メインコンテンツにスキップ

Apple Wireless Keyboardの電源ボタンの交換

必要な工具と部品

  1. Apple Wireless Keyboardの電源ボタンの交換, 電源ボタン: 手順 1、 1の画像 1
    • 凹んでしまったアルミニウムの部分をナイフを使って切断します。少し難しい作業で、切断するにはある程度の力が必要です。が上手くいくはずです。

    • ナイフでの作業にはくれぐれもご注意ください。指を切らないように気をつけてください。

  2. Apple Wireless Keyboardの電源ボタンの交換: 手順 2、 1の画像 1
    • 凹み部分を切断する際に必要であれば、電源ボタンを取り出してください。

    • 凹みが取れて内部が平らになったら、電源ボタンを元の位置に戻します。

終わりに

ボタンに装備されているアルミニウムが取り外せたら、デバイスは修理完了です。再組み立ては必要ありません。

56 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

作成者

6人の作成者と共同で作成されました。

Peter Alt

メンバー登録日: 06/11/10

851 ポイント

1ガイドが承認済み

27 件のコメント

This worked for me. Be Careful. I made it worse initially because the inside edge became rough with my hacking away. I ended up smoothing the edge with a stainless steel cuticle pusher. Also: Constantly blow the scrapings away so they don't get caught between the button and the edge.

joan roco - 返信

Thanks for this idea. It worked great for me and saved the keyboard. My first idea was to try to fully disassemble the keyboard so I could bend the piece back out with pliers after removing the button. I probably would've destroyed the keyboard without fixing it without this simple idea.

Wesley Womack - 返信

Bullshit nothing can go between the button and the Keyboard, i just break my keyboard... thx

ruedifly - 返信

It worked for me. Took an hour or so to carefully cut the alumunium around the button. It took quite long because I have a crappy cutter that will easily snapped its sharp point.

Eventually the click was starting to work. Didn't manage to cut deeper so the whole assembly is still stuck.

Indramin Darmadi - 返信

It worked! The dent is pressing the power button making it unmovable. Its was on that state until I changed batteries. Now scratched and dented but working. Apple design flaw.

adelacuesta2972 - 返信

コメントを追加

統計データ:

過去 24時間: 7

過去 7 日: 21

過去 30 日: 128

今までの合計 72,240