メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

この修理ガイドは、オン/オフスイッチを詰まらせる原因となる破片/ゴミを取り除いたり、交換するためのガイドです。

  1. タブとヒンジをカバーから外して、バッテリーカバーを外します。 タブとヒンジをカバーから外して、バッテリーカバーを外します。 タブとヒンジをカバーから外して、バッテリーカバーを外します。
    • タブとヒンジをカバーから外して、バッテリーカバーを外します。

  2. トライウィングドライバーを使って、バックパネルに留められた6本のネジを外します。
    • トライウィングドライバーを使って、バックパネルに留められた6本のネジを外します。

  3. #1プラスドライバーを使って、底部バックパネルに留められたネジを外します。
    • #1プラスドライバーを使って、底部バックパネルに留められたネジを外します。

  4. 片手で正面本体を持ちながら、もう一方の手でバックパネルを外します。
    • 片手で正面本体を持ちながら、もう一方の手でバックパネルを外します。

    • バックパネルを取り出すと、ショルダーボタンとサイドパネルが緩くなり、落下しやすくなります。ご注意ください。

  5. 左右のトリガーを本体から引き抜いて取り出します。 サイドパネルも同じ作業を繰り返します。
    • 左右のトリガーを本体から引き抜いて取り出します。

    • サイドパネルも同じ作業を繰り返します。

    • これは詰まって動かないトリガーのみの作業です。トリガーを修理/調整したらサイク見ててしてください。多くのトリガーにまつわる問題は、筐体内のボタンの位置がずれていたり、詰まっていることが原因です。

  6. グレーのオン/オフスイッチを本体から上向きに引っ張り、取り出します。必要に応じてスイッチを新しいものに交換してください。
    • グレーのオン/オフスイッチを本体から上向きに引っ張り、取り出します。必要に応じてスイッチを新しいものに交換してください。

終わりに

デバイスを再組立する際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

4 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Adam

メンバー登録日: 2010年01月20日

709 ポイント

5のガイドは作成済み

チーム

Cal Poly, Team 16-29, Maness Winter 2010 Cal Poly, Team 16-29, Maness Winter 2010人のメンバー

CPSU-MANESS-W10S16G29

5 メンバー

38のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 2

過去 7 日: 26

過去 30 日: 91

今までの合計 14,708