メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

このガイドに従って、Pixel 3の充電アセンブリを交換してください。充電アセンブリにはUSB-Cポートといくつかのアンテナコネクタが含まれており、スピーカーの下に重ねてあります。 これには、まずスピーカーを取り外す必要があります。この作業により、スピーカーの防水用ガスケットの性能を失ってしまいます。

  1. 温めたiOpenerをデバイス底に、約1分間のせます。 電源ボタン上からこじ開ける際は、開口ピックを深くまで差し込まないようにご注意ください。指紋センサケーブルにダメージを与えてしまいます。
    • 温めたiOpenerをデバイス底に、約1分間のせます。

    • 電源ボタン上からこじ開ける際は、開口ピックを深くまで差し込まないようにご注意ください。指紋センサケーブルにダメージを与えてしまいます。

  2. デバイスの温めた下側端付近に吸盤カップを取り付けます。 バックカバーのひび割れ程度が大きい場合は、吸盤カップが装着しやすくなるように、透明な補強テープでカバーを覆います。 吸盤カップを強く一定の力で、隙間が生じるまで持ち上げます。
    • デバイスの温めた下側端付近に吸盤カップを取り付けます。

    • バックカバーのひび割れ程度が大きい場合は、吸盤カップが装着しやすくなるように、透明な補強テープでカバーを覆います。

    • 吸盤カップを強く一定の力で、隙間が生じるまで持ち上げます。

    • あなたのデバイスの使用年月にもよりますが、この作業にはかなりの力が必要です。作業が困難な場合は、より熱を当てて温めて、再度チャレンジしてください。

    • 開口ピックを隙間に差し込みます。

  3. デバイスの下側端と右側コーナー周辺に沿って、接着剤をスライスして切開します。 接着剤が再装着しないように、下側端にピックを残します。 接着剤が再装着しないように、下側端にピックを残します。
    • デバイスの下側端と右側コーナー周辺に沿って、接着剤をスライスして切開します。

    • 接着剤が再装着しないように、下側端にピックを残します。

  4. iOpenerで右側端を温めて、開口ピックで接着剤をスライスして切開します。 接着剤は粘着性が強い場合があります。ピックを、裁縫のような動きで内側と外側に交互に差し込んで抜き出しながら、スライスしてください。 接着剤は粘着性が強い場合があります。ピックを、裁縫のような動きで内側と外側に交互に差し込んで抜き出しながら、スライスしてください。
    • iOpenerで右側端を温めて、開口ピックで接着剤をスライスして切開します。

    • 接着剤は粘着性が強い場合があります。ピックを、裁縫のような動きで内側と外側に交互に差し込んで抜き出しながら、スライスしてください。

  5. 続けてデバイス周辺の残りの部分も温めてスライスします。接着剤の再装着を防ぐため、開口ピックを各辺に残してください。 電源ボタンの上をスライスする際は、指紋センサケーブルにダメージを与えないよう、ピックを深くまで差し込まないでください。 電源ボタンの上をスライスする際は、指紋センサケーブルにダメージを与えないよう、ピックを深くまで差し込まないでください。
    • 続けてデバイス周辺の残りの部分も温めてスライスします。接着剤の再装着を防ぐため、開口ピックを各辺に残してください。

    • 電源ボタンの上をスライスする際は、指紋センサケーブルにダメージを与えないよう、ピックを深くまで差し込まないでください。

  6. デバイス周辺のスライスができたら、バックカバーの左側端を慎重に持ち上げます。 バックカバーを完全に外さないでください。指紋センサケーブルでデバイス本体と繋がったままです。 リアカバーを長辺側に沿って裏返し、指紋センサーケーブルに圧力がかからないように置きます。
    • デバイス周辺のスライスができたら、バックカバーの左側端を慎重に持ち上げます。

    • バックカバーを完全に外さないでください。指紋センサケーブルでデバイス本体と繋がったままです。

    • リアカバーを長辺側に沿って裏返し、指紋センサーケーブルに圧力がかからないように置きます。

  7. 指紋センサのコネクターブラケットを固定している4.1 mm長プラスネジを2本外します。
    • 指紋センサのコネクターブラケットを固定している4.1 mm長プラスネジを2本外します。

    • 再組み立ての際は、ネジを締めすぎないようにご注意ください。ディスプレイにダメージを与えてしまうことがあります。

  8. スパッジャーの先端を使って、NFCコイル底側から指紋センサのコネクタブラケットをスライドして外します。 指紋センサのコネクタブラケットを取り出します。 指紋センサのコネクタブラケットを取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、NFCコイル底側から指紋センサのコネクタブラケットをスライドして外します。

    • 指紋センサのコネクタブラケットを取り出します。

  9. スパッジャーの先端を使って、ソケットから指紋センサのコネクタの接続を外します。 このようにコネクタを外す際は、ソケット周辺に付けられ、表面に実装された小さなコンポーネントを外さないように注意してください。
    • スパッジャーの先端を使って、ソケットから指紋センサのコネクタの接続を外します。

    • このようにコネクタを外す際は、ソケット周辺に付けられ、表面に実装された小さなコンポーネントを外さないように注意してください。

    • このようなプレスコネクタを再装着する際は、カチッと所定の位置に収まるまで慎重に位置を合わせて押し下げ、反対側も同じ作業を繰り返します。 中央部分を押さないでください。 コネクタの位置がずれていると、ピンが曲がって永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  10. バックカバーを取り出します。 交換用のバックカバーを取り付ける前に、デバイスのフレームから接着剤の残りを綺麗に取り除いているか確認してください。開口ツールを使って、高濃度イソプロピルアルコールで表面を綺麗に剥がします。 バックカバーを再利用する場合は、接着剤を綺麗に取り除き、バックカバー用の接着剤を塗布してください。
    • バックカバーを取り出します。

    • 交換用のバックカバーを取り付ける前に、デバイスのフレームから接着剤の残りを綺麗に取り除いているか確認してください。開口ツールを使って、高濃度イソプロピルアルコールで表面を綺麗に剥がします。

    • バックカバーを再利用する場合は、接着剤を綺麗に取り除き、バックカバー用の接着剤を塗布してください。

    • 交換用バックカバーをインストールする場合、オリジナルのパーツとよく見比べてください。フラッシュディフューザーなどの残りのパーツを交換用パーツに移植してください。

  11. ワイヤレス充電コイルを固定している5本のプラスネジを外します。 1.9 mmネジー2本 4.2 mmネジー2本
    • ワイヤレス充電コイルを固定している5本のプラスネジを外します。

    • 1.9 mmネジー2本

    • 4.2 mmネジー2本

    • 4.3 mmネジー1本

    • ワイヤレス充電コイルを取り出します。

  12. スパッジャーの先端を使って、デバイスの右端付近のソケットからバッテリーコネクタを持ち上げて、接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、デバイスの右端付近のソケットからバッテリーコネクタを持ち上げて、接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、デバイスの右端付近のソケットからバッテリーコネクタを持ち上げて、接続を外します。

  13. スパッジャーの先端を使って、デバイス右側端付近のマザーボードのソケットから、ラウドスピーカー用コネクタの接続を外します。 スパッジャーでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。
    • スパッジャーの先端を使って、デバイス右側端付近のマザーボードのソケットから、ラウドスピーカー用コネクタの接続を外します。

    • スパッジャーでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。

  14. 次の4本のプラスネジを外します。 1.9 mmネジー1本 4.3 mmネジー1本
    • 次の4本のプラスネジを外します。

    • 1.9 mmネジー1本

    • 4.3 mmネジー1本

    • 薄型シャンク付き4.3mmネジー2本

    • 左側のネジ穴から小さな接地クリップを外します。紛失しないようにご注意ください。

    • 接地クリップの湾曲した端が、デバイス左側に向くように取り付けます。

    • USB-Cポートの右側から小さなプラスチックのインサートを取り出します。

    • ネジをドーターボードに取り付ける前に、このインサートを再挿入するのを忘れないでください。

  15. ラウドスピーカーは強力な接着ガスケットで固定されています。これを取り外す前に、数カ所をこじ開けて、接着シールを乖離させてください。 スパッジャーの先端を、ラウドスピーカーの下側右コーナーの下に差し込みます。
    • ラウドスピーカーは強力な接着ガスケットで固定されています。これを取り外す前に、数カ所をこじ開けて、接着シールを乖離させてください。

    • スパッジャーの先端を、ラウドスピーカーの下側右コーナーの下に差し込みます。

    • デバイスからラウドスピーカーを緩めながらこじ開けます。

  16. スパッジャーの先端を、ラウドスピーカー上部左側コーナーの下に差し込みます。 スパッジャーでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。
    • スパッジャーの先端を、ラウドスピーカー上部左側コーナーの下に差し込みます。

    • スパッジャーでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。

    • ラウドスピーカーを緩めるため、こじ開けます。

  17. スパッジャーの平面側先端を、ラウドスピーカー上部端の下から左側端に向けて差し込みます。 ラウドスピーカーを緩めるために、こじ開けます。
    • スパッジャーの平面側先端を、ラウドスピーカー上部端の下から左側端に向けて差し込みます。

    • ラウドスピーカーを緩めるために、こじ開けます。

  18. ラウドスピーカーを取り出します。 交換用のラウドスピーカーを装着する前に、接着ガスケットの状態を確認してください。
    • ラウドスピーカーを取り出します。

    • 交換用のラウドスピーカーを装着する前に、接着ガスケットの状態を確認してください。

    • 状態が良好であれば、ガスケットの再利用ができます。ガスケットが出口のホールを覆っていないか確認してください。

    • ガスケットが所定の位置から引き抜かれている場合は、ガスケットを取り外して、プレカットされた接着剤ストリップまたはTesaテープを装着します。

  19. スパッジャーの先端を使って、充電アセンブリ上のソケットからブルーのアンテナケーブルの接続を持ち上げて、外します。 スパッジャーの先端を使って、充電アセンブリ上のソケットからブルーのアンテナケーブルの接続を持ち上げて、外します。
    • スパッジャーの先端を使って、充電アセンブリ上のソケットからブルーのアンテナケーブルの接続を持ち上げて、外します。

  20. スパッジャーの先端を使って、接地クリップからブルーのアンテナケーブルを外します。 ケーブルはデリケートで切断しやすいです。ワイヤーがタイトに固定されているように感じられる場合、スパッジャーの先端を使ってクリップを少し開いて、もう一度やり直してください。
    • スパッジャーの先端を使って、接地クリップからブルーのアンテナケーブルを外します。

    • ケーブルはデリケートで切断しやすいです。ワイヤーがタイトに固定されているように感じられる場合、スパッジャーの先端を使ってクリップを少し開いて、もう一度やり直してください。

  21. スパッジャーの先端を使って、USB-Cポート付近のソケットから黒いアンテナケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、USB-Cポート付近のソケットから黒いアンテナケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、USB-Cポート付近のソケットから黒いアンテナケーブルの接続を外します。

  22. 両方のアンテナケーブルを慎重に巻き戻して、充電アセンブリから取り出します。
    • 両方のアンテナケーブルを慎重に巻き戻して、充電アセンブリから取り出します。

  23. スパッジャーの先端を使って、デバイス右端付近のマザーボードソケットから、充電アセンブリのコネクタを外します。 SIMカードリーダー上部から、フレックスケーブルを慎重に剥がします。 SIMカードリーダー上部から、フレックスケーブルを慎重に剥がします。
    • スパッジャーの先端を使って、デバイス右端付近のマザーボードソケットから、充電アセンブリのコネクタを外します。

    • SIMカードリーダー上部から、フレックスケーブルを慎重に剥がします。

  24. デバイス下部端に充電アセンブリを固定している、1.9mm プラスネジ を2本外します。
    • デバイス下部端に充電アセンブリを固定している、1.9mm プラスネジ を2本外します。

  25. 充電アセンブリを固定している接着剤を緩めるために、温めたiOpenerをデバイス下部端に約1分間載せます。
    • 充電アセンブリを固定している接着剤を緩めるために、温めたiOpenerをデバイス下部端に約1分間載せます。

  26. 充電アセンブリのフレックスケーブルの下に、開口ピックを挿入します。 充電アセンブリの下で開口ピックをスライドして、デバイスから緩めます。 充電アセンブリの下で開口ピックをスライドして、デバイスから緩めます。
    • 充電アセンブリのフレックスケーブルの下に、開口ピックを挿入します。

    • 充電アセンブリの下で開口ピックをスライドして、デバイスから緩めます。

  27. 充電アセンブリを取り出します。
    • 充電アセンブリを取り出します。

  28. 交換アセンブリをインストールする際は、 接着面を露出するために、アセンブリからプラスチックライナーを剥がします。 アセンブリ左下角で位置を揃えます。
    • 交換アセンブリをインストールする際は、

    • 接着面を露出するために、アセンブリからプラスチックライナーを剥がします。

    • アセンブリ左下角で位置を揃えます。

    • 慎重にアセンブリの残りを慎重に揃えます。USB-Cポートは各切り欠きに沿って正しく揃っているか確認してください。

    • 指を使って、フレームをアセンブリ内にしっかりと押さえて装着します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

修理が上手く進みませんか?Google Pixel 3のアンサーコミュニティからトラブルシューティングを見つけてみましょう。

16 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

156,366 ポイント

401のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

133 メンバー

15,573のガイドは作成済み

6 件のコメント

is the adhesive for the back of the phone reusable, or do I need to buy a replacement adhesive for reassembly?

Campbell Wright - 返信

It depends on the age of your phone it seems - the older the phone, the less resuseable the existing adhesive. I used gasket maker to reseal my phone, in part because I did not want to heat my new battery up when trying to reseal the back cover. I would advise getting some additional adhesive if you want a water-tight assembly.

Andrew Williams -

Best to order a new back phone lid, as my back lid shattered when trying to prise it off, despite repeated heating to uncomfortably hot. Also, if you’re replacing the charging logic board because of the ‘unrecognised analogue device’ messsage, I still got the same message AFTER having put everything back together having replaced the logic board. If you shatter the back lid of the phone and have to replace it, the finger print scanner and lens covers are all prisable off and reapplicable to the new cover (with a little heating). But this requires care. Make sure to replace the battery also - because of the ka-fafel of opening this barely user-repairable phone (Cheers Google!). I ended up using gasket maker silicone (yes the stuff I use for reassembling my motorbike engine) to seal everything. Seems to have worked a treat. Good luck - you’ll need it!

Andrew Williams - 返信

I swapped out the USB-C charging port and battery at the same time. Hopefully I can get another two years out of the phone now. If you are just changing this port, then I would recommend changing the battery too. The battery replacement kit comes with new adhesive to reseal the back panel.

Trey Ethridge - 返信

can I do this with a heat gun instead of the iOpener? what do I set the temperature to?

Moya Alhayek - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 21

過去 7 日: 143

過去 30 日: 615

今までの合計 11,983