メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使ってMac Mini Late 2012のiFixitのデュアルハードドライブキットをインストールしましょう。

  1. ボトムカバーのくぼみに親指を当てます。 ボトムカバーの白い点がアウターケース上の輪印に揃うまでボトムカバーを反時計回りに回します。
    • ボトムカバーのくぼみに親指を当てます。

    • ボトムカバーの白い点がアウターケース上の輪印に揃うまでボトムカバーを反時計回りに回します。

    • 回しているときに強く押さえる必要はありません。

  2. アウターケースからボトムカバーが外れるようにminiを傾けます。
    • アウターケースからボトムカバーが外れるようにminiを傾けます。

    • ボトムカバーを取り外します。

  3. アンテナプレート付近のファンをロジックボードに固定している2つの11.3 mm T6トルクスネジを外します。
    • アンテナプレート付近のファンをロジックボードに固定している2つの11.3 mm T6トルクスネジを外します。

  4. RAMに一番近い所のファンの耳を持ち上げ、アウターケースに固定されているスタンドオフから取り外します。
    • RAMに一番近い所のファンの耳を持ち上げ、アウターケースに固定されているスタンドオフから取り外します。

    • ファンを取り外すためにスタンドオフネジを外す必要はありません。スタンドオフネジから外すようにファンを持ち上げるだけです。

  5. コネクターにアクセスできるようmini本体からファンを持ち上げます。
    • コネクターにアクセスできるようmini本体からファンを持ち上げます。

    • ファンケーブルを慎重に上方に引き、ロジックボード上のソケットからファンコネクターを外します。

    • ファンを取り出します。

  6. カウリングをヒートシンクに固定している3.5 mm T6スクリューを1本、外します。
    • カウリングをヒートシンクに固定している3.5 mm T6スクリューを1本、外します。

  7. アンテナプレートに一番近い端からカウリングを持ち上げます。
    • アンテナプレートに一番近い端からカウリングを持ち上げます。

    • カウリングをアウターケースから外れるように回してmini本体から外します。

  8. 下記のアンテナプレートを固定している次のネジを外します:
    • 下記のアンテナプレートを固定している次のネジを外します:

    • 2本の6.6 mm T8 トルクスネジ

    • 2本の5.0 mm T8 トルクスネジ(スクリュードライバーでも可)

    • 再組み立ての際には:

    • アンテナプレートを正しい位置に装着しなければ、ハードディスクドライブを正しい位置で固定するのが難しくなります。ネジの穴がハードドライブ上のネジ穴に揃わない場合、ハードドライブ裏の2つのピンがケースの裏、セカンドハードディスクのハウジング上の穴にきちんと入っているか確認してください。

    • アンテナはハードドライブ(赤印)に直接取り付けられているため、アンテナの取り付けがハードドライブを動かしロジックボードとのケーブル接続を緩める事があります。

  9. アンテナプレートのRAMに一番近い側を少し持ち上げます。 慎重にアウターケースの縁からアンテナプレートを引いてください。
    • アンテナプレートのRAMに一番近い側を少し持ち上げます。

    • 慎重にアウターケースの縁からアンテナプレートを引いてください。

    • まだアンテナプレートを取り出さないでください。アンテナプレートはまだAirPort/ Bluetoothボードに接続されています。

  10. スパッジャーの先端を使って、アンテナコネクターの接続をAirPort/Bluetooth上のソケットから外します。
    • スパッジャーの先端を使って、アンテナコネクターの接続をAirPort/Bluetooth上のソケットから外します。

  11. アンテナプレートをmini本体から取り出します。
    • アンテナプレートをmini本体から取り出します。

  12. スパッジャーの平坦側を使い、ロジックボード上のソケットからハードドライブコネクタを持ち上げます。 スパッジャーの平坦側を使い、ロジックボード上のソケットからハードドライブコネクタを持ち上げます。
    • スパッジャーの平坦側を使い、ロジックボード上のソケットからハードドライブコネクタを持ち上げます。

  13. スパッジャーの先を使い、IRセンサーコネクターをロジックボードのソケットから持ち上げます。
    • スパッジャーの先を使い、IRセンサーコネクターをロジックボードのソケットから持ち上げます。

    • ソケットの下ではなくワイヤの下を持ち上げるように注意してください。

  14. PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る
  15. 下記の3つのネジを外します:
    • 下記の3つのネジを外します:

    • 1つの5.0 mm T8 トルクスまたは2.0 mm 六角ネジ(スクリュードライバーでも可)

    • 1つの16.2 mm T6トルクスネジ

    • 1つの26 mm T6スタンドオフネジ

  16. ロジックボードを取り外すには、Mac Mini Logic Board Removal Tool の2本の筒型の棒を赤でハイライトされた穴に挿入しなければなりません。それ以外の基板上の穴に工具を入れると故障を招く事があります。 Mac Mini Logic Board Removal Tool を赤でハイライトされた穴に挿入してください。工具が基盤の下のアウターケースに到達しているか確認してください。 慎重に工具をI/Oボード側に引っ張ります。基板とI/Oボードアセンブリはアウターケース外側にわずかに動きます
    • ロジックボードを取り外すには、Mac Mini Logic Board Removal Tool の2本の筒型の棒を赤でハイライトされた穴に挿入しなければなりません。それ以外の基板上の穴に工具を入れると故障を招く事があります。

    • Mac Mini Logic Board Removal Tool を赤でハイライトされた穴に挿入してください。工具が基盤の下のアウターケースに到達しているか確認してください。

    • 慎重に工具をI/Oボード側に引っ張ります。基板とI/Oボードアセンブリはアウターケース外側にわずかに動きます

    • I/Oボードがアウターケースから分離されているのが確認できたら、作業を止めてください。

    • Mac Mini Logic Board Removal toolを取り出します。

  17. 電源コネクターにアクセスできるようにI/Oボード/ロジックボードアセンブリをアウターケースから引き出します。
    • 電源コネクターにアクセスできるようにI/Oボード/ロジックボードアセンブリをアウターケースから引き出します。

    • 指を使って、DC-In ケーブルをロジックボードから外します。

    • 電源ケーブルコネクターを本体の前面に向かって引きます。

  18. ケーブルが引っ掛かっていないか注意しながら、慎重にロジックボードアセンブリを本体からスライドして、取り出します。
    • ケーブルが引っ掛かっていないか注意しながら、慎重にロジックボードアセンブリを本体からスライドして、取り出します。

  19. ハードドライブを本体の前面から引き出しアウターケースから取り外します。 再組立ての際、ハードドライブ内側の辺にはケースにはまる2つのピンがあります。穴はゴム製グロメットで囲まれており、ハードドライブが正しく設置されたか分かりにくい事があります。
    • ハードドライブを本体の前面から引き出しアウターケースから取り外します。

    • 再組立ての際、ハードドライブ内側の辺にはケースにはまる2つのピンがあります。穴はゴム製グロメットで囲まれており、ハードドライブが正しく設置されたか分かりにくい事があります。

    • ケースには2組の穴があります。ピンをケースの底に近い方の穴に差し込みます。

  20. 電源ユニットとハードドライブトレイをアウターケースに固定している7.9 mm T6トルクスネジを取り外します。
    • 電源ユニットとハードドライブトレイをアウターケースに固定している7.9 mm T6トルクスネジを取り外します。

    • 再組立ての際、ハードドライブに沿って搭載されているケーブルは電源ユニットの下に収納してください。ハードドライブを適切に固定することができます。またケーブルがあるとアンテナのネジ穴が揃わなくなります。

  21. シルバーメタル製のAC-Inソケット金属リテーナーをアウターケース側面から引き出し、miniから取り出します。 再組立て中、シルバークリップがACコネクター下部のエッジの両側を挟むことに注意してください。クリップを入れた際に突き当りますがカチッとはまることはありません。クリップが容易に動かなければ、正しく入ったことが分かります。 再組立て中、シルバークリップがACコネクター下部のエッジの両側を挟むことに注意してください。クリップを入れた際に突き当りますがカチッとはまることはありません。クリップが容易に動かなければ、正しく入ったことが分かります。
    • シルバーメタル製のAC-Inソケット金属リテーナーをアウターケース側面から引き出し、miniから取り出します。

    • 再組立て中、シルバークリップがACコネクター下部のエッジの両側を挟むことに注意してください。クリップを入れた際に突き当りますがカチッとはまることはありません。クリップが容易に動かなければ、正しく入ったことが分かります。

  22. AC-Inコネクターを90度反時計回りに回します。 AC-Inコネクターを90度反時計回りに回します。
    • AC-Inコネクターを90度反時計回りに回します。

  23. ケーブルが引っ掛からないように注意しながら電源ユニットをminiから引き出します。
    • ケーブルが引っ掛からないように注意しながら電源ユニットをminiから引き出します。

  24. ハードドライブトレイをアウターケースに固定している7.9mm T6トルクスネジを外します。
    • ハードドライブトレイをアウターケースに固定している7.9mm T6トルクスネジを外します。

  25. アウターケースからハードドライブトレイを取り外します。
    • アウターケースからハードドライブトレイを取り外します。

  26. 次の手順では、お持ちのMacに2つ目のハードドライブをつける方法を説明しています。
    • 次の手順では、お持ちのMacに2つ目のハードドライブをつける方法を説明しています。

    • 次の幾つかの手順では、赤色で囲まれている所にある穴に、はとめを取り付けます。

  27. グロメットをブラケットの内側から押し込みながら、ブラケットの側面にある穴にはめ込みます。 3枚目の写真のように、グロメットがブラケットにしっかりと嵌まっていることを確認してください。 残り3つのグロメットについても、ブラケットの両側に対して同じ手順を行います。
    • グロメットをブラケットの内側から押し込みながら、ブラケットの側面にある穴にはめ込みます。

    • 3枚目の写真のように、グロメットがブラケットにしっかりと嵌まっていることを確認してください。

    • 残り3つのグロメットについても、ブラケットの両側に対して同じ手順を行います。

  28. 4つのグロメットすべてを取り付けたブラケットは、この写真のようになります。
    • 4つのグロメットすべてを取り付けたブラケットは、この写真のようになります。

  29. リボンケーブルを点線に沿って折り曲げて、コネクタがソケットから外れにくくします。 SSDコネクタのところでリボンケーブルを90°折り曲げて、コネクタと平行になるようにします。
    • リボンケーブルを点線に沿って折り曲げて、コネクタがソケットから外れにくくします。

    • SSDコネクタのところでリボンケーブルを90°折り曲げて、コネクタと平行になるようにします。

  30. SSDコネクタの端を使用して、最初の大きな点線に沿ってケーブルを下方向に90°折り曲げます。 2番目の大きな点線に沿って、リボンケーブルを上方向に90°折り返します。
    • SSDコネクタの端を使用して、最初の大きな点線に沿ってケーブルを下方向に90°折り曲げます。

    • 2番目の大きな点線に沿って、リボンケーブルを上方向に90°折り返します。

  31. 最初の小さな点線の部分でリボンケーブルの両側を保持し、上方向に90°折り曲げます。 最初の小さな点線の部分でリボンケーブルの両側を保持し、上方向に90°折り曲げます。
    • 最初の小さな点線の部分でリボンケーブルの両側を保持し、上方向に90°折り曲げます。

  32. 2番目の小さい点線に沿って、リボンケーブルを下方向に90°折り曲げます。 2番目の小さい点線に沿って、リボンケーブルを下方向に90°折り曲げます。
    • 2番目の小さい点線に沿って、リボンケーブルを下方向に90°折り曲げます。

  33. キットに付属しているケーブルを2番目のハードドライブに接続します。当サイトの場合ではSSDを使用しています。
    • キットに付属しているケーブルを2番目のハードドライブに接続します。当サイトの場合ではSSDを使用しています。

    • ケーブルに角が丸くなった小さな黒いテープ片がついている場合は、これをハードドライブケーブルコネクタの上に取り付けて、コネクタをハードドライブのソケットに固定することができます。このテープ片は必須ではなく、取り付けなくてもマシンのパフォーマンスに悪影響が現れることはありません。

    • ケーブルをハードドライブに取り付ける前に、白い点線に沿って正しく折り曲げられていることを確認してください。これにより、ケーブルが正しい位置からずれにくくなります。

  34. T6トルクスドライバーを使用して、ロジックボードに接続するハードドライブケーブルの端部に最も近い、ハードドライブの側面に2本のネジを取り付けます。 ハードドライブ側面のネジ山が切ってある穴に到達するまで、ネジを締め付けます。正しく取り付けると3枚目の写真のようになります。 ハードドライブ側面のネジ山が切ってある穴に到達するまで、ネジを締め付けます。正しく取り付けると3枚目の写真のようになります。
    • T6トルクスドライバーを使用して、ロジックボードに接続するハードドライブケーブルの端部に最も近い、ハードドライブの側面に2本のネジを取り付けます。

    • ハードドライブ側面のネジ山が切ってある穴に到達するまで、ネジを締め付けます。正しく取り付けると3枚目の写真のようになります。

  35. 次の2つの手順では、ハードドライブをブラケットに取り付けます。 ハードドライブを挿入する際は、必ず3枚目の写真のように、ブラケットケーブルの側が上を向き、SATAコネクタがブラケットの突出部に最も近くなるように配置してください。 2番目の写真のように、固定ネジをブラケットのグロメットに押し込み、ハードドライブを下から上にブラケットに取り付けます。
    • 次の2つの手順では、ハードドライブをブラケットに取り付けます。

    • ハードドライブを挿入する際は、必ず3枚目の写真のように、ブラケットケーブルの側が上を向き、SATAコネクタがブラケットの突出部に最も近くなるように配置してください。

    • 2番目の写真のように、固定ネジをブラケットのグロメットに押し込み、ハードドライブを下から上にブラケットに取り付けます。

  36. T6トルクスドライバーを使用して、残り2本の固定ネジをグロメット越しにハードドライブの側面に取り付けます。 T6トルクスドライバーを使用して、残り2本の固定ネジをグロメット越しにハードドライブの側面に取り付けます。
    • T6トルクスドライバーを使用して、残り2本の固定ネジをグロメット越しにハードドライブの側面に取り付けます。

  37. 2番目のハードドライブアセンブリをアウターケースに取り付けます。 2番目の写真のように、取り付け穴の位置と、アウターケースのねじ山が切られた穴の位置がずれていないことを確認します。
    • 2番目のハードドライブアセンブリをアウターケースに取り付けます。

    • 2番目の写真のように、取り付け穴の位置と、アウターケースのねじ山が切られた穴の位置がずれていないことを確認します。

    • ロジックボードを取り付ける際は、単純に2番目のハードドライブケーブルをロジックボードの空きソケットに接続します。

    • 2番目のハードドライブケーブルは、2つのハードドライブの間に挟まれる形で収まります。2番目のハードドライブケーブルを1番目のものの上に配置すると、アンテナプレートが元通りに取り付けられず、ケーブルが損傷することがあります。

  38. マシンを起動すると、miniに両方のドライブが認識されます。 Xbenchスコアで確認すると、上と下のいずれにハードドライブを取り付けても、速度は変わらないことが分かります。
    • マシンを起動すると、miniに両方のドライブが認識されます。

    • Xbenchスコアで確認すると、上と下のいずれにハードドライブを取り付けても、速度は変わらないことが分かります。

    • プライマリドライブとして使用するSSDを追加する際に必要な作業量を最小限に抑えるには、このガイドで当サイトが実施したようにSSDを取り付け、元のプラッタードライブを当初の底側の位置(アンテナプレートに最も近い位置)のままにしておくことをおすすめします。

    • 元通りに組み立てたら、miniをLion Recoveryモードで起動し、ディスクユーティリティからSSDを消去します。次にLionをSSDにインストールし、再起動後にシステム設定>起動ディスクへと進み、起動ディスクにSSDを選択します。

まとめ

デバイスを組み立て直すには、この手順と逆の順序に従ってください。

649 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

422,894 ポイント

411のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

101 メンバー

9,031のガイドは作成済み

In my system the only way to get an SSD drive (OCZ Agility 3 120G) to work was to install it to the first SATA interface and the original HD to the second SATA interface.

I tried first as said in this guide, but the whole system got very unstable, the SSD was basicly unusable with lots of read errors, kernel panics etc...

After switch everything went smoothly. I cloned the original system to the new SSD with Carbon Copy Cloner, selected the SSD to be the startup disk and rebooted, Now the SSD is primary drive (with huge difference in speed, some 340/300 read/write) and the original 1T HD is secondary drive hosting my iTunes, iMovie and iPhoto archives.

marcojohansson - 返信

The iFixit SATA cable does not work with the OCZ Vertex 4 drive using OS X 10.8. I tried both the "upper" and "lower" ports, neither work. Using the Apple supplied SATA cable, the drive works in both ports. Using the iFixit cable with the Apple supplied HDD drive works. Using the iFixit cable, the OCZ drive is detected using the OCZ Mac boot tools. It's just OS X 10.8 that can not see the drive when using the iFixit cable. I've contacted OCZ support.

brainsik - 返信

Same for me as for marcojohansson. While my SSD worked in the "empty" bay, I was experiencing frequent system hangs and beach balling. Moving the SSD to the original hard drive position, and the hard drive into the extra bay seems to have solved the problem entirely!

Patrick - 返信

(Same as Patrick noted above) If you are adding a new SSD to your factory 1TB HD using iFixit's Mac mini HD kit, SWAP the drive positions—so that the SSD is in the original slot connected Apple's SATA cable and the original HD is now in the other bay using iFixit's cable. This issue affects only late-2012 Mac minis that come with a mini-specific build of OS X 10.8.2.

Vin - 返信

The most difficult part of the process, as mentioned is fitting up the antenna platter again. It has an explanation.

You have to make sure hard drive (primary one, the one on the top), is correctly fitted. You can make sure it is by matching the screws on the hidden part, on the mounting holes of the plastic hard drive chasis. Once this is matched, it fits perfectly and screws are perfectly aligned.

Just keep calm, and be patient, all parts have perfect milimetric match. IT'S NOT DIFFICULT! PERFECT GUIDE!

fsanchez - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 66

過去 7 日: 483

過去 30 日: 2,228

今までの合計 469,053