メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

MacBook Proを細部まで分解し、メーカーが想定していない部品を取り付けることに抵抗がなければ、コア温度を10℃以上も効果的に下げることができます。

お使いのMacBookがオーバーヒートを起こしており、放熱グリスが未交換で、交換を同時に実施する必要がある場合、この方法は特に効果が見込まれます。

欠点:これは応急処置です。ただし上手く動作するようです。

  1. まずデバイスの分解ガイドを探し、それに従って慎重にロジックボードを取り外す必要があります。
    • まずデバイスの分解ガイドを探し、それに従って慎重にロジックボードを取り外す必要があります。

    • このような作業の経験がない場合、この作業は放熱グリスを交換するためのガイドを実行するいい機会となります。

  2. ここでは、分厚い放熱パッドをMacBookのヒートシンクと上部ケースの間に挟み込み、さらに各ヒートシンクの上にも放熱パッドを貼り付け、底部カバーと接触させることが目標となります。これにより、デバイスから伝わった熱が効果的に放散され、ボディ全体が1つの大きなヒートシンクとなります。 私の使用しているmid-2010 15 inch MBPでは、2 ㎜厚の放熱パッド3枚を、中央のヒートシンクと左右のヒートシンクの下に1枚ずつ使用し、さらにその上に1枚ずつパッドを貼り付けて、底部カバーと接触させる必要がありました。 ヒートシンクが密着するように、パッドに十分な厚さを持たせるようにします。ただし元通りに組み付ける必要があるため、厚くなり過ぎないようにします。
    • ここでは、分厚い放熱パッドをMacBookのヒートシンクと上部ケースの間に挟み込み、さらに各ヒートシンクの上にも放熱パッドを貼り付け、底部カバーと接触させることが目標となります。これにより、デバイスから伝わった熱が効果的に放散され、ボディ全体が1つの大きなヒートシンクとなります。

    • 私の使用しているmid-2010 15 inch MBPでは、2 ㎜厚の放熱パッド3枚を、中央のヒートシンクと左右のヒートシンクの下に1枚ずつ使用し、さらにその上に1枚ずつパッドを貼り付けて、底部カバーと接触させる必要がありました。

    • ヒートシンクが密着するように、パッドに十分な厚さを持たせるようにします。ただし元通りに組み付ける必要があるため、厚くなり過ぎないようにします。

終わりに

ここから分解ガイドを逆に実行して、MacBookを元通りに組み立てます。万一の不具合に備えて、負荷の高いアプリケーションを実行する前には、必ずシステム温度を監視してください。

12 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

prednin5mgさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Dan

メンバー登録日: 2014年10月22日

2,022 ポイント

3のガイドは作成済み

コメント1件

This ist crazy.

Went from 55 idle to 30 idle and a top end of 83°c instead of throttling.

(13” retina macbook pro)

Peter Nemeth - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 4

過去 7 日: 30

過去 30 日: 164

今までの合計 10,504