メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドを使って、MacBook Air 11インチ Early 2014 ヒートシンクの交換をします。

ヒートシンクを再インストールする前に、新しく放熱グリスを塗布してください。

    • まず、コンピューターをシャットダウンし、柔らかい素材の表面上に天面を下にして置きます。

    • 以下の10本のネジを外します:

    • 星型ペンタローブネジ 8mm 2本

    • 星型ペンタローブネジ 2.5mm 8本

    • 星型ペンタローブネジを外す際に必要な特別ドライバーはこちらで購入できます。

  1. ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、下部ケースを引き上げて外します。
    • ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、下部ケースを引き上げて外します。

  2. 作業中に部品がショートするのを防ぐためにバッテリーを取り外します。 スパッジャーの平面側先端を利用し、バッテリーコネクターを持ち上げてロジックボードのソケットから外します。
    • 作業中に部品がショートするのを防ぐためにバッテリーを取り外します。

    • スパッジャーの平面側先端を利用し、バッテリーコネクターを持ち上げてロジックボードのソケットから外します。

    • ロジックボードから外したコネクターのケーブルをわずかに曲げて、コネクター部分が誤ってソケットに接触しないようにします。

  3. スパッジャーの先端を使って、iSightカメラケーブルのコネクタの両側を慎重に押さえて、ロジックボード上のソケットからコネクタの接続を緩めます。 ソケットからコネクタを外す際は、慎重にずらしながら作業を行なってください。
    • スパッジャーの先端を使って、iSightカメラケーブルのコネクタの両側を慎重に押さえて、ロジックボード上のソケットからコネクタの接続を緩めます。

    • ソケットからコネクタを外す際は、慎重にずらしながら作業を行なってください。

  4. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  5. ファンに留められた接着剤からiSightカメラケーブルを剥がします。 ファンに留められた接着剤からiSightカメラケーブルを剥がします。
    • ファンに留められた接着剤からiSightカメラケーブルを剥がします。

  6. スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを注意深く跳ね上げます。 ソケットではなく、蝶番で動く固定フラップのみを跳ね上げているか確認してください。
    • スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを注意深く跳ね上げます。

    • ソケットではなく、蝶番で動く固定フラップのみを跳ね上げているか確認してください。

  7. 上部ケースをファンに固定している次の3本のネジを外します。
    • 上部ケースをファンに固定している次の3本のネジを外します。

    • 5.5 mm T5トルクネジー2本

    • 4.6 mm T5トルクネジー1本

    • あるモデルによっては、このサイズの代わりに3.6 mm T5トルクネジが使用されています。

  8. ファンを持ち上げますが、上部ケースの底からファンを完全に取り出さないでください。 Airからファンを取り出す際に、ソケットからファンのリボンケーブルを慎重に引き抜いてください。 Airからファンを取り出す際に、ソケットからファンのリボンケーブルを慎重に引き抜いてください。
    • ファンを持ち上げますが、上部ケースの底からファンを完全に取り出さないでください。

    • Airからファンを取り出す際に、ソケットからファンのリボンケーブルを慎重に引き抜いてください。

  9. ヒートシンクをロジックボードに固定している2.5mm T5トルクスネジを4本外します。
    • ヒートシンクをロジックボードに固定している2.5mm T5トルクスネジを4本外します。

    • 4本全てのネジを外した後でも、ヒートシンクはロジックボードから外れない場合、スパッジャーを使って、ヒートシンクをCPUの表面から慎重に外してください。

    • ロジックボードからヒートシンクを取り出します。

    • ヒートシンクを再装着する際は、放熱グリスを新しく塗布してください。今まで放熱グリスを扱ったことがない方向けに、簡単に出来るガイドを用意しています。

終わりに

デバイスを再組立する際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

2 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Goldheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

414,069 ポイント

547のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

125 メンバー

11,822のガイドは作成済み

3 件のコメント

you should seriously note the danger of the cpu screw holders. apple for some reason decided to attach the fricken screw receivers/standoffs via surface mount. they dont have a bottom cap either. use a screw slightly too long or turn too far and pop(screw pushes against motherboard and pops the holder off)... one corner is unable to be screwed in. ask me how i learned this...lol...I cant see how this design decision helps anything but apples wallet. the other side of the board has components smds as well so its not like a really short through hole was undo-able.

John W - 返信

There is step missing between 3 and 4. There is another ribbon cable over fan that is still there in step 3 but gone in step 4.

Bogdaniec Ze Zbyszka - 返信

The step 3 and 4, there should be a step removing the I/O cable. I/O cable must be removed or disassembled to access iSight camera cable. The I/O cable is covering the entire iSight cable, and without removing, accessing the iSight cable will extremely difficult.

ChiKen - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 3

過去 7 日: 14

過去 30 日: 45

今までの合計 2,980