メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

ペグが破損したり、緩みがひどくなったり、または回らなくなった場合では、交換が必要になることがあります。

  1. まずは弦を緩めます。弦のテンションがなくなるまでペグボタンを回します。 ギターの6本の弦すべてに対してこの作業を繰り返します。 ギターの6本の弦すべてに対してこの作業を繰り返します。
    • まずは弦を緩めます。弦のテンションがなくなるまでペグボタンを回します。

    • ギターの6本の弦すべてに対してこの作業を繰り返します。

  2. 弦のエンドに気をつけてください。尖っていて皮膚を傷つけるおそれがあります。 プライヤーを使用して、ペグから弦のエンドを取り外さなければならないことがあります。
    • 弦のエンドに気をつけてください。尖っていて皮膚を傷つけるおそれがあります。

    • プライヤーを使用して、ペグから弦のエンドを取り外さなければならないことがあります。

  3. ペグから弦を取り外したら、ブリッジを経由して、ギターの裏側から弦をスライドさせて抜き取ります。 弦のエンドが途中でねじれている場合は、ニッパーを使用して切り離します。これにより、巻き弦がスムーズにブリッジを通過しやすくなります。 弦のエンドが途中でねじれている場合は、ニッパーを使用して切り離します。これにより、巻き弦がスムーズにブリッジを通過しやすくなります。
    • ペグから弦を取り外したら、ブリッジを経由して、ギターの裏側から弦をスライドさせて抜き取ります。

    • 弦のエンドが途中でねじれている場合は、ニッパーを使用して切り離します。これにより、巻き弦がスムーズにブリッジを通過しやすくなります。

  4. The Essential Toolkit

    コンパクト版iFixitキットの中で最も利便性の高いツール

    ショップを見る

    The Essential Toolkit

    コンパクト版iFixitキットの中で最も利便性の高いツール

    ショップを見る
  5. レンチを使用して、ペグのポストを固定しているナットを取り外します。 レンチを使用して、ペグのポストを固定しているナットを取り外します。
    • レンチを使用して、ペグのポストを固定しているナットを取り外します。

  6. ねじの溝が切ってあるリテイナースリーブをポストから取り外します。 ワッシャーも取り外してください。 ワッシャーも取り外してください。
    • ねじの溝が切ってあるリテイナースリーブをポストから取り外します。

    • ワッシャーも取り外してください。

  7. 次に、それぞれのペグの裏側からねじを取り外します。 次に、それぞれのペグの裏側からねじを取り外します。
    • 次に、それぞれのペグの裏側からねじを取り外します。

  8. 最後に、ペグのアセンブリをヘッドから取り外します。 最後に、ペグのアセンブリをヘッドから取り外します。
    • 最後に、ペグのアセンブリをヘッドから取り外します。

終わりに

元通りに組み立てるには、これらの手順を逆に実行してください。

2 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

prednin5mgさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Christopher Hartigan

メンバー登録日: 2014年09月10日

158 ポイント

5のガイドは作成済み

チーム

Pasco Hernando, Team 5-3, Prince Fall 2014 Pasco Hernando, Team 5-3, Prince Fall 2014人のメンバー

PHSC-PRINCE-F14S5G3

9 メンバー

10のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 4

過去 30 日: 44

今までの合計 1,330