はじめに

MacBook Air 11" Late 2010のロジックボードを交換するにはこのガイドを使用してください。ヒートシンクを再度取り付ける前に放熱グリスを使用してください。

  1. 作業を始める前に、コンピュータを閉じて、柔らかい表面の上に置いてください。
    • 作業を始める前に、コンピュータを閉じて、柔らかい表面の上に置いてください。

    • 次の10本のネジを取り外します。

      • 8mm 星形ペンタロープネジ 2本

      • 2.5mm 星形ペンタロープネジ 8本

    • 8本の星形ペンタローブネジを取り外すために必要な特殊ドライバーは、こちらです。

  2. ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。
    • ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。

    • 下部ケースを取り外して脇に置きます。

    • このステップでは、作業中に接触して他の部品にショートさせるのを避けるためバッテリーを外します。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、バッテリーコネクターの短辺両側を上に持ち上げます。

    • コネクターが不意にソケットに接触しないよう、バッテリーケーブルをロジックボードから離すように少し曲げます。

    • SSDをロジックボードに固定している1つの2.9 mm T5トルクスネジを取り外します。

    • 一方の手でSSDを掴み引き上げて、スパッジャーを使って差し込み、SSDの解放側を持ち上げます。

      • SSDを過剰に高くまで持ち上げないで下さい。

    • ドライブをソケットからまっすぐ引いてロジックボードから取り外します。

    • SSDを再装着する際は固定ネジを取り付ける前に、SSDが正しい位置に取り付けられているか確認してください。

    • スパッジャーの平坦側を使いI/Oボードケーブルコネクターを持ち上げI/Oボード上のソケットから外します。

    • 下記のコネクターは特に深いソケットなので取り外す際には注意してください。

    • I/Oボードケーブルのロジックボード接続部付近を徐々に引き上げながら、スパッジャーの先端を使いコネクターの反対側を持ち上げソケットから抜けるようにしてください。

    • I/Oボードケーブルを取り外します。

    • スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルZIFソケットの保持フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、ヒンジのある保持フラップを持ち上げているか確認してください。

    • ファンを天蓋に固定している下記の3つのネジを取り外します。

      • 2つの5.2 mm T5 トルクスネジ

      • 1つの3.6 mm T5 トルクスネジ

    • 天蓋からファンを持ち上げてゆっくりとファンのリボンケーブルをソケットから引きながら、同時にファンを取り出します。

    • バッテリを上部ケースに固定している以下の5本のネジを外します:

      • 5.2 mm T5トルクスねじ(六角星ねじ) 2本

      • 6 mm T5トルクスねじ(六角星ねじ) 1本

      • 2.6 mm T5トルクスねじ(六角星ねじ) 2本

    • バッテリーを取り外す時は、6つのリチウムポリマー電池部分を握ったり触ったりしないでください。

    • バッテリーをロジックボードに近い上端から持ち上げ、上部ケースから取り外します。

    • 基板上のソケットから電源ケーブルを引き抜いて、I/Oボードを切り離します。

    • ケーブルは基板の面と平行に本体の正面側端に向かって引いてください。

    • スパッジャーの先端または爪を使って、トラックパッドリボンケーブルZIFソケットの保持フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、ヒンジのある保持フラップを持ち上げているか確認してください。

    • トラックパッドリボンケーブルを本体の前面方向に真っ直ぐ引きソケットから抜きます。

    • スパッジャーの先端を使い、右スピーカーケーブルを基板の切り込みから巻き戻して外します。

    • スパッジャーの平坦側を使い、右スピーカーケーブルのコネクターを基板上のソケットから接続を持ち上げ外します。

    • ワイヤの下から持ち上げます。

    • スパッジャーの先端を黒いプラスチックフラップの下に差し込んで、ディスプレイデータケーブルの方向に押しロックを跳ね上げます。

    • ロックを押さえながらスパッジャーの先端と指を使ってディスプレイデータケーブルをソケットから丁寧に外します。

    • ディスプレイデータケーブルを上に引きながら抜かないで下さい。ソケットが基盤から切断することがあります。

    • 小サイズのゴム製ガスケットをディスプレイデータケーブルに近い上部ケースの角から取り外します。

    • スパッジャーの平坦側を使い、両アンテナケーブルコネクターをAirPort/Bluetoothカード上のソケットから外します。

    • 丁寧に、アンテナケーブルを基板の切り込みから外します。

    • ロジックボードを上部ケースに固定している3つの3.6 mm T5トルクスネジを取り外します。

    • 壊れやすいヒートシンクとケーブルが引っ掛らないように注意しながら、基板アセンブリを上部ケースから慎重に取り外します。

    • AirPort/Bluetoothカードをロジックボードに固定している1つの2.9 mm T5トルクスネジを取り外します。

    • AirPort/Bluetoothボードの解放側を少し持ち上げロジックボードのソケットから引きます。

    • AirPort/Bluetoothボードをロジックボードから取り外します。

    • ヒートシンクを基板に固定している8つの2.5 mm T5トルクスネジを取り外します。

    • 8つのネジを外した後、ヒートシンクが基板にまだ付いている場合はスパッジャーを使ってCPUとGPUの面からヒートシンクを離してください。

    • 基板からヒートシンクを取り外します。

    • ロジックボードのみ残ります

    • ヒートシンクを再度取り付ける際、新しい放熱グリスを塗ってください。以前に放熱グリスを使用したことがなければ、ガイドを参照してください。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

20 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Bookholt

505,809 ポイント

618のガイドは作成済み

Another Great Guide by you guys! Thanks

ubenice - 返信

This Logic board is compatible with a macbook air 11inch 2011 model?

Aprimus - 返信

Just so you guys know I could successfully reaplace the A1370 Core2Duo Late 2010 board for a A1370 i7 Mid 2011 board. you are going to need the heatsink and battery from the newer model as well. the problem I am facing right now is the wifi/bluetooth antenna been too short for the new position of the airport card. as soon as I get a chance I'll try to re route the cables and try to fix it.

igorfeghali - 返信

Igorfeghali, another question: why do you need the battery too?

kautame -

Igorfeghali. was everything fine with your MacBook after you installed the Mid 2011 board? I'm interested in doing something like that. Did you use something like this

http://www.ebay.com/itm/181804089959

to extend your antenna cable?

kautame - 返信

統計データを表示:

過去 24時間: 8

過去 7 日: 45

過去 30 日: 177

今までの合計 30,033