出します。 新しいバッテリーを装着する前に、MacBook Proのケースから残った接着剤を綺麗に取り出します。 運が良ければ、ゆっくりと指で各接着ストリップを剥がせます。
    • バッテリーを上部ケースから完全に取り出します。

    • 新しいバッテリーを装着する前に、MacBook Proのケースから残った接着剤を綺麗に取り出します。

    • 運が良ければ、ゆっくりと指で各接着ストリップを剥がせます。

    • そうでない場合は、各バッテリーセルの下に接着剤リムーバーを少量ずつ付けます。2−3分間待った後、開口ピックやお持ちのツールで接着剤をこすり落とします。この作業には少し忍耐が必要です。

    • 残りのバッテリーセルについても接着剤リムーバーを付けて同じ作業を繰り返します。それからMacBook Proを数分間、空気乾燥させます。

    • 交換用バッテリーはiFixitキットに接着剤と一緒に同封されています。接着剤のフォルムを剥がす前に、バッテリーの配置やフィット感を確認してください。もし余分なフォルムやライナーがある場合は、この交換用バッテリーキットはお持ちのバッテリーと合致しませんので取り出してください。

    • この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのカリブレーションを行なってください。100%になるまで充電します。充電後も最低2時間はプラグを繋げたままにします。それからプラグを外して、通常通り使用しながら、自然に放電させます。バッテリー残量小のサインが表示されたら、これまでの作業を保存して、スリープ状態になるまで放置してください。スリープ状態に入ったら、少なくとも5時間置きます。それから一気に100%まで充電します。

    • 新しいバッテリーの装着後、何か様子が通常と異なる場合はMacBook ProのSMCをリセットする必要があります。

  36. スパッジャーの平面側先端を使って、トラックパッド用リボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを裏返します。 ヒンジ(蝶番)になった固定フラップ上のみこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、トラックパッド用リボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを裏返します。

    • ヒンジ(蝶番)になった固定フラップ上のみこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください

  37. プラスチックのプルタブを摘んで、ソケットからトラックパッド用のリボンケーブルを引っ張ります。 プラスチックのプルタブを摘んで、ソケットからトラックパッド用のリボンケーブルを引っ張ります。
    • プラスチックのプルタブを摘んで、ソケットからトラックパッド用のリボンケーブルを引っ張ります。

  38. トラックパッド用リボンケーブルと上部ケースの間にスパッジャーの先端を差し込みます。 上部ケースとトラックパッド用リボンケーブルを固定するために付けられた接着剤からケーブルを解放するため、スパッジャーをケーブルの下に沿って剥がしながら動かします。
    • トラックパッド用リボンケーブルと上部ケースの間にスパッジャーの先端を差し込みます。

    • 上部ケースとトラックパッド用リボンケーブルを固定するために付けられた接着剤からケーブルを解放するため、スパッジャーをケーブルの下に沿って剥がしながら動かします。

  39. 最後に残った接着剤を剥がすため、トラックパッド用リボンケーブルとSSDアセンブリ内側の上部ケースの間にスパッジャーの先端を差し込みます。 最後に残った接着剤を剥がすため、トラックパッド用リボンケーブルとSSDアセンブリ内側の上部ケースの間にスパッジャーの先端を差し込みます。
    • 最後に残った接着剤を剥がすため、トラックパッド用リボンケーブルとSSDアセンブリ内側の上部ケースの間にスパッジャーの先端を差し込みます。

  40. スパッジャーの先端を使って、SSDアセンブリキャビティ上部付近のノッチからトラックパッド用リボンケーブルを丁寧に取り外します。 スパッジャーの先端を使って、SSDアセンブリキャビティ上部付近のノッチからトラックパッド用リボンケーブルを丁寧に取り外します。 スパッジャーの先端を使って、SSDアセンブリキャビティ上部付近のノッチからトラックパッド用リボンケーブルを丁寧に取り外します。
    • スパッジャーの先端を使って、SSDアセンブリキャビティ上部付近のノッチからトラックパッド用リボンケーブルを丁寧に取り外します。

  41. トラックパッド用ブラケットをトラックパッドと上部ケースに固定している次のネジを外します。
    • トラックパッド用ブラケットをトラックパッドと上部ケースに固定している次のネジを外します。

    • 1.9 mm #000 プラスネジー4本

    • 1.4 mm #000 プラスネジー4本

  42. ピンセットを使って、2つのトラックパッド取り付けブラケットを上部ケースから外します。 ピンセットを使って、2つのトラックパッド取り付けブラケットを上部ケースから外します。 ピンセットを使って、2つのトラックパッド取り付けブラケットを上部ケースから外します。
    • ピンセットを使って、2つのトラックパッド取り付けブラケットを上部ケースから外します。

  43. ディスプレイに傷が付かないように、デバイスを約90度に開き、画像のようにセットしてください。 トラックパッドのリボンケーブルを上部ケースのスロットを通して外します。 これにより、上部ケース上側の凹部分からトラックパッドが押し上がります。 片手でトラックパッドを外して、落下しないようにしてください。
    • ディスプレイに傷が付かないように、デバイスを約90度に開き、画像のようにセットしてください。

    • トラックパッドのリボンケーブルを上部ケースのスロットを通して外します。 これにより、上部ケース上側の凹部分からトラックパッドが押し上がります。 片手でトラックパッドを外して、落下しないようにしてください。

  44. 上部ケースからトラックパッドを丁寧に引っ張ります。リボンケーブルに引っかけないようご注意ください。 上部ケースからトラックパッドを丁寧に引っ張ります。リボンケーブルに引っかけないようご注意ください。 上部ケースからトラックパッドを丁寧に引っ張ります。リボンケーブルに引っかけないようご注意ください。
    • 上部ケースからトラックパッドを丁寧に引っ張ります。リボンケーブルに引っかけないようご注意ください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

19 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

92%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Goldheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

387,935 Reputation

545のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

9,412のガイドは作成済み

8 Comments

No need at all to do all of this. Unless your ribbon cable is dead. Otherwise just pull up the SSD and that's it. Took 1mn30 to do..

Philippe - 返信

Prerequisites: Only need to remove battery, both speakers partially and the long central battery piece, others aren't in the way.

sinwillett - 返信

Did not need to remove upper four 1.9 mm Phillips #000 screws in last step to pop out the trackpad on late 2012 model.

Sunny Wood, Macs 'n More

Sunny - 返信

I need help with reassembly! Any tips on how to feed that cable back along the sticky channel? I can't get it to go in there!

Ark - 返信

Figured that out- remove the top battery! Sorry - didn't read through all the directions carefully!

Ark - 返信

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 5

Past 7 Days: 47

Past 30 Days: 231

All Time: 15,179