メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドではGoPro Hero4 Silver Heroの端子アセンブリの交換方法を扱っています。この端子はLCDデバイス、外付けバッテリーパックや他のアセンブリに接続するために使用されています。バッテリーがデバイスから外れていることを確認してから、修理に必要なツールを揃えてください。

  1. シルバーのプラスチックカバーをプラスチック製の開口ツールを使ってカメラから外します。両側中央にツールを差し込んで、カバーのタブを持ち上げます。 プラスチックのタブの位置が赤くマークされています(3枚目画像)。 メタル製スパッジャーにツールを切り替える前に、この作業ではできるだけプラスチック製ツールを使用してください。私たちはプラスチック製ツールでカメラカバーをこじ開けようとしましたが、テコの力があまり上手く働きませんでした。
    • シルバーのプラスチックカバーをプラスチック製の開口ツールを使ってカメラから外します。両側中央にツールを差し込んで、カバーのタブを持ち上げます。

    • プラスチックのタブの位置が赤くマークされています(3枚目画像)。

    • メタル製スパッジャーにツールを切り替える前に、この作業ではできるだけプラスチック製ツールを使用してください。私たちはプラスチック製ツールでカメラカバーをこじ開けようとしましたが、テコの力があまり上手く働きませんでした。

    • 筐体とカメラカバーの間には接着剤が使用されています。カメラのカバーを強く曲げないでください。割れてしまうことがあります。

  2. カメラの両側コーナーに留められた8 mm #000 プラスネジを3本外します。
    • カメラの両側コーナーに留められた8 mm #000 プラスネジを3本外します。

    • カメラの左側下に留められた4 mm #000 プラスネジを1本外します。

  3. カメラ筐体から基板アセンブリを外すには、プラスチックの開口ツールを使ってカメラのレンズ側に差し込み、筐体から基板アセンブリを持ち上げます。 カメラのレンズ側のプラスチックにダメージを与えないよう(画像参照)、コーナー付近の端に沿ってこじ開けます。
    • カメラ筐体から基板アセンブリを外すには、プラスチックの開口ツールを使ってカメラのレンズ側に差し込み、筐体から基板アセンブリを持ち上げます。

    • カメラのレンズ側のプラスチックにダメージを与えないよう(画像参照)、コーナー付近の端に沿ってこじ開けます。

    • メタル製のスパッジャーに代える前にできるだけプラスチック製の開口ツールを使ってください。基板アセンブリを開けようとプラスチックのツールを使いましたが、あまりコテの力が働きませんでした。

    • カメラの電源ボタン側付近をこじ開けないでください。内部の重要なケーブルを切断してしまうことがあります。

  4. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  5. カメラセンサーアセンブリを固定している8 mm #000プラスネジを4本外します。 カメラセンサーアセンブリを固定している8 mm #000プラスネジを4本外します。
    • カメラセンサーアセンブリを固定している8 mm #000プラスネジを4本外します。

  6. センサーアセンブリを外すにはレンズを接続したままのリボンケーブル側に向けて剥がします。 センサーには、黒色の長方形をしたコネクターによって基板に接続されたリボンケーブルが付いています。 センサーを外すには、スパッジャーを使って両側をこじ開けてください。それからソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。
    • センサーアセンブリを外すにはレンズを接続したままのリボンケーブル側に向けて剥がします。

    • センサーには、黒色の長方形をしたコネクターによって基板に接続されたリボンケーブルが付いています。

    • センサーを外すには、スパッジャーを使って両側をこじ開けてください。それからソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。

    • 古いカメラセンサーアセンブリが外れたら、新しいセンサーに交換できます。

  7. 基板に端子を固定している8 mm #000 プラスネジを3本外します。
    • 基板に端子を固定している8 mm #000 プラスネジを3本外します。

  8. 端子を基板に接続しているコッパー製のリボンケーブルを確認してください。
    • 端子を基板に接続しているコッパー製のリボンケーブルを確認してください。

    • コネクターを外す際は、ピンセットかスパッジャーを使ってコネクターの両側を持ち上げてください。それからコネクターをソケットからまっすぐ外します。

    • このパーツを再組み立てする際は、黒色の長方形のピンを基板に再接続するために力を入れすぎないようにご注意ください。作業が上手くいったときは、”カチ”という音がします。

  9. フリーポートを外すには、カメラの左側からスライドして外します。若干力が必要です。
    • フリーポートを外すには、カメラの左側からスライドして外します。若干力が必要です。

    • このパーツは交換可能で修理も可能です。もしくは将来のGoProモデルの修理に使えることもありますので保管しておくのもおすすめです。

    • 基板から外れた後のアセンブリで、画像の左側が端子です。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

2 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Bradley Welsh

メンバー登録日: 2015年08月26日

692 ポイント

2のガイドは作成済み

チーム

USF Tampa, Team 2-1, Blackwell Fall 2015 USF Tampa, Team 2-1, Blackwell Fall 2015人のメンバー

USFT-BLACKWELL-F15S2G1

4 メンバー

14のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 12

過去 30 日: 48

今までの合計 6,055