メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使って、MacBook Proの接着剤で固められたバッテリーをiFixitの接着剤リムーバーを使用して交換します。接着剤リムーバーを使用すれば、消耗したバッテリーを固定している接着剤を弱めることができます。

iFixitの接着剤リムーバーは可燃性が高いです。このリムーバーを使って作業をする際は、通気性のよい場所で行ってください。作業中、付近で喫煙したり、火器のある場所で行わないでください。

ダメージのリスクを軽減するため、この作業を始めるにバッテリーを完全に放電してください。充電したリチウムポリマーバッテリーに穴を開けてしまうと、危険かつ手に負えない火事を引き起こしかねます。バッテリーが膨張している場合は、特に注意を払って適切な方法で処理してください

ご注意: リムーバーはMacBook Proのプラスチック製スピーカーエンクロージャ(筐体)などのような、ある箇所のプラスチックにダメージを与えてしまうことがあります。リムーバーを散布する際は丁寧に作業を行ってください。

  1. この手順を開始する前に、Macの自動起動機能を無効にする必要があります。蓋を開くと、Macの自動起動によって分解中に誤って起動される場合があります。 この手順に従うか、以下の簡略化された指示に従って自動起動を無効にします。このコマンドは全てのMacに応答するわけではありません。 Macを起動し、ターミナルを開きます。 以下のコマンドをターミナルにコピー(または正確にタイプ)します。
    • この手順を開始する前に、Macの自動起動機能を無効にする必要があります。蓋を開くと、Macの自動起動によって分解中に誤って起動される場合があります。 この手順に従うか、以下の簡略化された指示に従って自動起動を無効にします。このコマンドは全てのMacに応答するわけではありません。

    • Macを起動し、ターミナルを開きます。

    • 以下のコマンドをターミナルにコピー(または正確にタイプ)します。

    • sudo nvram AutoBoot=%00

    • [return]キーを押します。パスワードを求められたら、管理者パスワードを入力し、 [return]キーを再度押します。補足: [return]キーは ⏎ や "enter"として印字されている場合もあります。

    • これで、誤って電源が入ることなく、安全にMacの電源を切り、底面カバーを開くことができます。

    • 修理が完了し、完全に組み上げられた際には、以下のコマンドで再度自動起動を有効化してください。

    • sudo nvram AutoBoot=%03

    Is this step necessary? I can’t perform this step as I am attempting to repair water damage and need to remove logic board & most likely replace the battery.

    lamajr - 返信

    @mac_medic You definitely don’t want the power coming on while the board is wet. In your case, I think powering on the machine to disable Auto Boot would do more damage than it prevents. I agree, skip this step and be prepared to disconnect the battery quickly if the laptop automatically powers on. Good luck!

    Jeff Suovanen -

    This did not work when running High Sierra.

    Kyle B - 返信

    Tried this on a 2018 MBP 13” Touchbar (there’s no iFixit guide for this model yet). Need to replace a broken screen.

    Luckily I managed to connect to an external screen (Cmd-Down Brightness to switch displays) and enter above command. Seems to work, but there’s another problem with this model - it powers up as soon as any key is pressed……. ffs <gnashes teeth>

    Cool_Breeze - 返信

    I unscrew the battery first and wrap electrical tape over the logic board battery connector before attempting any repairs to the board. Haven’t had any problems yet and I’ve worked on about 10 of these models already. Also when you open the bottom case use a suction cup at the bottom and pull up then run a plastic spudger along the edges to disconnect the clips. Also only use a plastic spudger on the board. Saw a youtube video from a repair shop and he did not disconnect the power and used all metal tools during the entire process of removing the board. His last step was to disconnect the battery terminal.

    Brian - 返信

    Is this step necessary if my mac can turn on? Battery fully dead(

    Nursat b - 返信

    BEFORE YOU START: The included torx head stripped off before I was done (and you might need an additional T4) so stop now and go buy a good one. Also they fail to warn you above to get some blue threadlocker ahead of time.

    Jason Sherron - 返信

    This command did not work for me and I read that sometime in later 2020 Apple stopped this command from working…any ideas on a work around?

    Patrick Machacek - 返信

    Not able to do that with damaged screen

    richardjgreen - 返信

    Hi. This does not work on 2018 13” MacBook Pro with Touch Bar. I did exactly this to disable auto boot. But when I check by using nvram -p it says: auto-boot true. Am I doing something incorrectly? I did everything step by step. Copied and pasted the sudo command, pressed enter and then entered my password. I have Big Sur 11.1 installed. Is there any other way since I need to replace the screen. Thank you. Adrian

    Adrian Vizik - 返信

    Hi everyone. This is also a little pointless if you can’t see anything on the screen, and you don’t have a display adapter to USB C to display it. I agree with Brian about removing the back and disconnecting the battery cable before you even think about opening the lid of the MacBook. Applying the insulation tape is also a handy little tip that just makes sure there is no way to discharge from either the board or battery.

    Roberto Enrieu - 返信

    running `nvram -p | grep 'AutoBoot'` in terminal verifies that it was accepted

    result: `AutoBoot %00`

    Marek Polák - 返信

    This step is completely unnecessary if you follow the guide to disconnect the battery properly. Just put some tape between the battery and logic board connection to prevent it from accidentally touching and therefore powering on the laptop.

    Grant Ormsby - 返信

    It took me a few tries to make this command work, as I was able to copy and paste the command into Terminal, but could not type in my laptop’s password. I finally typed my password into a text document, copied it (command C), and then pasted it into Terminal and it worked.

    tommy404 - 返信

    I didn’t do this. Mine never auto-booted before I replaced the battery. Now it does.

    hatuxka - 返信

    BEFORE YOU DO ANYTHING - CHECK THE BATTERY!

    I-fixit sent me a bad battery, which I didn’t realize until it was already install. They sent me a new one, but I wasted hours uninstalling and reinstalled.

    Get a volt meter and measure the voltage on the output of the battery pack. If it reads 0 V, SEND IT BACK. It should read over 2 V.

    bcardanha - 返信

  2. 作業を始める前に、MacBookの電源を切ります。ディスプレイを閉めて、デバイスを裏返します。
    • 作業を始める前に、MacBookの電源を切ります。ディスプレイを閉めて、デバイスを裏返します。

    • P5ペンタローブドライバーを使って、下部ケースに固定された6本のネジを外します。

    • 6.2 mmネジー2本

    • 3.4 mmネジー4本

    • この作業中、各ネジを紛失しないように保管してください。作業後はデバイスにダメージを与えないように、装着されていた位置に取り付けてください。

    Sur le mien A1708 EMC3164 j’ai 4 vis de 6,2 (les coins) et 2 vis de 3,4 celles au milieu en bas

    Olivier Cecillon - 返信

    Ce tutoriel n’est pas dans la bonne section !

    c’est le 13” avec touch bar et non celui avec les touches de fonction .

    l’autre tuto nommé “écran complet” est le bon

    Vincent Morault - 返信

    Bonjour Vincent,

    Si vous cherchez le même tutoriel pour le MacBook 13” non Touch Bar, le voici : https://fr.ifixit.com/Tutoriel/Remplacem...

    Claire Miesch -

    Before you start I suggest you get magnifier eyeware as screws and connectors are very small and good lightning are a big PLUS

    Gilles Vigeral - 返信

    Completed whole steps in over 4 hours….but worth it. Works back perfect and battery error message is gone….

    Gilles Vigeral - 返信

  3. 吸盤ハンドルをMacBook Proの正面中央付近の下部ケース上に装着します。 吸盤ハンドルを持ち上げて、下部ケースと筐体の間にわずかな隙間を作ります。
    • 吸盤ハンドルをMacBook Proの正面中央付近の下部ケース上に装着します。

    • 吸盤ハンドルを持ち上げて、下部ケースと筐体の間にわずかな隙間を作ります。

  4. 下部ケースと筐体の間にできたスペースに開口ピックの先端を挿入します。 一番近いコーナー周辺に開口ピックをスライドして、ケースの片側サイド全体を移動させます。 この作業によって、筐体と下部ケースを固定している隠れたクリップの一つが外れます。クリップが外れる音が聞こえて感覚があるはずです。
    • 下部ケースと筐体の間にできたスペースに開口ピックの先端を挿入します。

    • 一番近いコーナー周辺に開口ピックをスライドして、ケースの片側サイド全体を移動させます。

    • この作業によって、筐体と下部ケースを固定している隠れたクリップの一つが外れます。クリップが外れる音が聞こえて感覚があるはずです。

    The instruction implies that sliding the pick up to the side of the case releases the clip. This is far from the truth; it takes a pretty strong force to pop the clip open. The plastic pick is a good start, but you need to reach in and pull the middle of that side of the case pretty hard.

    dkraemer2 - 返信

  5. 反対側のサイドでも前の手順を繰り返します。開口ピックを下部ケースの下にスライドさせて、2番目のクリップを外します。 反対側のサイドでも前の手順を繰り返します。開口ピックを下部ケースの下にスライドさせて、2番目のクリップを外します。 反対側のサイドでも前の手順を繰り返します。開口ピックを下部ケースの下にスライドさせて、2番目のクリップを外します。
    • 反対側のサイドでも前の手順を繰り返します。開口ピックを下部ケースの下にスライドさせて、2番目のクリップを外します。

  6. 開口ピックを下部ケースの正面側端の下、中央部分にある2本のネジの一方付近に再び差し込みます。 ピックをしっかりと持って捻り、筐体と下部ケースを固定している3番目のクリップを外します。 この手順を繰り返して、中央部分にある2本のネジのうち、もう一方のネジ付近にも差し込んで、4番目のクリップを外します。
    • 開口ピックを下部ケースの正面側端の下、中央部分にある2本のネジの一方付近に再び差し込みます。

    • ピックをしっかりと持って捻り、筐体と下部ケースを固定している3番目のクリップを外します。

    • この手順を繰り返して、中央部分にある2本のネジのうち、もう一方のネジ付近にも差し込んで、4番目のクリップを外します。

  7. MacBookの正面側に向けて下部ケースをしっかりと引き抜きます。(ヒンジから外します)ケースを固定している最後のクリップが外れます。 まず一方のコーナーを引っ張り、それから反対側のコーナーを引っ張ります。 サイドに引っ張りますー引き上げないでください。
    • MacBookの正面側に向けて下部ケースをしっかりと引き抜きます。(ヒンジから外します)ケースを固定している最後のクリップが外れます。

    • まず一方のコーナーを引っ張り、それから反対側のコーナーを引っ張ります。

    • サイドに引っ張りますー引き上げないでください。

    • この作業にはかなりの力が必要です。

    On the 2018 model, there are two more clips that need to be popped on the sides in the middle. Then it slides out easily.

    Cool_Breeze - 返信

  8. 下部ケースを取り出します。 下部ケースを再装着するには ディスプレイヒンジ付近のクリップの位置を揃えます。カバーをヒンジ側に押し込みます。クリップが装着されると、それ以上スライドできなくなります。
    • 下部ケースを取り出します。

    • 下部ケースを再装着するには

    • ディスプレイヒンジ付近のクリップの位置を揃えます。カバーをヒンジ側に押し込みます。クリップが装着されると、それ以上スライドできなくなります。

    • スライドしてクリップが完全に装着して、下部ケースが正しく揃ったら、下部ケースをしっかりと押させて、隠れた4つのクリップも装着します。カチッと音がして装着感があるはずです。

  9. バッテリーに一番近いロジックボードの端上に付けられたバッテリーコネクタを覆う大型テープを慎重に剥がします。 テープを剥がします。
    • バッテリーに一番近いロジックボードの端上に付けられたバッテリーコネクタを覆う大型テープを慎重に剥がします。

    • テープを剥がします。

    Please be VERY careful, I torn up my battery cable and had to replace all the battery.

    Emmanuel Neff - 返信

  10. バッテリーボードのデータケーブルコネクタを覆っている小さなテープ片を慎重に剥がします。 テープはリボンケーブルに統合されていて、完全には剥がせません。コネクタにアクセスできるだけの部分を剥がすだけで十分です。
    • バッテリーボードのデータケーブルコネクタを覆っている小さなテープ片を慎重に剥がします。

    • テープはリボンケーブルに統合されていて、完全には剥がせません。コネクタにアクセスできるだけの部分を剥がすだけで十分です。

    While the tape in this step was definitely attached to the ribbon cable, I accidentally pulled it off during Step 9, thinking that it was a tab to remove the larger tape covering the whole battery connector. It didn’t seem to do any harm.

    cdowney - 返信

  11. スパッジャーの先端を使って、ケーブルをコネクタに固定している小さな黒色のロッキングタブを持ち上げます。 スパッジャーの先端を使って、ケーブルをコネクタに固定している小さな黒色のロッキングタブを持ち上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、ケーブルをコネクタに固定している小さな黒色のロッキングタブを持ち上げます。

    Be very careful here. I had to repeat this procedure several times on my MacBook Pro to replace faulty monitors. Eventually, after being opened and closed so many times, the small black locking tab came right off of the connector. Now my battery connection is broken and I can only use my MacBook when it is plugged into the power supply. I’m trying to find a way to securely connect the battery cable without this little locking tab (maybe with tape or something), but so far no luck. Does anyone at iFixit have any advice for me?

    Jamie Near - 返信

    Like Jamie said, use mass amounts of caution here. The lever is very fragile, and mine came off as well - and I’m not exactly a muscular guy. Without it, the connection cannot be made to the data connector, and the computer will not think that a battery is installed. I had to finagle my connector with tweezers and a spudger back into place (and the picture above makes it look normal sized. The picture lies. It is TINY! We’re talking smaller than a small eyelash tiny), and then used some of the adhesive battery strip to hopefully keep it in place.

    Wayne Linder - 返信

    The previous comments are not exaggerated. There ain’t NOTHIN’ to that locking bar. I found it helpful to zoom in with my phone to work on it. It really requires no force to move, I imagine the tape is there to hold it down.

    William Brittain - 返信

  12. バッテリーボードのデータケーブルをソケットからスライドして取り出し、接続を外します。 ケーブルの方向は、ロジックボードと平行にスライドさせます。
    • バッテリーボードのデータケーブルをソケットからスライドして取り出し、接続を外します。

    • ケーブルの方向は、ロジックボードと平行にスライドさせます。

  13. バッテリーボードのデータケーブルをサイドに折り曲げて、作業の邪魔にならないようにします。 バッテリーボードのデータケーブルをサイドに折り曲げて、作業の邪魔にならないようにします。
    • バッテリーボードのデータケーブルをサイドに折り曲げて、作業の邪魔にならないようにします。

    The cable is held down with adhesive. Be very gentle with the delicate cable as you peel it back.

    dkraemer2 - 返信

  14. T5 トルクスドライバーを使って、バッテリーパワーコネクタを固定している3.7 mm パンケーキ頭部ネジを1本外します。 T5 トルクスドライバーを使って、バッテリーパワーコネクタを固定している3.7 mm パンケーキ頭部ネジを1本外します。
    • T5 トルクスドライバーを使って、バッテリーパワーコネクタを固定している3.7 mm パンケーキ頭部ネジを1本外します。

  15. スパッジャーを使って、バッテリーの接続を外して、バッテリーパワーコネクタを慎重に持ち上げます。 コネクタを十分の高さに持ち上げて、ソケットから離します。修理中、アクシデントで接触しないようにご注意ください。MacBook Proにダメージを与えてしまう可能性があります。
    • スパッジャーを使って、バッテリーの接続を外して、バッテリーパワーコネクタを慎重に持ち上げます。

    • コネクタを十分の高さに持ち上げて、ソケットから離します。修理中、アクシデントで接触しないようにご注意ください。MacBook Proにダメージを与えてしまう可能性があります。

    Dies ist kein Stecker sondern eine Kontaktplatte, die nur leicht angehoben werden muss. Dann am besten mit etwas Tesafilm isolieren.

    SchroedersKater - 返信

    (Translation for myself and others; Thanks for the nice tip by the way!) This is not a plug but a contact plate that only needs to be lifted slightly. Then it is best to isolate with some scotch tape.

    S Woo -

  16. T3トルクスドライバーを使って、トラックパッドケーブルのコネクターブラケットを固定している1.8 mmネジを2本外します。 T3トルクスドライバーを使って、トラックパッドケーブルのコネクターブラケットを固定している1.8 mmネジを2本外します。
    • T3トルクスドライバーを使って、トラックパッドケーブルのコネクターブラケットを固定している1.8 mmネジを2本外します。

    You should use T4 here as T3 will strip your screw head

    Ivan Sorkin - 返信

    For me a T4 does NOT work - I needed a T3 Torx screwdriver.

    ian jeffreys - 返信

  17. ピンセットを使って、トラックパッドケーブルコネクタブラケットを取り外します。
    • ピンセットを使って、トラックパッドケーブルコネクタブラケットを取り外します。

  18. スパッジャーを使って、ロジックボードからコネクタをまっすぐ慎重に持ち上げて、トラックパッドのリボンケーブルの接続を外します。 スパッジャーを使って、ロジックボードからコネクタをまっすぐ慎重に持ち上げて、トラックパッドのリボンケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーを使って、ロジックボードからコネクタをまっすぐ慎重に持ち上げて、トラックパッドのリボンケーブルの接続を外します。

  19. 温めたiOpenerをトラックパッドのリボンケーブルの上に約1分間載せて、バッテリー上部とトラックパッドリボンケーブルを固定している接着剤を温めて柔らかくします。
    • 温めたiOpenerをトラックパッドのリボンケーブルの上に約1分間載せて、バッテリー上部とトラックパッドリボンケーブルを固定している接着剤を温めて柔らかくします。

    • iOpenerを使用しない場合は、ヘアドライヤーを使ってケーブルを温めることができます。ケーブルは温かいものの、熱くて触れない程度にします。ぐれぐれも温めすぎないようにご注意ください。

  20. トラックパッドのリボンケーブルをバッテリーから慎重に剥がします。 ケーブルを折り曲げたり、裂かないようご注意ください。 ケーブルを折り曲げたり、裂かないようご注意ください。
    • トラックパッドのリボンケーブルをバッテリーから慎重に剥がします。

    • ケーブルを折り曲げたり、裂かないようご注意ください。

    If you are changing the batter you don’t need to remove the logic board and you can jump to step 64. It can say you a lot of time. But there is one trick you need to do. It can be tricky getting the cable under the logic board but I ended up breaking the plastic “wall” that holds the centre battery and you can slide the cable in and just glue back the wall.

    ian jeffreys - 返信

  21. T5トルクスドライバーを使って、トラックパッドアセンブリに留められたネジを10本外します。 4.3mmネジ 2本
    • T5トルクスドライバーを使って、トラックパッドアセンブリに留められたネジを10本外します。

    • 4.3mmネジ 2本

    • 5.8mmネジ 8本

  22. ディスプレイをわずかに開いて、トラックパッドにアクセスします。 慎重にMacBook Proのフレームにあるホールからトラックパッドのリボンケーブルを外します。
    • ディスプレイをわずかに開いて、トラックパッドにアクセスします。

    • 慎重にMacBook Proのフレームにあるホールからトラックパッドのリボンケーブルを外します。

  23. トラックパッドアセンブリを取り出します。 トラックパッドの底側に取り付けられた6本の小さなワッシャー(2つが丸型、4つが長方形型)を紛失しないよう保管してください。 トラックパッドの底側に取り付けられた6本の小さなワッシャー(2つが丸型、4つが長方形型)を紛失しないよう保管してください。
    • トラックパッドアセンブリを取り出します。

    • トラックパッドの底側に取り付けられた6本の小さなワッシャー(2つが丸型、4つが長方形型)を紛失しないよう保管してください。

    This is all you have to do. Slip the battery into your machine where the old one was, run the ribbon cables from the center battery under the motherboard, run the battery data connector to its very sensitive connection to the motherboard, screw in two other screws to hold the battery “chip” in place, screw in the pancake screw and you’re good. There’s no need to remove the motherboard for this installation.

    Sean C McKean - 返信

    Why need to Remove the trackpad assembly? For what?

    Oleg Kolmak - 返信

    I wish I had read what others said here and watched other videos on youtube. This guide is a disaster. You will end up destroying your logic board. Why this idiot did it this way I can’t under stand. Thanks for nothing you &&^&. I’m having to replace my entire logic board. I could just as easily slipped the old battery cable out from under the logic board. Grrrrrrr. Your guide is $@$* and was so difficult to put everything back together. My fan runs continuously at full speed.

    Christian - 返信

  24. T3トルクスドライバーを使って、キーボードコネクタのブラケットから1.9 mmネジを2本外します。 T3トルクスドライバーを使って、キーボードコネクタのブラケットから1.9 mmネジを2本外します。
    • T3トルクスドライバーを使って、キーボードコネクタのブラケットから1.9 mmネジを2本外します。

  25. キーボードコネクタのブラケットを取り出します。
    • キーボードコネクタのブラケットを取り出します。

  26. スパッジャーを使って、ロジックボードからキーボードコネクタの接続をまっすぐ引き抜いて、接続を外します。 スパッジャーを使って、ロジックボードからキーボードコネクタの接続をまっすぐ引き抜いて、接続を外します。
    • スパッジャーを使って、ロジックボードからキーボードコネクタの接続をまっすぐ引き抜いて、接続を外します。

    Look at the comment section before you proceed. It is possible to finish the process without unplugging the board or other components. Be aware these are user’s comments and not the official guide.

    Good Luck!

    Ed Oliver - 返信

  27. メインディスプレイケーブルの上にあるアルミカバーを固定している2.9mm T3トルクスネジ2本を外します。 カバーを外します。
    • メインディスプレイケーブルの上にあるアルミカバーを固定している2.9mm T3トルクスネジ2本を外します。

    • カバーを外します。

  28. ディスプレイケーブルフレックスコネクタの上にあるアルミカバーを固定している1.7mm T3トルクスネジ2本を外します。 カバーを外します。
    • ディスプレイケーブルフレックスコネクタの上にあるアルミカバーを固定している1.7mm T3トルクスネジ2本を外します。

    • カバーを外します。

  29. ディスプレイボードのフレックスケーブルをソケットからまっすぐにこじ開けて、ディスプレイボードから外します。 ディスプレイボードのフレックスケーブルをソケットからまっすぐにこじ開けて、ディスプレイボードから外します。
    • ディスプレイボードのフレックスケーブルをソケットからまっすぐにこじ開けて、ディスプレイボードから外します。

  30. T3トルクスドライバーを使用します。 左側Thunderboltポートコネクタブラケットの1.4 mmネジを2本外します。
    • T3トルクスドライバーを使用します。

    • 左側Thunderboltポートコネクタブラケットの1.4 mmネジを2本外します。

    • 右側Thunderboltポートコネクタのブラケットから1.4 mmネジを2本外します。

  31. スパッジャーを使って、左側Thunderboltポートコネクタをロジックボードからまっすぐ引き上げて、接続を外します。 ファン付近の内側端より持ち上げます。 コネクタをゆっくりと傍に寄せてください。ロジックボードを取り出す作業に影響しないようにします。
    • スパッジャーを使って、左側Thunderboltポートコネクタをロジックボードからまっすぐ引き上げて、接続を外します。

    • ファン付近の内側端より持ち上げます。

    • コネクタをゆっくりと傍に寄せてください。ロジックボードを取り出す作業に影響しないようにします。

  32. 右側Thunderboltポートのコネクタにも同じ作業を繰り返します。内側端から慎重に押し出して、傍に寄せます。 右側Thunderboltポートのコネクタにも同じ作業を繰り返します。内側端から慎重に押し出して、傍に寄せます。 右側Thunderboltポートのコネクタにも同じ作業を繰り返します。内側端から慎重に押し出して、傍に寄せます。
    • 右側Thunderboltポートのコネクタにも同じ作業を繰り返します。内側端から慎重に押し出して、傍に寄せます。

  33. T3トルクスドライバーを使って、Touch IDを固定しているカバーブラケットと、3.5 mmオーディオジャックコネクタから1.9 mmネジを2本外します。 T3トルクスドライバーを使って、Touch IDを固定しているカバーブラケットと、3.5 mmオーディオジャックコネクタから1.9 mmネジを2本外します。
    • T3トルクスドライバーを使って、Touch IDを固定しているカバーブラケットと、3.5 mmオーディオジャックコネクタから1.9 mmネジを2本外します。

  34. ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

  35. 3.5 mm オーディオジャックのフレックスケーブルを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて接続を外します。 慎重にフレックスケーブルを傍に寄せます。 慎重にフレックスケーブルを傍に寄せます。
    • 3.5 mm オーディオジャックのフレックスケーブルを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて接続を外します。

    • 慎重にフレックスケーブルを傍に寄せます。

  36. Touch IDと電源ボタンのフレックスケーブルを、ロジックボードからまっすぐ引き抜いて接続を外します。 Touch IDと電源ボタンのフレックスケーブルを、ロジックボードからまっすぐ引き抜いて接続を外します。
    • Touch IDと電源ボタンのフレックスケーブルを、ロジックボードからまっすぐ引き抜いて接続を外します。

  37. 中程度に温めたiOpeneやヒートガンもしくはヘアドライやを使って、電源ボタン/Touch IDフレックスケーブルの下の接着剤を温めて柔らかくします。 中程度に温めたiOpeneやヒートガンもしくはヘアドライやを使って、電源ボタン/Touch IDフレックスケーブルの下の接着剤を温めて柔らかくします。
    • 中程度に温めたiOpeneやヒートガンもしくはヘアドライやを使って、電源ボタン/Touch IDフレックスケーブルの下の接着剤を温めて柔らかくします。

  38. 開口ピックをフレックスケーブルの下に慎重に差し込んで、ロジックボードから乖離します。それからゆっくりと傍に寄せてください。 このデリケートなフレックスケーブルにダメージを与えないよう、特にご注意ください。取り付けられたTouch IDセンサはMacBookのロジックボードとペアで製造されています。ダメージを与えてしまうと、Appleのみしか交換できません。 作業がうまく進まない場合は、無理やり行わないでください。若干熱を加えて、接着剤を温めてから再試行してください。
    • 開口ピックをフレックスケーブルの下に慎重に差し込んで、ロジックボードから乖離します。それからゆっくりと傍に寄せてください。

    • このデリケートなフレックスケーブルにダメージを与えないよう、特にご注意ください。取り付けられたTouch IDセンサはMacBookのロジックボードとペアで製造されています。ダメージを与えてしまうと、Appleのみしか交換できません。

    • 作業がうまく進まない場合は、無理やり行わないでください。若干熱を加えて、接着剤を温めてから再試行してください。

    First let me thank you for this AMAZING guide which helped me a lot to achieve an almost successful battery replacement… I’m saying “almost” because, as you write in red letters, I wasn’t careful enough and my Touch ID cable got damaged.

    Do you have any idea on how much should such a repair cost?

    I know that only apple stores or authorized service providers can perform such a repair…

    Thanks again!

    omriitlab - 返信

    Boy that’s a tough one :( It’s among the most problematic of all components to replace, because the fingerprint sensor is cryptographically paired to the logic board. The best option might be to get in touch with a skilled microsolderer and ask if they can take a look at the cable and try to repair the traces. Apart from that, the only options I’m aware of would be to pay Apple whatever they demand for a repair (no idea, but most likely a lot), or replace both the sensor and the entire logic board with another set that is already paired and undamaged. Wish I could be more help. Good luck!

    Jeff Suovanen -

    Difficult though it may be, as a retired fixer, and amazed at the new tiny tiny parts, I am even more amazed at this new cooperative culture of fixers. The depth of helpful detail is amazing. The new environment of cheap special tools, and amazingly detailed hires pics is a powerful new repair meme. I used i-fixit for my first MBAir, but haven’t the skills for this, my current mac. But this addition, the carefully inserted comments of users, and the skills and cooperative attitude of you all, is quite amazing. And I watch and admire. Well done, you.

    jock mctavish - 返信

  39. T3トルクスドライバーを使って、Touch Barデジタイザーのコネクタブラケットより1.9 mmネジを1本外します。 T3トルクスドライバーを使って、Touch Barデジタイザーのコネクタブラケットより1.9 mmネジを1本外します。
    • T3トルクスドライバーを使って、Touch Barデジタイザーのコネクタブラケットより1.9 mmネジを1本外します。

    This was a T4 on mine

    Jeremy Espino - 返信

  40. ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

  41. スパッジャーを使って、Touch Barデジタイザをロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。 スパッジャーを使って、Touch Barデジタイザをロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。
    • スパッジャーを使って、Touch Barデジタイザをロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

  42. T3トルクスドライバーを使って、Touch Barディスプレイのコネクタブラケットから1.9 mm ネジを2本外します。 T3トルクスドライバーを使って、Touch Barディスプレイのコネクタブラケットから1.9 mm ネジを2本外します。
    • T3トルクスドライバーを使って、Touch Barディスプレイのコネクタブラケットから1.9 mm ネジを2本外します。

  43. ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

  44. スパッジャーを使って、Touch Barディスプレイのコネクタをロジックボードからまっすぐ引き上げて、接続を外します。 スパッジャーを使って、Touch Barディスプレイのコネクタをロジックボードからまっすぐ引き上げて、接続を外します。
    • スパッジャーを使って、Touch Barディスプレイのコネクタをロジックボードからまっすぐ引き上げて、接続を外します。

  45. マイクロフォンコネクタのソケットを覆っているテープがあれば剥がして、コネクタを露出させます。 マイクロフォンコネクタのソケットを覆っているテープがあれば剥がして、コネクタを露出させます。
    • マイクロフォンコネクタのソケットを覆っているテープがあれば剥がして、コネクタを露出させます。

  46. マイクロフォンケーブルのZIFコネクタ上の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。 マイクロフォンケーブルのZIFコネクタ上の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。
    • マイクロフォンケーブルのZIFコネクタ上の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

  47. マイクロフォンケーブルを引き抜いてーファンから離すようにーケーブルをソケットからスライドして外します。 可能であれば、ケーブル自体ではなく、装着されたテープ上から引っ張ってください。
    • マイクロフォンケーブルを引き抜いてーファンから離すようにーケーブルをソケットからスライドして外します。

    • 可能であれば、ケーブル自体ではなく、装着されたテープ上から引っ張ってください。

  48. 左側ピンセットでコネクタを覆っているテープカバーがあれば剥がします。 左側ピンセットでコネクタを覆っているテープカバーがあれば剥がします。
    • 左側ピンセットでコネクタを覆っているテープカバーがあれば剥がします。

  49. 左側ツイーターのZIFコネクタ用の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。 左側ツイーターのZIFコネクタ用の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。
    • 左側ツイーターのZIFコネクタ用の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

  50. ケーブルをツイーター側に向けて引き抜いて接続を外し、ソケットからスライドして取り出します。 可能であれば、ケーブル自体ではなく、装着されたテープを引っ張ってください。
    • ケーブルをツイーター側に向けて引き抜いて接続を外し、ソケットからスライドして取り出します。

    • 可能であれば、ケーブル自体ではなく、装着されたテープを引っ張ってください。

  51. ツイーターのフレックスケーブルの下には、2番目の左側メインスピーカー用ZIFコネクタが搭載されています。 左側メインスピーカー用のソケットを覆っているテープがあれば、剥がしてください。
    • ツイーターのフレックスケーブルの下には、2番目の左側メインスピーカー用ZIFコネクタが搭載されています。

    • 左側メインスピーカー用のソケットを覆っているテープがあれば、剥がしてください。

  52. 左側メインスピーカーのZIFコネクタ用の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。 左側メインスピーカーのZIFコネクタ用の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。
    • 左側メインスピーカーのZIFコネクタ用の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

  53. 左側メインスピーカーのケーブルをツイーター側に引き抜き、ソケットからスライドして外して接続を外します。 ここでもケーブル自体ではなく、装着されたテープ上を引っ張ってください。
    • 左側メインスピーカーのケーブルをツイーター側に引き抜き、ソケットからスライドして外して接続を外します。

    • ここでもケーブル自体ではなく、装着されたテープ上を引っ張ってください。

  54. 前の6つの手順を繰り返して、反対側のツイーターと右側のメインスピーカーの接続も外します。 ツイーターコネクタを覆っているテープがあれば剥がしてください。
    • 前の6つの手順を繰り返して、反対側のツイーターと右側のメインスピーカーの接続も外します。

    • ツイーターコネクタを覆っているテープがあれば剥がしてください。

  55. 右側ツイーターZIFコネクタ用の固定フラップをまっすぐ持ち上げて、ロジックボードから接続を外します。 右側ツイーターZIFコネクタ用の固定フラップをまっすぐ持ち上げて、ロジックボードから接続を外します。
    • 右側ツイーターZIFコネクタ用の固定フラップをまっすぐ持ち上げて、ロジックボードから接続を外します。

  56. ケーブルをツイーター側に向けて引き抜いて、ソケットからスライドして取り出して接続を外します。 ここでもケーブル自体ではなく、装着されたテープ上を引っ張ってください。
    • ケーブルをツイーター側に向けて引き抜いて、ソケットからスライドして取り出して接続を外します。

    • ここでもケーブル自体ではなく、装着されたテープ上を引っ張ってください。

  57. 右側メインスピーカー用のコネクタを覆っているテープがあれば、剥がしてください。 右側メインスピーカー用のコネクタを覆っているテープがあれば、剥がしてください。
    • 右側メインスピーカー用のコネクタを覆っているテープがあれば、剥がしてください。

  58. 右側メインスピーカーのZIFコエンクタ用固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。 右側メインスピーカーのZIFコエンクタ用固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。
    • 右側メインスピーカーのZIFコエンクタ用固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

  59. 右側メインスピーカーのケーブルをツイーター側に向けて引っ張り、ソケットからスライドして外します。
    • 右側メインスピーカーのケーブルをツイーター側に向けて引っ張り、ソケットからスライドして外します。

  60. 最初のアンテナケーブルを、ソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。 ピンセットもしくはスパッジャーの平面側先端を慎重にケーブルの下でスライドして、ソケット付近で止めます。それから慎重にツールでひねったり、こじ開けて、接続を外します。 ピンセットもしくはスパッジャーの平面側先端を慎重にケーブルの下でスライドして、ソケット付近で止めます。それから慎重にツールでひねったり、こじ開けて、接続を外します。
    • 最初のアンテナケーブルを、ソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。

    • ピンセットもしくはスパッジャーの平面側先端を慎重にケーブルの下でスライドして、ソケット付近で止めます。それから慎重にツールでひねったり、こじ開けて、接続を外します。

  61. 前の手順を繰り返して、残りのアンテナケーブル2本についても接続を外します。
    • 前の手順を繰り返して、残りのアンテナケーブル2本についても接続を外します。

    • 各ケーブルの接続を再装着するには、コネクタを各ソケット上に揃えて並べ、カチッと音がするまで押さえて装着させます。

  62. T5トルクスドライバーを使って、アンテナケーブルバンドルを固定している2.9 mmネジを1本外します。 T5トルクスドライバーを使って、アンテナケーブルバンドルを固定している2.9 mmネジを1本外します。
    • T5トルクスドライバーを使って、アンテナケーブルバンドルを固定している2.9 mmネジを1本外します。

  63. ロジックボードアセンブリを固定している10本のネジを外します。 2.5 mm トルクスT3ネジー3本
    • ロジックボードアセンブリを固定している10本のネジを外します。

    • 2.5 mm トルクスT3ネジー3本

    • 2.9 mm トルクス T5ネジー5本

    • 3.0 mm トルクス T5ネジー2本

    • 再組み立ての際に、これらのネジを緩めに装着してからロジックボードの位置を調節してください。それからネジを締めてください。

  64. 2つのゴム製ファン用振動減衰ストリップをファンに固定するための接着剤から剥がします。(完全に外さないでください) 必要に応じて、iOpener、ヘアドライヤー、ヒートガンで中程度の熱を当てて、接着剤を柔らかくすると、剥がす作業がスムーズになります。 必要に応じて、iOpener、ヘアドライヤー、ヒートガンで中程度の熱を当てて、接着剤を柔らかくすると、剥がす作業がスムーズになります。
    • 2つのゴム製ファン用振動減衰ストリップをファンに固定するための接着剤から剥がします。(完全に外さないでください)

    • 必要に応じて、iOpener、ヘアドライヤー、ヒートガンで中程度の熱を当てて、接着剤を柔らかくすると、剥がす作業がスムーズになります。

  65. ロジックボードアセンブリはタイトに装着されていますが、左端の下にスパッジャーを差し込み、わずかに持ち上げると取り外しやすくなります。 ロジックボードを取り外すときに抵抗がないはずです。 すべてのケーブルを注意深く外れているか確認し、作業の邪魔にならないようにして、ボードに引っ掛からないようにします。
    • ロジックボードアセンブリはタイトに装着されていますが、左端の下にスパッジャーを差し込み、わずかに持ち上げると取り外しやすくなります。

    • ロジックボードを取り外すときに抵抗がないはずです。 すべてのケーブルを注意深く外れているか確認し、作業の邪魔にならないようにして、ボードに引っ掛からないようにします。

    • ロジックボードアセンブリを取り外すには、左側から持ち上げます。

    Wichtig !!

    Vorher den Display Anschluß (hinten mitte) Abschrauben und lösen.

    2x bleche mit jeweils 2 Scxhrauben

    Martin Klinzmann - 返信

    Ist nachgetragen. Danke!

    Fabian Neidhardt - 返信

    What just happened… While I was removing the logic board one of the small black boxes from the bottom right just fell off. I am not sure but I think it is a capacitor - it says KO 336 16K 723. It just fell, I did not even touch this part… Maybe it was broken when I opened up the case in the beginning, but I did not notice it then.

    Did I just break my laptop?

    Nikita Jesaibegjans - 返信

  66. ロジックボードアセンブリをインストールする際は、 ゴム製振動ダンパーの位置が揃っているか調整しながら確認します。 アンテナケーブルのバンドルをロジックボードとヒートシンク間の隙間に通して、ボードを取り付けた時にケーブルが正しく繋がっているか確認してください。
    • ロジックボードアセンブリをインストールする際は、

    • ゴム製振動ダンパーの位置が揃っているか調整しながら確認します。

    • アンテナケーブルのバンドルをロジックボードとヒートシンク間の隙間に通して、ボードを取り付けた時にケーブルが正しく繋がっているか確認してください。

    • インストールする際に、ケーブルがボードの下に閉じ込められていないか確認してください。特にマークしたエリアをよく確認してください。

  67. T5トルクスドライバーを使って、バッテリーボードから3.2 mmネジを2本外します。 T5トルクスドライバーを使って、バッテリーボードから3.2 mmネジを2本外します。
    • T5トルクスドライバーを使って、バッテリーボードから3.2 mmネジを2本外します。

    Terrible time to lose screws, but that is exactly what ended up happening to me. I lost the battery board screws and ended up crazy glueing down.

    Santiago Avila - 返信

    This is where you can easily see it was not necessary to remove the logic board. Could have slipped the battery cable right out from under the corners if you are careful. My fan runs all the time now. This guys procedure is absolute dog s$%t

    Christian - 返信

  68. キットに含まれている液体接着剤リムーバーは、MacBook Proディスプレイ上の反射防止コーティングとプラスチックのキーボードキーにダメージを与えてしまいます。 ディスプレイを保護するため、作業中はディスプレイとキーボードの間にアルミフォイルシートを装着してください。 さらに、ペンキ用などの剥がしやすいテープをトラックパッドエリアに装着してください。オプションとして、余分な接着剤リムーバーが飛び散らないように、トラックパッドエリアの下に直接紙タオルなどを載せてください。
    • キットに含まれている液体接着剤リムーバーは、MacBook Proディスプレイ上の反射防止コーティングとプラスチックのキーボードキーにダメージを与えてしまいます。

    • ディスプレイを保護するため、作業中はディスプレイとキーボードの間にアルミフォイルシートを装着してください。

    • さらに、ペンキ用などの剥がしやすいテープをトラックパッドエリアに装着してください。オプションとして、余分な接着剤リムーバーが飛び散らないように、トラックパッドエリアの下に直接紙タオルなどを載せてください。

  69. バッテリーを取り外す前に、両側のスピーカーを保護しなければなりません。 スピーカーはバッテリーと同じように接着されているため、液体の接着剤がスピーカーの下に入ると、修理剤が弱まってしまい、ガタガタと音がすることがあります。
    • バッテリーを取り外す前に、両側のスピーカーを保護しなければなりません。 スピーカーはバッテリーと同じように接着されているため、液体の接着剤がスピーカーの下に入ると、修理剤が弱まってしまい、ガタガタと音がすることがあります。

    • ペイント用のテープを適切な長さに切って、左側のバッテリーとスピーカーの間の端に差し込みます。

    I didn’t have packing tape or painter’s tape so I tried to use some of the packing materials, but that was a bad idea. What ended up working for me was to elevate one side and used the plastic card to to direct the acetone away from the speaker. Worked a-ok.

    Santiago Avila - 返信

  70. テープの端に沿ってスパッジャーを押して、MacBook Proのアルミニウムケースにしっかりと貼り付け、スピーカーをバッテリーから密閉します。 バッテリーに穴を開けたり、突いたりしないようにご注意ください。 テープを折りまげて、スピーカーに軽く装着して、作業の邪魔にならないようにします。
    • テープの端に沿ってスパッジャーを押して、MacBook Proのアルミニウムケースにしっかりと貼り付け、スピーカーをバッテリーから密閉します。

    • バッテリーに穴を開けたり、突いたりしないようにご注意ください。

    • テープを折りまげて、スピーカーに軽く装着して、作業の邪魔にならないようにします。

    • テープを剥がす際に、スピーカー上部のフォーム製バンパーが破れる場合があります。 テープをバンパーに直接押さえ込まないでください。

  71. 前の手順と同じ作業を反対側でも行い、バッテリーからスピーカーをシールで遮断してください。
    • 前の手順と同じ作業を反対側でも行い、バッテリーからスピーカーをシールで遮断してください。

    Note that no matter how well you tape off the speakers and elevate the sides of the laptop, there is not a lot of space between the battery and the speaker, and adhesive remover WILL wick under the speakers. Yay for capillary action, I guess? . . ..

    Wayne Linder - 返信

  72. 接着剤リムーバーの流れをコントロールするには、MacBook Proの裏側端(ヒンジ側)の下に本やホーム製ブロックなどを置くなどして、5cm程度傾斜させてください。 接着剤リムーバーの流れをコントロールするには、MacBook Proの裏側端(ヒンジ側)の下に本やホーム製ブロックなどを置くなどして、5cm程度傾斜させてください。 接着剤リムーバーの流れをコントロールするには、MacBook Proの裏側端(ヒンジ側)の下に本やホーム製ブロックなどを置くなどして、5cm程度傾斜させてください。
    • 接着剤リムーバーの流れをコントロールするには、MacBook Proの裏側端(ヒンジ側)の下に本やホーム製ブロックなどを置くなどして、5cm程度傾斜させてください。

  73. MacBook Proの作業準備が完了です。次は、あなた自身を安全装備しましょう。 iFixitの接着剤リムーバーにはアセトンが含まれており、皮膚や目への低刺激性があります。
    • MacBook Proの作業準備が完了です。次は、あなた自身を安全装備しましょう。

    • iFixitの接着剤リムーバーにはアセトンが含まれており、皮膚や目への低刺激性があります。

    • 接着剤リムーバーを塗布する際は、保護メガネを着用してください。(保護メガネはキットに含まれます。)

    • 保護メガネを装着せずにコンタクトレンズの装着はしないでください

    • 保護グローブもキットに含まれています。肌荒れや敏感肌の方は、ここでグローブを装着してください。

  74. 黒いゴム製ストッパーを接着剤リムーバーから引っ張って外します。 アプリケーターの先端をカットする前に、ボトルキャップを緩めて外します。 アプリケーターの先端をカットする前に、キャップを外してボトを開封し、内側のプレッシャーを均一にします。この手順をスキップしてしまうと、アプリケーター先端をカットした際に内容物が飛び散ることがあります。ご注意ください。
    • 黒いゴム製ストッパーを接着剤リムーバーから引っ張って外します。

    • アプリケーターの先端をカットする前に、ボトルキャップを緩めて外します。

    • アプリケーターの先端をカットする前に、キャップを外してボトを開封し、内側のプレッシャーを均一にします。この手順をスキップしてしまうと、アプリケーター先端をカットした際に内容物が飛び散ることがあります。ご注意ください。

    • ハサミを使ってアプリケーターのシールされた先端をカットします。

    • 先端を細くカットすると、少量のリムーバーをコントールよく塗布できます。

    • 次の作業に進む前に、ボトルキャップをひねって、しっかりと締めてください。

  75. 接着剤リムーバーを2つの右側バッテリーセルの下に塗布します。 多量に注入する必要はありません。この少量ボトルにはバッテリーセルに使用する量の倍以上、入っています。 液体接着リムーバーが浸透して、接着力が弱まるまで、約2分間待機してください。それから次の作業に進みます。
    • 接着剤リムーバーを2つの右側バッテリーセルの下に塗布します。

    • 多量に注入する必要はありません。この少量ボトルにはバッテリーセルに使用する量の倍以上、入っています。

    • 液体接着リムーバーが浸透して、接着力が弱まるまで、約2分間待機してください。それから次の作業に進みます。

  76. 2、3分経過後、プラスチックカードのコーナーをバッテリーの下に差し込みます。一番右側のセルの下側端から作業を初めてください。 あまり力を入れないでください。上手くさ仕込めない場合は、さらにリムーバーを数滴滴らして、浸透するまで数分間待機してください。 バッテリーを変形させないようご注意ください。ダメージが入ったり、穴の開いたバッテリーは危険な化学物質を排出して、引火の恐れがあります。
    • 2、3分経過後、プラスチックカードのコーナーをバッテリーの下に差し込みます。一番右側のセルの下側端から作業を初めてください。

    • あまり力を入れないでください。上手くさ仕込めない場合は、さらにリムーバーを数滴滴らして、浸透するまで数分間待機してください。

    • バッテリーを変形させないようご注意ください。ダメージが入ったり、穴の開いたバッテリーは危険な化学物質を排出して、引火の恐れがあります。

    • カードを左右に揺らしながら、2つのバッテリーセルの下全体をスライドします。

    • 接着剤を完全に剥がせたら、バッテリーを持ち上げますが、MacBookから完全に取り出さないでください。

    • プラスチックカードを一時的にバッテリーの下に残します。次の作業に進んだ時、接着剤が再装着するのを防ぐためです。

    The plastic card method will work. It just takes a lot of force.

    Wayne Linder - 返信

  77. バッテリーセルの下のカードが上手くスライドできない場合、フロスやワイヤを使って、バッテリーセルの下に通し、鋸を引くように交互に左右へ引きます。
    • バッテリーセルの下のカードが上手くスライドできない場合、フロスやワイヤを使って、バッテリーセルの下に通し、鋸を引くように交互に左右へ引きます。

    • 指を怪我しないように、分厚い手袋を装着するか、ドライバーハンドルにフロスを巻きつけてください。

    Bei der Entfernung der Akkus mit Zahnseide oder Maurerschnur jeden Akku seperat lösen.

    Wie im Bild gezeigt von hinten einfädeln und dann zwischen den beiden Akkus nach vorne lösen.

    Dabei die Zahnseide wie eine Säge nach rechts und Links bewegen.

    Bei den kleineren Akkus sind die Klebestreifen von hinten nach vorne. Somit ist das auch die Richtung wie man sie einfach lösen kann.

    Der Mittlere Akku ist von links nach rechts verklebt. Somit sollte man dort die Richtung ändern.

    Martin Klinzmann - 返信

    Danke für die Erläuterungen!

    Fabian Neidhardt -

  78. 前の2−3の手順を繰り返して、一番左側のバッテリーセルを乖離します。 MacBook Proの左側を上げて、接着剤リムーバーがスピーカーに流れこまないようにします。
    • 前の2−3の手順を繰り返して、一番左側のバッテリーセルを乖離します。

    • MacBook Proの左側を上げて、接着剤リムーバーがスピーカーに流れこまないようにします。

  79. 接着剤リムーバーを一番左側バッテリーセルの下に注入して、浸透するまで約2分間待ちます。 接着剤リムーバーを一番左側バッテリーセルの下に注入して、浸透するまで約2分間待ちます。 接着剤リムーバーを一番左側バッテリーセルの下に注入して、浸透するまで約2分間待ちます。
    • 接着剤リムーバーを一番左側バッテリーセルの下に注入して、浸透するまで約2分間待ちます。

  80. 一番左側バッテリーセルの下に、プラスチックカードの1つのコーナーをスライドして、バッテリーを固定している接着剤を慎重に剥がします。 作業中にセルが再接着しないように、プラスチックカードをセルの下に一時的に置いておきます。
    • 一番左側バッテリーセルの下に、プラスチックカードの1つのコーナーをスライドして、バッテリーを固定している接着剤を慎重に剥がします。

    • 作業中にセルが再接着しないように、プラスチックカードをセルの下に一時的に置いておきます。

  81. 次に、MacBook Proの裏側端を上げて、接着剤リムーバーがキーボード/ロジックボードへ流れないようにします。 次に、MacBook Proの裏側端を上げて、接着剤リムーバーがキーボード/ロジックボードへ流れないようにします。
    • 次に、MacBook Proの裏側端を上げて、接着剤リムーバーがキーボード/ロジックボードへ流れないようにします。

  82. 残り3つのバッテリーセルの下に、接着剤を数滴落とします。 これらのセルの下にあるアルミニウムケースには開口部があるため、バッテリーの下に浸透せずに、リムーバーの一部が漏れることがあります。 リムーバーの漏れに注意し、必要に応じて次の手順で接着剤リムーバーを追加してください。
    • 残り3つのバッテリーセルの下に、接着剤を数滴落とします。

    • これらのセルの下にあるアルミニウムケースには開口部があるため、バッテリーの下に浸透せずに、リムーバーの一部が漏れることがあります。

    • リムーバーの漏れに注意し、必要に応じて次の手順で接着剤リムーバーを追加してください。

    • 次の手順に進むまでに、約2分間置いてください。

  83. 残り2つの小さなバッテリーセルは、それぞれMacBookのアルミフレームのわずかに高い位置に搭載されています。 前の手順で既に分離した左端バッテリーセルの下にプラスチックカードを完全にスライドさせ、残り左側のバッテリーセルとMacBook Proのアルミケースの間に慎重に差し込みます。 前の手順で既に分離した左端バッテリーセルの下にプラスチックカードを完全にスライドさせ、残り左側のバッテリーセルとMacBook Proのアルミケースの間に慎重に差し込みます。
    • 残り2つの小さなバッテリーセルは、それぞれMacBookのアルミフレームのわずかに高い位置に搭載されています。

    • 前の手順で既に分離した左端バッテリーセルの下にプラスチックカードを完全にスライドさせ、残り左側のバッテリーセルとMacBook Proのアルミケースの間に慎重に差し込みます。

  84. プラスチックカードを左側の残りのバッテリーセルの下にスライドして、完全に外します。 プラスチックカードを一時的にその場に残してください。左側バッテリーセルが再装着するのを防ぎます。
    • プラスチックカードを左側の残りのバッテリーセルの下にスライドして、完全に外します。

    • プラスチックカードを一時的にその場に残してください。左側バッテリーセルが再装着するのを防ぎます。

  85. 前2つの手順を繰り返して、右側の残りのバッテリーセルを外します。 前2つの手順を繰り返して、右側の残りのバッテリーセルを外します。 前2つの手順を繰り返して、右側の残りのバッテリーセルを外します。
    • 前2つの手順を繰り返して、右側の残りのバッテリーセルを外します。

  86. 最後のバッテリーセルをケースから分離するのが一番難しいです。作業がしやすいように、より多量の接着剤リムーバーを注入してください。 プラスチックカードの一角を、一番大きい中央のバッテリーセル上部の下に差し込みます。 カードを左右に揺らしながら、バッテリーセルの下をスライドして、固められた接着剤から完全に乖離します。
    • 最後のバッテリーセルをケースから分離するのが一番難しいです。作業がしやすいように、より多量の接着剤リムーバーを注入してください。

    • プラスチックカードの一角を、一番大きい中央のバッテリーセル上部の下に差し込みます。

    • カードを左右に揺らしながら、バッテリーセルの下をスライドして、固められた接着剤から完全に乖離します。

  87. バッテリーを持ち上げて取り上げます。 新しいバッテリーを装着する前に、MacBook Proのケースに残っている接着剤を全て綺麗に取り除いてください。 手袋をはめた指先もしくはピンセットを使って、接着剤の長いストリップを剥がします。
    • バッテリーを持ち上げて取り上げます。

    • 新しいバッテリーを装着する前に、MacBook Proのケースに残っている接着剤を全て綺麗に取り除いてください。

    • 手袋をはめた指先もしくはピンセットを使って、接着剤の長いストリップを剥がします。

    • プラスチック製ツールで残りの接着剤の塊を削ぎ取ります。イソプロピルアルコールもしくは接着剤リムーバーを使ってバッテリー下のエリアを綺麗に拭き取ります。前後ではなく、一方向のみに拭いてください。

    • この作業は手間がかかりますが、根気強く続けてください。

    • 作業終了後は、保護用テープをスピーカーから慎重に剥がします。