メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを参照して、Google Pixel 3のマザーボードを取り出します。作業は沢山の小さな接地クリップを取り外します。このクリップは紛失しやすいため、ご注意ください。

ラウドスピーカーを外すと、耐水機能用のシールを保てなくなります。

  1. 温めたiOpenerをデバイス底に、約1分間のせます。 電源ボタン上からこじ開ける際は、開口ピックを深くまで差し込まないようにご注意ください。指紋センサケーブルにダメージを与えてしまいます。
    • 温めたiOpenerをデバイス底に、約1分間のせます。

    • 電源ボタン上からこじ開ける際は、開口ピックを深くまで差し込まないようにご注意ください。指紋センサケーブルにダメージを与えてしまいます。

  2. デバイスの温めた下側端付近に吸盤カップを取り付けます。 バックカバーのひび割れ程度が大きい場合は、吸盤カップが装着しやすくなるように、透明な補強テープでカバーを覆います。 吸盤カップを強く一定の力で、隙間が生じるまで持ち上げます。
    • デバイスの温めた下側端付近に吸盤カップを取り付けます。

    • バックカバーのひび割れ程度が大きい場合は、吸盤カップが装着しやすくなるように、透明な補強テープでカバーを覆います。

    • 吸盤カップを強く一定の力で、隙間が生じるまで持ち上げます。

    • あなたのデバイスの使用年月にもよりますが、この作業にはかなりの力が必要です。作業が困難な場合は、より熱を当てて温めて、再度チャレンジしてください。

    • 開口ピックを隙間に差し込みます。

  3. デバイスの下側端と右側コーナー周辺に沿って、接着剤をスライスして切開します。 接着剤が再装着しないように、下側端にピックを残します。 接着剤が再装着しないように、下側端にピックを残します。
    • デバイスの下側端と右側コーナー周辺に沿って、接着剤をスライスして切開します。

    • 接着剤が再装着しないように、下側端にピックを残します。

  4. iOpenerで右側端を温めて、開口ピックで接着剤をスライスして切開します。 接着剤は粘着性が強い場合があります。ピックを、裁縫のような動きで内側と外側に交互に差し込んで抜き出しながら、スライスしてください。 接着剤は粘着性が強い場合があります。ピックを、裁縫のような動きで内側と外側に交互に差し込んで抜き出しながら、スライスしてください。
    • iOpenerで右側端を温めて、開口ピックで接着剤をスライスして切開します。

    • 接着剤は粘着性が強い場合があります。ピックを、裁縫のような動きで内側と外側に交互に差し込んで抜き出しながら、スライスしてください。

  5. 続けてデバイス周辺の残りの部分も温めてスライスします。接着剤の再装着を防ぐため、開口ピックを各辺に残してください。 電源ボタンの上をスライスする際は、指紋センサケーブルにダメージを与えないよう、ピックを深くまで差し込まないでください。 電源ボタンの上をスライスする際は、指紋センサケーブルにダメージを与えないよう、ピックを深くまで差し込まないでください。
    • 続けてデバイス周辺の残りの部分も温めてスライスします。接着剤の再装着を防ぐため、開口ピックを各辺に残してください。

    • 電源ボタンの上をスライスする際は、指紋センサケーブルにダメージを与えないよう、ピックを深くまで差し込まないでください。

  6. デバイス周辺のスライスができたら、バックカバーの左側端を慎重に持ち上げます。 バックカバーを完全に外さないでください。指紋センサケーブルでデバイス本体と繋がったままです。 リアカバーを長辺側に沿って裏返し、指紋センサーケーブルに圧力がかからないように置きます。
    • デバイス周辺のスライスができたら、バックカバーの左側端を慎重に持ち上げます。

    • バックカバーを完全に外さないでください。指紋センサケーブルでデバイス本体と繋がったままです。

    • リアカバーを長辺側に沿って裏返し、指紋センサーケーブルに圧力がかからないように置きます。

  7. 指紋センサのコネクターブラケットを固定している4.1 mm長プラスネジを2本外します。
    • 指紋センサのコネクターブラケットを固定している4.1 mm長プラスネジを2本外します。

    • 再組み立ての際は、ネジを締めすぎないようにご注意ください。ディスプレイにダメージを与えてしまうことがあります。

  8. スパッジャーの先端を使って、NFCコイル底側から指紋センサのコネクタブラケットをスライドして外します。 指紋センサのコネクタブラケットを取り出します。 指紋センサのコネクタブラケットを取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、NFCコイル底側から指紋センサのコネクタブラケットをスライドして外します。

    • 指紋センサのコネクタブラケットを取り出します。

  9. スパッジャーの先端を使って、ソケットから指紋センサのコネクタの接続を外します。 このようにコネクタを外す際は、ソケット周辺に付けられ、表面に実装された小さなコンポーネントを外さないように注意してください。
    • スパッジャーの先端を使って、ソケットから指紋センサのコネクタの接続を外します。

    • このようにコネクタを外す際は、ソケット周辺に付けられ、表面に実装された小さなコンポーネントを外さないように注意してください。

    • このようなプレスコネクタを再装着する際は、カチッと所定の位置に収まるまで慎重に位置を合わせて押し下げ、反対側も同じ作業を繰り返します。 中央部分を押さないでください。 コネクタの位置がずれていると、ピンが曲がって永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  10. バックカバーを取り出します。 交換用のバックカバーを取り付ける前に、デバイスのフレームから接着剤の残りを綺麗に取り除いているか確認してください。開口ツールを使って、高濃度イソプロピルアルコールで表面を綺麗に剥がします。 バックカバーを再利用する場合は、接着剤を綺麗に取り除き、バックカバー用の接着剤を塗布してください。
    • バックカバーを取り出します。

    • 交換用のバックカバーを取り付ける前に、デバイスのフレームから接着剤の残りを綺麗に取り除いているか確認してください。開口ツールを使って、高濃度イソプロピルアルコールで表面を綺麗に剥がします。

    • バックカバーを再利用する場合は、接着剤を綺麗に取り除き、バックカバー用の接着剤を塗布してください。

    • 交換用バックカバーをインストールする場合、オリジナルのパーツとよく見比べてください。フラッシュディフューザーなどの残りのパーツを交換用パーツに移植してください。

  11. ワイヤレス充電コイルを固定している5本のプラスネジを外します。 1.9 mmネジー2本 4.2 mmネジー2本
    • ワイヤレス充電コイルを固定している5本のプラスネジを外します。

    • 1.9 mmネジー2本

    • 4.2 mmネジー2本

    • 4.3 mmネジー1本

    • ワイヤレス充電コイルを取り出します。

  12. スパッジャーの先端を使って、デバイスの右端付近のソケットからバッテリーコネクタを持ち上げて、接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、デバイスの右端付近のソケットからバッテリーコネクタを持ち上げて、接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、デバイスの右端付近のソケットからバッテリーコネクタを持ち上げて、接続を外します。

    • カメラブラケットを固定している2本のネジを外します。

    • 4.1 mmプラスネジー1本

    • 4 mmスタンドオフネジー1本

    • スタンドオフネジは、スタンドオフ専用ビットを使って取り外すのが一番ですが、急な時は、小サイズのマイナスドライバーでも対応できます。しかし滑って周辺のコンポーネントにダメージを与えてしまわないよう、特にご注意ください。

    • カメラブラケットを取り出します。

  13. フロントカメラを交換する場合、交換が必要なカメラを確認してください。
    • フロントカメラを交換する場合、交換が必要なカメラを確認してください。

    • 標準視野カメラ

    • 広角カメラ

    • マザーボードの取り外し作業中の方は、両方のカメラを取り出さなければなりません。

  14. スパッジャーの先端を使って、交換するカメラ用のコネクタの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、交換するカメラ用のコネクタの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、交換するカメラ用のコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、交換するカメラ用のコネクタの接続を外します。

  15. カメラは接着剤で固定されています。 スパッジャーの先端をカメラモジュールの端に差し込んで、フレームから接着剤を緩めながらこじ開けます。
    • カメラは接着剤で固定されています。

    • スパッジャーの先端をカメラモジュールの端に差し込んで、フレームから接着剤を緩めながらこじ開けます。

    • カメラを取り出します。

    • カメラモジュールを固定している接着剤の状態が良い場合、接着剤を再利用することができます。そうでない場合は、両面タイプのTesaテープを使って接着してください。

    • 交換用カメラモジュールを装着する際は、カメラフレームのレンズに接着剤の残留が付いたままになっていないか確認してください。

  16. スパッジャーの先端を使って、デバイス右側端付近のマザーボードのソケットから、ラウドスピーカー用コネクタの接続を外します。 スパッジャーでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。
    • スパッジャーの先端を使って、デバイス右側端付近のマザーボードのソケットから、ラウドスピーカー用コネクタの接続を外します。

    • スパッジャーでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。

  17. 次の4本のプラスネジを外します。 1.9 mmネジー1本 4.3 mmネジー1本
    • 次の4本のプラスネジを外します。

    • 1.9 mmネジー1本

    • 4.3 mmネジー1本

    • 薄型シャンク付き4.3mmネジー2本

    • 左側のネジ穴から小さな接地クリップを外します。紛失しないようにご注意ください。

    • 接地クリップの湾曲した端が、デバイス左側に向くように取り付けます。

    • USB-Cポートの右側から小さなプラスチックのインサートを取り出します。

    • ネジをドーターボードに取り付ける前に、このインサートを再挿入するのを忘れないでください。

  18. ラウドスピーカーは強力な接着ガスケットで固定されています。これを取り外す前に、数カ所をこじ開けて、接着シールを乖離させてください。 スパッジャーの先端を、ラウドスピーカーの下側右コーナーの下に差し込みます。
    • ラウドスピーカーは強力な接着ガスケットで固定されています。これを取り外す前に、数カ所をこじ開けて、接着シールを乖離させてください。

    • スパッジャーの先端を、ラウドスピーカーの下側右コーナーの下に差し込みます。

    • デバイスからラウドスピーカーを緩めながらこじ開けます。

  19. スパッジャーの先端を、ラウドスピーカー上部左側コーナーの下に差し込みます。 スパッジャーでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。
    • スパッジャーの先端を、ラウドスピーカー上部左側コーナーの下に差し込みます。

    • スパッジャーでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。

    • ラウドスピーカーを緩めるため、こじ開けます。

  20. スパッジャーの平面側先端を、ラウドスピーカー上部端の下から左側端に向けて差し込みます。 ラウドスピーカーを緩めるために、こじ開けます。
    • スパッジャーの平面側先端を、ラウドスピーカー上部端の下から左側端に向けて差し込みます。

    • ラウドスピーカーを緩めるために、こじ開けます。

  21. ラウドスピーカーを取り出します。 交換用のラウドスピーカーを装着する前に、接着ガスケットの状態を確認してください。
    • ラウドスピーカーを取り出します。

    • 交換用のラウドスピーカーを装着する前に、接着ガスケットの状態を確認してください。

    • 状態が良好であれば、ガスケットの再利用ができます。ガスケットが出口のホールを覆っていないか確認してください。

    • ガスケットが所定の位置から引き抜かれている場合は、ガスケットを取り外して、プレカットされた接着剤ストリップまたはTesaテープを装着します。

  22. スパッジャーの先端を使って、ブルーのアンテナケーブルを充電アセンブリ上のソケットからこじ開けて、接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、ブルーのアンテナケーブルを充電アセンブリ上のソケットからこじ開けて、接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ブルーのアンテナケーブルを充電アセンブリ上のソケットからこじ開けて、接続を外します。

  23. スパッジャーの先端を使って、慎重にこじ開け、アンテナケーブルを接地クリップから解放します。 ケーブルは脆くて、切断しやすいです。ワイヤーがしっかりと固定されているように感じる場合、スパッジャーの先端を使用してクリップを少し押しながら開いて、もう一度作業をやり直してください。
    • スパッジャーの先端を使って、慎重にこじ開け、アンテナケーブルを接地クリップから解放します。

    • ケーブルは脆くて、切断しやすいです。ワイヤーがしっかりと固定されているように感じる場合、スパッジャーの先端を使用してクリップを少し押しながら開いて、もう一度作業をやり直してください。

  24. スパッジャーの先端を使って、 USB-Cポート付近のソケットから黒色のアンテナケーブルをこじ開け、接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、 USB-Cポート付近のソケットから黒色のアンテナケーブルをこじ開け、接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、 USB-Cポート付近のソケットから黒色のアンテナケーブルをこじ開け、接続を外します。

  25. 慎重に両方のアンテナケーブルを外して、充電アセンブリから取り出します。
    • 慎重に両方のアンテナケーブルを外して、充電アセンブリから取り出します。

  26. スパッジャーの先端を使って、充電アセンブリのコネクタをデバイス右側端付近のマザーボードのソケットからこじ開けて、接続を外します。 SIMカードリーダーの上部からフレックスケーブルを慎重に剥がします。 SIMカードリーダーの上部からフレックスケーブルを慎重に剥がします。
    • スパッジャーの先端を使って、充電アセンブリのコネクタをデバイス右側端付近のマザーボードのソケットからこじ開けて、接続を外します。

    • SIMカードリーダーの上部からフレックスケーブルを慎重に剥がします。

  27. スパッジャーの平面側先端を使って、デバイス右側端付近のディスプレイ用フレックスケーブルを固定している、黒いテープを慎重にこじ開けます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、デバイス右側端付近のディスプレイ用フレックスケーブルを固定している、黒いテープを慎重にこじ開けます。

    • メタル製ツールの使用は控えてください。フレックスケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。

  28. バッテリー付近での作業をする際は、スパッジャーでバッテリーに穴を開けてしまわないよう、特にご注意ください。 スパッジャーの先端をバッテリーとマザーボードを繋ぐ黒いテープの下に差し込みます。 スパッジャーを割れ目に沿ってスライドし、バッテリー側からテープを剥がします。
    • バッテリー付近での作業をする際は、スパッジャーでバッテリーに穴を開けてしまわないよう、特にご注意ください。

    • スパッジャーの先端をバッテリーとマザーボードを繋ぐ黒いテープの下に差し込みます。

    • スパッジャーを割れ目に沿ってスライドし、バッテリー側からテープを剥がします。

    • バッテリー側からテープを慎重に剥がしたら、剥がしたテープを作業の邪魔にならないように折りたたみます。

  29. スパッジャーを使って、次の7つのプレスフィット型コネクタをマザーボードのソケットから接続を外します。 外部ボタンコネクタ
    • スパッジャーを使って、次の7つのプレスフィット型コネクタをマザーボードのソケットから接続を外します。

    • 外部ボタンコネクタ

    • 上部マイク用コネクタ

    • イヤホンコネクタ

    • 左側握るセンサー(Active Edge)用コネクタ

    • スクリーンコネクタ

    • 右側握るセンサー(Active Edge)用コネクタ

    • SIMトレイコネクタ

  30. スパッジャーの平面側先端を使って、イヤホンスピーカーのフレックスケーブルをこじ開けて上向きに曲げ、マザーボードを覆わないように固定します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、イヤホンスピーカーのフレックスケーブルをこじ開けて上向きに曲げ、マザーボードを覆わないように固定します。

    • 下の幾つかのネジは大変小さな接地クリップを固定しています。ネジを外した後、これらのクリップを紛失しないように、くれぐれもご注意ください。

    • マザーボードを固定している次の6本のネジを外します。

    • 4.2 mmプラスネジー1本

    • 1.9 mmプラスネジー3本

    • 4.3 mmプラスネジー1本

    • 3.83 mm スタンドオフネジー1本

    • スタンドオフネジはスタンドオフネジ専用ビットで取り外すのが一番ですが、急な際には、小サイズのマイナスドライバーでも対応できます。滑って、周辺のコンポーネントにダメージを与えないようご注意ください。

    • 3つの小さなメタル製接地クリップを取り出します。

  31. デバイスの上部左端からアンテナブラケットを慎重に取り出します。 メタル製接地クリップを装着する際は: シルバー側が上向きになるようにクリップの位置を確認します。
    • デバイスの上部左端からアンテナブラケットを慎重に取り出します。

    • メタル製接地クリップを装着する際は:

    • シルバー側が上向きになるようにクリップの位置を確認します。

    • ティアドロップ(涙の)形をしたクリップは、デバイス端に先端を向けます。

    • 二重穴が付いたクリップは、フレーム右上のネジ穴に向かって下向きに下ろします。

  32. マザーボード上部左のコーナー付近、すなわちリアカメラの真下にスパッジャーの先端を差し込みます。 マザーボードを緩めるため、慎重にこじ開けます。全てのフレックスケーブルを折り曲げて、動きやすくします。
    • マザーボード上部左のコーナー付近、すなわちリアカメラの真下にスパッジャーの先端を差し込みます。

    • マザーボードを緩めるため、慎重にこじ開けます。全てのフレックスケーブルを折り曲げて、動きやすくします。

    • マザーボードの装着力が強い場合、フレックスケーブルもしくは、ネジが残っていないか確認してください。

  33. スパッジャーをマザーボード上部端の下に差し込み、マザーボードを緩めるために慎重にこじ開けます。 イヤホンスピーカーのフレックスケーブルがマザーボードに対して強く押し付けられています。時間をかけてゆっくりと、フレックスケーブル周辺にマザーボードを近づけます。
    • スパッジャーをマザーボード上部端の下に差し込み、マザーボードを緩めるために慎重にこじ開けます。

    • イヤホンスピーカーのフレックスケーブルがマザーボードに対して強く押し付けられています。時間をかけてゆっくりと、フレックスケーブル周辺にマザーボードを近づけます。

  34. マザーボードの左側端を、反対側の右側に向けて慎重に上向きに持ち上げます。慎重にマザーボードに押し込まれたプレスコネクタを、作業の邪魔にならないよう押し出します。 マザーボードの左側端を、反対側の右側に向けて慎重に上向きに持ち上げます。慎重にマザーボードに押し込まれたプレスコネクタを、作業の邪魔にならないよう押し出します。
    • マザーボードの左側端を、反対側の右側に向けて慎重に上向きに持ち上げます。慎重にマザーボードに押し込まれたプレスコネクタを、作業の邪魔にならないよう押し出します。

  35. マザーボードの上部端をフレームから慎重に持ち上げます。 マザーボードを取り出します。 マザーボードを再装着する際は、フレックスケーブルのコネクタを、ボード下で挟まないようにご注意ください。
    • マザーボードの上部端をフレームから慎重に持ち上げます。

    • マザーボードを取り出します。

    • マザーボードを再装着する際は、フレックスケーブルのコネクタを、ボード下で挟まないようにご注意ください。

    • イヤピースフレックスケーブル周辺にマザーボードを再装着する際、難しい場合があります。 イヤピーススピーカーを慎重に外して、マザーボードをインストールして、イヤピーススピーカーを再装着することができます。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、Google Pixel 3のアンサーコミュニティを参照してください。

3 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

93%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

161,385 ポイント

412のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

136 メンバー

16,062のガイドは作成済み

3 件のコメント

Hallo,

wo bekomme ich denn ein neues Mainboard her? Ich komme nicht mehr ins recovery und vermute Mainboarddefekt.

Helge - 返信

I followed your instructions to the letter. Got it all put back together, but before affixing the back glass, I powered up the Pixel 3 to make sure all features are working. The touch screen does not work, now, but it did before. Any advice?

Philip Wickstrom - 返信

Hi Philip,

Does the screen light up? If it doesn’t, I would suggest disconnecting the battery connector and double-checking the display connector to make sure it is properly seated. As I looked into your question, I noticed that the step was missing a disconnection procedure—so thank you! I’ve amended that step.

Arthur Shi -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 13

過去 7 日: 63

過去 30 日: 272

今までの合計 6,054