メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを参照して、ロジックボードを完全に交換しましょう。

  1. 作業を始める前に、デバイスの電源を切り、デバイス本体を閉じて裏返し、タオルなど柔らかい表面上に載せてください。
    • 作業を始める前に、デバイスの電源を切り、デバイス本体を閉じて裏返し、タオルなど柔らかい表面上に載せてください。

    • 次のネジを10本外します。

    • 9 mm 星形ペンタローブネジー2本

    • 2.6 mm 星形ペンタローブネジー8本

    • この星形ペンタローブネジを外すには特殊ドライバーが必要です。こちらからご購入できます。

  2. 指をディスプレイと下部ケースの間に差し込み、Airから下部ケースを持ち上げます。
    • 指をディスプレイと下部ケースの間に差し込み、Airから下部ケースを持ち上げます。

    • 下部ケースを取り出して、傍に置きます。

  3. 念のため放電を避けるため、ロジックボードからバッテリコネクタを外すことをお勧めします。 この手順はオプションであり、必須ではありません。
    • 念のため放電を避けるため、ロジックボードからバッテリコネクタを外すことをお勧めします。 この手順はオプションであり、必須ではありません。

    • バッテリコネクタに付いている透明プラスチックのプルタブをつかみ、Airの前方に向けて引っ張り、ロジックボードからバッテリーを外します。

    • コネクタを外すときにコネクタを上に持ち上げないでください。

  4. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットからI/Oボードケーブルコネクタを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットからI/Oボードケーブルコネクタを持ち上げます。

  5. 次のコネクタには特にディープソケットが付いています。接続を外す際は、慎重に作業を行なってください。 I/O ボードケーブルをファン上部から慎重に剥がします。
    • 次のコネクタには特にディープソケットが付いています。接続を外す際は、慎重に作業を行なってください。

    • I/O ボードケーブルをファン上部から慎重に剥がします。

    • 慎重にロジックボードに接続された付近のI/O ボードケーブルを上方に引き上げながら、スパッジャーの先端を使って、ソケットからコネクタ両側を上側に少しずつこじ開けて外します。

    • I/O ボードケーブルを外します。

  6. スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、ヒンジの固定フラップをこじ開けているか確認してください。

  7. ファン上部の接着剤からゴム製ガスケットを剥がします。
    • ファン上部の接着剤からゴム製ガスケットを剥がします。

  8. 上部ケースにファンを固定している3本のネジを外します。
    • 上部ケースにファンを固定している3本のネジを外します。

    • 3.6 mm T5トルクスネジー1本

    • 2.7 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.6 mm T5トルクスネジ(小頭ネジ)ー1本

  9. 上部ケースからファンを持ち上げ、慎重にファンリボンケーブルのソケットからケーブルを外して、Airから取り出します。
    • 上部ケースからファンを持ち上げ、慎重にファンリボンケーブルのソケットからケーブルを外して、Airから取り出します。

  10. ロジックボード上のソケットから電源ケーブルを引っ張り、I/Oボードの接続を外します。
    • ロジックボード上のソケットから電源ケーブルを引っ張り、I/Oボードの接続を外します。

    • ケーブルをAir本体右側端に向けて、ロジックボードの表面に並行してケーブルを引きます。

  11. スパッジャーの先端を使って、コネクタをソケットから押し出しながら、カメラケーブルをI / Oボードの面と平行にAirの角に向かって引き、ソケットから外します。
    • スパッジャーの先端を使って、コネクタをソケットから押し出しながら、カメラケーブルをI / Oボードの面と平行にAirの角に向かって引き、ソケットから外します。

    • このケーブルを取り外すときは、このケーブルを上に持ち上げないでください。ソケットがロジックボードから外れる恐れがあります。

  12. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーのケーブルコネクタを跳ね上げます。 ワイヤの下から引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーのケーブルコネクタを跳ね上げます。

    • ワイヤの下から引き上げます。

    • I/Oボード上のリテイナーから左側スピーカーケーブルを巻き戻します。

  13. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットよりマイクケーブルコネクタを跳ね上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットよりマイクケーブルコネクタを跳ね上げます。

    • ワイヤの下から引き上げてください。

  14. I/Oボードを上部ケースに固定している3.6 mm T5トルクスネジを1本外します。
    • I/Oボードを上部ケースに固定している3.6 mm T5トルクスネジを1本外します。

  15. 上部ケースからロジックボード付近の端からI/Oボードを慎重に持ち上げ、取り出します。
    • 上部ケースからロジックボード付近の端からI/Oボードを慎重に持ち上げ、取り出します。

  16. 上部ケースにバッテリーを固定している5本のネジを外します。
    • 上部ケースにバッテリーを固定している5本のネジを外します。

    • 6.3 mm T5トルクスネジー3本

    • 2.4 mm T5 トルクスネジー2本

  17. バッテリーを取り扱う際は、露出した4つのリチウムポリマーセルを触ったり、握らないようご注意ください。
    • バッテリーを取り扱う際は、露出した4つのリチウムポリマーセルを触ったり、握らないようご注意ください。

    • ロジックボード付近の端からバッテリーを持ち上げて、上部ケースから取り出します。

  18. スパッジャーの先端もしくは指先を使って、トラックパッドのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 ソケット自体ではなく、ヒンジのついた固定プラップをこじ開けているか確認してください。
    • スパッジャーの先端もしくは指先を使って、トラックパッドのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、ヒンジのついた固定プラップをこじ開けているか確認してください。

    • トラックパッドのリボンケーブルをAirの正面端に向けて、ソケットからまっすぐ引き抜きます。

  19. スパッジャーの平面側先端を使って、右側スピーカーのケーブルコネクタを持ち上げて、ロジックボード上のソケットから外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、右側スピーカーのケーブルコネクタを持ち上げて、ロジックボード上のソケットから外します。

    • ケーブルの下からこじ開けます。

  20. 慎重にスパッジャーの先端を、ディスプレイケーブルのロックに繋がっている黒いプラスチックのフラップを押し込んで、ロックを上に跳ね上げて、ソケットから外します。 ロックをソケットから離しながら、スパッジャーの先端もしくは指先を使って、Airのコーナーに向けてスライドしながら、ソディスプレイデータケーブルをソケットから慎重に外します。
    • 慎重にスパッジャーの先端を、ディスプレイケーブルのロックに繋がっている黒いプラスチックのフラップを押し込んで、ロックを上に跳ね上げて、ソケットから外します。

    • ロックをソケットから離しながら、スパッジャーの先端もしくは指先を使って、Airのコーナーに向けてスライドしながら、ソディスプレイデータケーブルをソケットから慎重に外します。

    • ディスプレイデータケーブルの接続を外す際に、ソケットを上向きに引っ張らないでください。ソケットがロジックボードにダメージを与えてしまうことがあります。

  21. スパッジャーの平面側先端を使って、両側のアンテナケーブルコネクタをこじ開けて、AirPort/Bluetoothカードから外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、両側のアンテナケーブルコネクタをこじ開けて、AirPort/Bluetoothカードから外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、両側のアンテナケーブルコネクタをこじ開けて、AirPort/Bluetoothカードから外します。

  22. 慎重に、アンテナケーブルをロジックボード中にある切り欠きを通して外します。
    • 慎重に、アンテナケーブルをロジックボード中にある切り欠きを通して外します。

  23. ロジックボードにSSDを固定している、2.85 mm T5トルクネジを1本外します。
    • ロジックボードにSSDを固定している、2.85 mm T5トルクネジを1本外します。

  24. SSDの先端を過度に持ち上げないでください。
    • SSDの先端を過度に持ち上げないでください。

    • ドライブをソケットから引き抜いて、ロジックボードから取り出します。

    • 固定ネジを取り付ける前に、SSDが正しい位置に揃っているか確認してください。

  25. 上部ケースにロジックボードを固定している6.3 mm T5 トルクネジを6本外します。
    • 上部ケースにロジックボードを固定している6.3 mm T5 トルクネジを6本外します。

  26. アンテナケーブルのリテイナーと左側のクラッチヒンジを上部ケースに固定している4.9 mm T8トルクネジの内側2本を外します。
    • アンテナケーブルのリテイナーと左側のクラッチヒンジを上部ケースに固定している4.9 mm T8トルクネジの内側2本を外します。

  27. アンテナケーブルのリテイナーをわずかに押し出して、上部ケースにヒートシンクの先端を固定している3 mm T5 トルクネジを1本外します。
    • アンテナケーブルのリテイナーをわずかに押し出して、上部ケースにヒートシンクの先端を固定している3 mm T5 トルクネジを1本外します。

  28. アンテナケーブルを作業の邪魔にならない位置に固定して、ロジックボードのヒートシンクの端を持ち上げて上部ケースから外します。
    • アンテナケーブルを作業の邪魔にならない位置に固定して、ロジックボードのヒートシンクの端を持ち上げて上部ケースから外します。

  29. ケーブルが巻き込まれないよう注意しながら、上部ケースからロジックボードアセンブリを注意深く取り外します。
    • ケーブルが巻き込まれないよう注意しながら、上部ケースからロジックボードアセンブリを注意深く取り外します。

  30. AirPort/Bluetoothカードをロジックボードに固定している2.9mm T5トルクスネジを1本外します。
    • AirPort/Bluetoothカードをロジックボードに固定している2.9mm T5トルクスネジを1本外します。

  31. AirPort/Bluetoothボードの解放側をわずかに持ち上げて、ロジックボード上のソケットから引き抜きます。
    • AirPort/Bluetoothボードの解放側をわずかに持ち上げて、ロジックボード上のソケットから引き抜きます。

    • AirPort/Bluetoothボードをロジックボードから外します。

  32. ヒートシンクをロジックボードに固定している2.5mm T5トルクスネジを8本外します。
    • ヒートシンクをロジックボードに固定している2.5mm T5トルクスネジを8本外します。

    • 8本のネジをすべて取り外した後、ヒートシンクがロジックボードに装着されたままの場合、スパッジャーを使ってヒートシンクをCPUとGPU側から慎重に乖離します。

    • ロジックボードからヒートシンクを取り出します。

    • ヒートシンクを装着する時は、必ず放熱グリスを新しく塗布してください。 使用したことがない方向けに、簡単なガイドを用意しています。

  33. ロジックボードからゴム製ファンガスケットを取り外します。
    • ロジックボードからゴム製ファンガスケットを取り外します。

    • ロジックボードが残ります。

  34. これらの画像は、再組み立て時のゴム製ファンガスケットを取り付ける方法を示しています。 上部ケースにネジで固定されているヒートシンク先端の下にガスケットを取り付けないでください。 さらに、ゴム製ガスケット上に付けられた小さなポストが、ロジックボード右上のコーナーに切り込まれたホールと位置が合わさっているか確認してください。
    • これらの画像は、再組み立て時のゴム製ファンガスケットを取り付ける方法を示しています。 上部ケースにネジで固定されているヒートシンク先端の下にガスケットを取り付けないでください。

    • さらに、ゴム製ガスケット上に付けられた小さなポストが、ロジックボード右上のコーナーに切り込まれたホールと位置が合わさっているか確認してください。

終わりに

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

32 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Bookholt

561,915 ポイント

618のガイドは作成済み

4 件のコメント

Can I use a later model logic board in the 2010 model?

Albert Einstein - 返信

Later models logic board have connection for backlit keyboard next to battery connector. Also different shaped right speaker

Brendan Vandervliet -

Please be so nice and let me know if logic board replacement at my late 2010 with 2G RAM in to the same model but with 4G RAM, will give me visible, tangible nice results, that the speed is improved ? It should but can someone confirm it ?

Artur - 返信

Hi Artur,

TL;DR: Yes!

If you have a look in the “activity monitor” unter memory, you will find that with just 2GB of RAM, OS X will almost always use some “Swap” memory, which means, it has to offload files from the RAM to the HDD (SDD). Whenever this happens, the system will get a lot less responsive, since moving files from the RAM to the SSD and back is a lot slower, than just reading/writing from/to the RAM. In my experience, with 2GB this happens all the time, whereas with 4GB, you have to run a number of programs at once, until that happens.

To be clear: 4GB will not suddenly make this a fast machine, it’s still a 10+ years als Core2Duo, but it will be a lot more responsive and usable with 4GB in it. The replacement process is relatively easy, as you can see in the guide, as long as you got the right screwdrivers. If you can get a 4 GB board for a decent price, give it a try!

NebukadV -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 2

過去 7 日: 15

過去 30 日: 60

今までの合計 50,138