メインコンテンツにスキップ

はじめに

Apple Watch Series 2の接着剤を交換します。この作業を完了後、Apple Watchの耐水性は完全に回復しない可能性があります。

  1. 少量のイソプロピルアルコール(99%以下)を綿棒の先に含ませて、Force Touchガスケット上部の接着剤の残りを綺麗に拭き取ります。 ディスプレイケーブルが搭載されている側の接着剤を剥がすには、ディスプレイを下ろして(ある程度のスペースを残して)、フレームとの間から接着剤を引き抜きます。
    • 少量のイソプロピルアルコール(99%以下)を綿棒の先に含ませて、Force Touchガスケット上部の接着剤の残りを綺麗に拭き取ります。

    • ディスプレイケーブルが搭載されている側の接着剤を剥がすには、ディスプレイを下ろして(ある程度のスペースを残して)、フレームとの間から接着剤を引き抜きます。

  2. Apple Watchを上下逆にして、ディスプレイを平らなスペースの上に載せて、ケース側を持ち上げます。 ディスプレイの裏側に付着した接着剤の残りを綺麗に拭き取ります。
    • Apple Watchを上下逆にして、ディスプレイを平らなスペースの上に載せて、ケース側を持ち上げます。

    • ディスプレイの裏側に付着した接着剤の残りを綺麗に拭き取ります。

  3. ピンセットを使って、ブルーのプロテクターが付いたフィルムを慎重に剥がします。
    • ピンセットを使って、ブルーのプロテクターが付いたフィルムを慎重に剥がします。

  4. 交換用の接着剤を斜めに持ち、ディスプレイ上に通していきます。 ディスプレイを前向きに若干傾けると、フレームと接着剤の位置を揃えやすくなります。
    • 交換用の接着剤を斜めに持ち、ディスプレイ上に通していきます。

    • ディスプレイを前向きに若干傾けると、フレームと接着剤の位置を揃えやすくなります。

    • 交換用接着剤をForce Touchガスケットの上に揃えて、先端が鋭利なスパッジャーを使って定位置に押さえながら装着します。

  5. 先ほどの交換用ガイドで述べていたように、バッテリーの接続を繋げます。
    • 先ほどの交換用ガイドで述べていたように、バッテリーの接続を繋げます。

    • 接着剤から保護用フィルムを剥がします。

  6. 接着剤上にしっかりとスクリーンを重ねて押し込み、固定します。
    • 接着剤上にしっかりとスクリーンを重ねて押し込み、固定します。

    • 接着力を強めるには、iOpenerを使ってディスプレイを温めます。それから数時間、上からプレッシャーを加え続けます。(重量のある本などを上に載せて、夜通しそのままにしておくと効果があります)。

ゴール

11 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Dominik Schnabelrauch

メンバー登録日: 2016年11月23日

43,543 ポイント

219のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

104 メンバー

9,212のガイドは作成済み

Will the new adhesive be water proof?

or will the watch after replacement no longer be water proof?

fredrik.liljeroth - 返信

The Apple Watch isn’t waterproof, but water resistant. After opening and resealing it there is no guaranty that the resistance is the same as before. More on that topic can also be read on Apples website (“Apple Watch can't be rechecked or resealed for water resistance.“). But when resealed properly (using heat and pressure without damaging the force touch gasket in the opening process and cleaning off old residue) there shouldn’t be any concern for a normal daily use like washing hands or taking a shower. It might even work for a swim in a pool or an ocean, but I wouldn’t count on that 50M ISO rating ;)

Tobias Isakeit -

This one was a bugger! Dang…getting this over the display w/o sticking to everything is an exercise puzzle. The first one also didn't release correctly and I ended up installing just the blue adhesive backing…then realized that the adhesive was still on the other backing, which I then had to very carefully remove with a tweezers, then navigate the puzzle of an exercise getting it over the display and in to position. I did it, but as other commenters noted, it is not sealed anything like it originally was. In fact, it came up in a few days and I had to use the iRemover to heat it back up and press it back into place. I also use an iWatch bumper guard all the time now to protect it from popping off. For this older series 2 iWatch I’m ok.

Thank you iFixIt for top notch parts, instructions and tutorials. I’ve been an IT tech/specialist for many years, but still approach new repairs with caution, especially on Apple products, until I’ve done it at least once.

Erica Rogers - 返信

Yes, resealing the Apple Watch is a tough one. It is either disconnecting the display and go without the "exercise puzzle" but risk damaging cables and having to reconnect the display vs. keeping a steady hand and feeding the adhesive around the display.

I edited the guide to apply pressure on the closed watch for a longer time now. A few hours under some heavy books might do a better job.

Oh, and congrats on the repair.

Tobias Isakeit -

Adhesive gasket/strip did not fit. It was slightly undersized :( I ended up cutting tiny strips to fill the gaps. :(

kamilgoslawski - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 15

過去 7 日: 62

過去 30 日: 436

今までの合計 6,724