メインコンテンツにスキップ

必要なもの

    • 上部ケースと底ケースを留めている次の10本のネジを外します。

    • 2.3 mm P5ペンタローブネジ−2本

    • 3.0 mm P5ペンタローブネジー8本

    • この修理では、各ネジの装着位置をメモ書きして管理してください。再組み立ての際は、デバイスにダメージを与えないよう、正しい場所に装着してください。

  1. MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換: 手順 2、 1の画像 1
    • 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。

    • ゆっくりと底ケースを上部ケースから離していきます。

  2. MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換: 手順 3、 2の画像 1 MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換: 手順 3、 2の画像 2
    • 底ケースは上部ケースと2つのプラスチック製クリップで中央付近に接続されています。

    • 再組み立ての際は、丁寧に底ケースの中央を2つのプラスチック製クリップに接続するように押し込んでください。

  3. MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換, バッテリーコネクター: 手順 4、 1の画像 1
    • 必要に応じてバッテリーの接続ボードに留められているプラスチック製カバーを外してください。

  4. MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換: 手順 5、 2の画像 1 MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換: 手順 5、 2の画像 2
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

    • コネクターのみ持ち上げるよう確認しながら作業を進めてください。ソケットには接触しないでください。ロジックボードに永久的なダメージを与えてしまうことがあります。

  5. MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換: 手順 6、 1の画像 1
    • 修理作業中、アクシデントによりソケットがバッテリーコネクターに接続しないよう、折り曲げて邪魔にならない位置に移動させてください。

  6. MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換, MagSafe DC-In ボード: 手順 7、 3の画像 1 MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換, MagSafe DC-In ボード: 手順 7、 3の画像 2 MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換, MagSafe DC-In ボード: 手順 7、 3の画像 3
    • 黒色のプラスチックタブを掴んで、ディスプレイケーブルのコネクタを裏返して、基板状のソケットからまっすぐ引き抜きます。

    • ロジックボードと平行に、ケーブルの方向に引っ張ります。 引き上げないでください。

  7. MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換: 手順 8、 2の画像 1 MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換: 手順 8、 2の画像 2
    • DC-Inボードのコネクタを基板上のソケットからまっすぐ引き抜きます。

  8. MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換: 手順 9、 1の画像 1
    • MagSafe DCボードと上部ケースを固定している3.5 mm T5トルクスネジを2本外します。

    • ネジを露出させるために、ディスプレイケーブルを丁寧に押し上げる必要があります。

  9. MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換: 手順 10、 3の画像 1 MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換: 手順 10、 3の画像 2 MacBook Pro 13インチ Retina Display Early 2015 MagSafe DC-Inボードの交換: 手順 10、 3の画像 3
    • MagSafe DC-Inボードケーブルを使ってボードを引き、上部ケースから持ち上げて取り出します。

終わりに

デバイスを再組み立てするには、この手順の逆の順番に従って作業を進めてください。

38 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

492,025 ポイント

411のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

141 メンバー

15,839のガイドは作成済み

3 件のコメント

Since a few days the area around the MagSafe-DC is getting quite hot, regardless of wether the Mac is running or idle. Does this have anything to do with the MagSafe-DC? Any recommendations?

Nils Fenske - 返信

Hi Folks,

Just went through these very clear steps on replacing the DC-in board after the pins on my old one were burned.

First off, success…ish with the replacement and the mac is back to charging again in high spirits. However, I am now notified of a “service battery" beneath the charge drop down menu. In checking the system information, the battery is at a cycle count of 824.

I am not quite sure what to do at this point and appreciate any tips.

Best,

random guy on the internet

Joseph Van Linn - 返信

Replace the battery.

maccentric -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 13

過去 7 日: 74

過去 30 日: 439

今までの合計 23,565