メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドを参照して、上部ケースを交換しましょう。

  1. 作業を始める前に、MacBookの電源を落として下さい。ディスプレイを閉じ柔らかい表面の上に置いてください。
    • 作業を始める前に、MacBookの電源を落として下さい。ディスプレイを閉じ柔らかい表面の上に置いてください。

    • P5ペンタローブドライバーを使って、下部ケースをはずしてください。ネジは次の長さに分かれます。

    • 9mm ネジー 2本

    • 2.6mm ネジー 8本

  2. ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。
    • ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。

    • 下部ケースを取り外して脇に置きます。

  3. 作業中に電源がオンにならないようにするには、バッテリーを外すことをお勧めします。 バッテリーコネクターに取り付けられた透明なプラスチック製のプルタブを掴み、Airの前端に向かって引っ張り、バッテリーをロジックボードから外します。
    • 作業中に電源がオンにならないようにするには、バッテリーを外すことをお勧めします。

    • バッテリーコネクターに取り付けられた透明なプラスチック製のプルタブを掴み、Airの前端に向かって引っ張り、バッテリーをロジックボードから外します。

    • コネクターの接続を外すときは、コネクターソケットにダメージを与えてしまう可能性があるためコネクターを上に持ち上げないでください。

  4. スパッジャーの平面側先端を使って、I/O ボード上のソケットからI/O ボードケーブルのコネクタを跳ね上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/O ボード上のソケットからI/O ボードケーブルのコネクタを跳ね上げます。

  5. ファン上部に固定された接着剤からゆっくりと丁寧にI/O ボードケーブルを解放します。
    • ファン上部に固定された接着剤からゆっくりと丁寧にI/O ボードケーブルを解放します。

    • 再組み立ての際は、このケーブルが正しい方向に装着されているか確認してください。逆向きでも装着できますが、ラップトップが起動しません。

  6. 次のコネクターのソケットは特に深くなっています。このソケットから接続を外す際はご注意ください。 スパッジャーの平面側先端を使って、I / Oボードのケーブルをロジックボードの接続部付近に向けてゆっくりと跳ね上げます。コネクタの両側から上向きに押し上げて、ソケットから外します。
    • 次のコネクターのソケットは特に深くなっています。このソケットから接続を外す際はご注意ください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、I / Oボードのケーブルをロジックボードの接続部付近に向けてゆっくりと跳ね上げます。コネクタの両側から上向きに押し上げて、ソケットから外します。

    • I/O ボードケーブルを取り出します。

  7. スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルZIFソケット上の固定フラップを跳ね上げて、裏返します。
    • スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルZIFソケット上の固定フラップを跳ね上げて、裏返します。

    • 蝶番状の固定フラップのみをこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。

  8. ファンの上部に付けられた接着剤から、ゴム製ガスケットを剥がします。
    • ファンの上部に付けられた接着剤から、ゴム製ガスケットを剥がします。

  9. 上部ケースとファンを固定している次の3つのネジを外します。
    • 上部ケースとファンを固定している次の3つのネジを外します。

    • 3.6 mm T5トルクスネジー1本

    • 2.7 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.6 mm T5トルクスネジ(小サイズ)ー1本

  10. I/Oボード側からファンを持ち上げ、上部ケースよりファンを引っ張り、取り出します。 ファンを取り出すときは、ファンのリボンケーブルの接続を外します。ケーブルを他のコンポーネントに引っかけないようご注意ください。
    • I/Oボード側からファンを持ち上げ、上部ケースよりファンを引っ張り、取り出します。

    • ファンを取り出すときは、ファンのリボンケーブルの接続を外します。ケーブルを他のコンポーネントに引っかけないようご注意ください。

  11. I/Oボードのパワーケーブルをロジックボード上のソケットから引き抜き、接続を外します。
    • I/Oボードのパワーケーブルをロジックボード上のソケットから引き抜き、接続を外します。

    • ケーブルをAirの右側端に向かって、ロジックボードの表面と平行に引っ張ります。

  12. スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーのケーブルコネクタの接続を外し、I/Oボード上のソケットから取り出します。 ワイヤーの下から差し込んで、跳ね上げてください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーのケーブルコネクタの接続を外し、I/Oボード上のソケットから取り出します。

    • ワイヤーの下から差し込んで、跳ね上げてください。

  13. スパッジャーの先端を使って、マイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを丁寧に跳ね上げます。 固定フラップを跳ね上げてください。ソケット自体には接触しないでください。
    • スパッジャーの先端を使って、マイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを丁寧に跳ね上げます。

    • 固定フラップを跳ね上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

  14. I/Oボードと上部ケースを固定している3.6 mm T5トルクスネジを1本外します。
    • I/Oボードと上部ケースを固定している3.6 mm T5トルクスネジを1本外します。

  15. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  16. I/Oボード上のくぼみからカメラケーブルを丁寧に巻き戻します。そしてスパッジャーの先端を使って、邪魔にならない位置に固定します。 I/Oボード上のくぼみからカメラケーブルを丁寧に巻き戻します。そしてスパッジャーの先端を使って、邪魔にならない位置に固定します。
    • I/Oボード上のくぼみからカメラケーブルを丁寧に巻き戻します。そしてスパッジャーの先端を使って、邪魔にならない位置に固定します。

  17. I/Oボードをロジックボードより持ち上げて、上部ケースから解放します。
    • I/Oボードをロジックボードより持ち上げて、上部ケースから解放します。

    • I/Oボードを取り出すには、マイクリボンケーブルの接続を外さなければなりません。ケーブルを他のコンポーネントに引っかけないようご注意ください。

  18. 上部ケースにバッテリーを固定している次の5本のネジを外します。
    • 上部ケースにバッテリーを固定している次の5本のネジを外します。

    • 6.3mm T5トルクスネジー3本

    • 2.4mm T5トルクスネジー2本

  19. バッテリーを取り扱う際は、4つの露出しているリチウムイオンバッテリーセルを触ったり、握ったりしないでください。
    • バッテリーを取り扱う際は、4つの露出しているリチウムイオンバッテリーセルを触ったり、握ったりしないでください。

    • ロジックボード付近の端からバッテリーを持ち上げて、上部ケースより取り出します。

  20. ディスプレイデータケーブルのロックに固定されているプラスチックのプルタブを摘み、コンピューターの上部に向けて回転させます。 ディスプレイデータケーブルのロックに固定されているプラスチックのプルタブを摘み、コンピューターの上部に向けて回転させます。
    • ディスプレイデータケーブルのロックに固定されているプラスチックのプルタブを摘み、コンピューターの上部に向けて回転させます。

  21. デイスプレイデータケーブルのコネクタを、ソケットからまっすぐ引き抜きます。 ロジックボードとコネクタを並行に引っ張ってください。ソケットから上に持ち上げないでください。
    • デイスプレイデータケーブルのコネクタを、ソケットからまっすぐ引き抜きます。

    • ロジックボードとコネクタを並行に引っ張ってください。ソケットから上に持ち上げないでください。

  22. スパッジャーの平面側先端を使って、 AirPort/Bluetoothカード上のソケットから両方のアンテナケーブルコネクタを持ち上げます。 スパッジャーの平面側先端を使って、 AirPort/Bluetoothカード上のソケットから両方のアンテナケーブルコネクタを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、 AirPort/Bluetoothカード上のソケットから両方のアンテナケーブルコネクタを持ち上げます。

  23. スパッジャーの先端を使って、カメラケーブルコネクタの接続を外します。 コネクタの片側をまず押さえて、それからもう一方を押さえます。ソケットからゆっくりと外していきます。
    • スパッジャーの先端を使って、カメラケーブルコネクタの接続を外します。

    • コネクタの片側をまず押さえて、それからもう一方を押さえます。ソケットからゆっくりと外していきます。

    • カメラケーブルをI/Oボードの表面と並行に、本体の前面端に向けて引っ張り、接続を外します。

    • このケーブルの接続を外す際は、上向きに持ち上げないでください。ソケットがロジックボードより外れてしまい、破損してしまいます。

  24. スパッジャーもしくは爪先を使って、トラックパッドのリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを持ち上げます。 ソケット自体ではなく、ヒンジの付いた固定フラップをこじ開けてください。
    • スパッジャーもしくは爪先を使って、トラックパッドのリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、ヒンジの付いた固定フラップをこじ開けてください。

    • トラックパッドのリボンケーブルを、Air本体の前面端に向けてソケットからまっすぐ引き抜きます。

  25. スパッジャーの先端を使って、キーボードバックライトのリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 ヒンジの付いた固定フラップのみをこじ開けてください。ソケットには接触しないでください。 スパッジャーを使って、キーボードのバックライトリボンケーブルをソケットから引き抜きます。
    • スパッジャーの先端を使って、キーボードバックライトのリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • ヒンジの付いた固定フラップのみをこじ開けてください。ソケットには接触しないでください。

    • スパッジャーを使って、キーボードのバックライトリボンケーブルをソケットから引き抜きます。

  26. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードのソケットから右側スピーカーのケーブルコネクタを持ち上げて、接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードのソケットから右側スピーカーのケーブルコネクタを持ち上げて、接続を外します。

    • ケーブルの下側からこじ開けてください。

  27. 上部ケースにロジックボードを固定している、6.3mmT5トルクスネジを6本外します。
    • 上部ケースにロジックボードを固定している、6.3mmT5トルクスネジを6本外します。

    • あるモデルでは、ここに4.1mm T5トルクスネジが使用されていることがあります。

  28. アンテナケーブルリテイナーと左側のクラッチヒンジを上部ケースに固定している、内側の4.9mm T8トルクスネジを2本外します。
    • アンテナケーブルリテイナーと左側のクラッチヒンジを上部ケースに固定している、内側の4.9mm T8トルクスネジを2本外します。

  29. アンテナケーブルのリテイナーをわずかに押し出して、上部ケースとヒートシンクの先端を固定している3mm T5トルクスネジを外します。
    • アンテナケーブルのリテイナーをわずかに押し出して、上部ケースとヒートシンクの先端を固定している3mm T5トルクスネジを外します。

  30. スパッジャーの平面側先端を右側スピーカーの下にスライドして差し込み、接着剤を緩めます。 右側スピーカーを、上部ケースから取り出します。 右側スピーカーを、上部ケースから取り出します。
    • スパッジャーの平面側先端を右側スピーカーの下にスライドして差し込み、接着剤を緩めます。

    • 右側スピーカーを、上部ケースから取り出します。

  31. 慎重にロジックボードアセンブリを上部ケースから取り出します。ケーブルが絡んでいないかご注意ください。 再組み立ての注意:
    • 慎重にロジックボードアセンブリを上部ケースから取り出します。ケーブルが絡んでいないかご注意ください。

    • 再組み立ての注意:

    • ボードから緩いケーブルを離して、ボードの下に挟まらないようにします。

    • 2番目の画像でハイライトされているように、アンテナケーブルがそれぞれの切り欠きに挿入されているか確認します。

  32. 右側ディスプレイのヒンジを上部ケースに固定している4.9mm T8トルクスネジのうち、内側の2本を外します。
    • 右側ディスプレイのヒンジを上部ケースに固定している4.9mm T8トルクスネジのうち、内側の2本を外します。

    • ここでは3番目のネジは残しておきます。先の作業で役立つためです。

  33. ディスプレイを、上部ケースに対して直角に開きます。そして画像にあるように、テーブル上に配置します。
    • ディスプレイを、上部ケースに対して直角に開きます。そして画像にあるように、テーブル上に配置します。

  34. Airを手で固定しながら、残りの4.9mm T8トルクスネジをディスプレイブラケットから外します。
    • Airを手で固定しながら、残りの4.9mm T8トルクスネジをディスプレイブラケットから外します。

  35. コンピューターを裏返します。最後のディスプレイ用ネジにアクセスしやすくなります。
    • コンピューターを裏返します。最後のディスプレイ用ネジにアクセスしやすくなります。

    • 最後のディスプレイ用ネジを外す前に、ディスプレイと上部ケースを片手でしっかりと固定してください。コンポーネントをテーブル上に落下してしまうと、高額な修理に至る可能性があります。

    • 上部ケースにディスプレイを固定している、最後の4.9mm T8トルクスネジを外します。

  36. ヒンジが切り欠きからスライドして出てくるまで、Airをゆっくりと開きます。 2つのディスプレイヒンジが上部ケースから外れたら、ディスプレイを取り出して、安全な場所に保管します。 2つのディスプレイヒンジが上部ケースから外れたら、ディスプレイを取り出して、安全な場所に保管します。
    • ヒンジが切り欠きからスライドして出てくるまで、Airをゆっくりと開きます。

    • 2つのディスプレイヒンジが上部ケースから外れたら、ディスプレイを取り出して、安全な場所に保管します。

  37. スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーを上部ケースに留めている接着剤から持ち上げます。 上部ケースから左側スピーカーを取り外します。 上部ケースから左側スピーカーを取り外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーを上部ケースに留めている接着剤から持ち上げます。

    • 上部ケースから左側スピーカーを取り外します。

  38. スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケースの左側にマイクロフォンを固定している接着剤を剥がします。 必要に応じて、iOpenerもしくはヘアドライヤーを使って、接着剤を若干温めると作業がしやすくなります。 上部ケースからマイクロフォンを取り出します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケースの左側にマイクロフォンを固定している接着剤を剥がします。

    • 必要に応じて、iOpenerもしくはヘアドライヤーを使って、接着剤を若干温めると作業がしやすくなります。

    • 上部ケースからマイクロフォンを取り出します。

  39. スパッジャーもしくは指先を使って、トラックパッドのリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 ソケット自体ではなく、ヒンジの付いた固定フラップをこじ開けてください。 トラックパッドのリボンケーブルを、Airの前面端に向けて、ソケットからまっすぐ引き抜きます。
    • スパッジャーもしくは指先を使って、トラックパッドのリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、ヒンジの付いた固定フラップをこじ開けてください。

    • トラックパッドのリボンケーブルを、Airの前面端に向けて、ソケットからまっすぐ引き抜きます。

  40. スパッジャーの先端もしくは指先を使って、キーボードのリボンケーブルを片手で慎重に持ち上げながら、キーボードリボンケーブルのZIFソケットから固定フラップを持ち上げます。 ヒンジの付いた固定フラップをこじ開けてください。ソケットには接触しないでください。
    • スパッジャーの先端もしくは指先を使って、キーボードのリボンケーブルを片手で慎重に持ち上げながら、キーボードリボンケーブルのZIFソケットから固定フラップを持ち上げます。

    • ヒンジの付いた固定フラップをこじ開けてください。ソケットには接触しないでください。

    • キーボードのリボンケーブルを、Airの前面端に向けてソケットから引き抜きます。

  41. 次の7本のネジを外します。
    • 次の7本のネジを外します。

    • 上部ケースにトラックパッドを固定している1.6mm プラスネジを6本外します。

    • 上部ケースの前面端付近のホールから1.4mm T5トルクス止めネジを1本外します。

    • 再組み立ての際は、ボタンが特定のポイントでクリックしなくなるため、止めネジを締めすぎないようにご注意ください。 トラックパッドの可動側の遊びが最小になるまで、止めネジを調整します。

  42. キーボードに最も近いトラックパッドの端を上部ケースの奥から持ち上げて、上部ケースに装着したブラケットから外します。 上部ケースからトラックパッドを取り出します。 上部ケースが残ります。
    • キーボードに最も近いトラックパッドの端を上部ケースの奥から持ち上げて、上部ケースに装着したブラケットから外します。

    • 上部ケースからトラックパッドを取り出します。

    • 上部ケースが残ります。

終わりに

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

49 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

635,876 ポイント

1,203のガイドは作成済み

7 件のコメント

Hello all,

Could someone confirm if a upper case with keyboard from A1466 mid 2012 will fit well in A1466 mid 2013?

Thanks!

Nikolay Petrov - 返信

Very helpful. Step 29 seems to duplicate step 17.

Jason Buchanan - 返信

Step 29 is taking out the speakers. Step 17 is taking out the battery.

mel -

what type of adhesive do you need to reattach all of the stuff that was pried off? Or do you not need one?

Chi Nguyen - 返信

Awesome guide! A++. Swapped out the keyboard first try :)

Matt Hosburgh - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 18

過去 7 日: 93

過去 30 日: 371

今までの合計 40,288