メインコンテンツにスキップ

ビデオの概要

はじめに

Apple TVを最後に分解してから早2年が経ちました。今日、クパチーノ(Apple本社)のから収穫されたばかりのフレッシュなテック果実、 Apple TV 4Kが私たちの分解テーブルの上に載せられています。最初の4K HDRストリーミングデバイスでまず何をしましょうか?夜更かししてStranger Thingsを一気観するのは?絶対これだと思ったんですが…イヤイヤ、やっぱりこの誘惑物を分解することにしましょう!

iFixitの様々な活動をご覧になられたいですか?FacebookTwitterTwitter日本語版Instagramから最新のリペア情報を入手してください!

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのApple TV 4Kを修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. この小さな黒いオベリスクについて知っている事は、4Kのパワーが詰められていることです。でも、このアップグレードされたApple TVの中には他にもどのような新しい機能があるのでしょうか。 64ビットアーキテクチャ搭載A10X Fusionチップ
    • この小さな黒いオベリスクについて知っている事は、4Kのパワーが詰められていることです。でも、このアップグレードされたApple TVの中には他にもどのような新しい機能があるのでしょうか。

    • 64ビットアーキテクチャ搭載A10X Fusionチップ

    • ギガビットEthernet、802.11ワイヤレス、Bluetooth 5.0, IRレシーバー、HDMI 2.0a

    • そしてリモコンの中にも…

    • ガラス製タッチサーフェス

    • デュアルマイク

    • 加速度センサーと3軸ジャイロ

    • Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー、IRトランスミッタ、充電用Lightningコネクタ

  2. カリフォルニア州クパチーノに造られたUFO基地をもつテック会社が発売した新しいTVを分解しましょう!まずこれまでのAppleTVと4K Appleを比べてみましょう。 モデルと比べて、最新のAppleTVはこれまでで最高とは言いきれません。しかし、デザインでは幾つかの違いを発見できます。 底パネルは本気で排熱をするようなものを装備するために再デザインされています。
    • カリフォルニア州クパチーノに造られたUFO基地をもつテック会社が発売した新しいTVを分解しましょう!まずこれまでのAppleTVと4K Appleを比べてみましょう。

    • モデルと比べて、最新のAppleTVはこれまでで最高とは言いきれません。しかし、デザインでは幾つかの違いを発見できます。

    • 底パネルは本気で排熱をするようなものを装備するために再デザインされています。

    • さよなら、USB-Cポート。

  3. このボックスを開口する前に、友達であるCreative Electronが素晴らしいX線スキャン画像を見せてくれました。 X線バージョンでは新しい円盤状のものが見えます。底パネルの新排気ポートと密接につながっているように見えます。
    • このボックスを開口する前に、友達であるCreative Electronが素晴らしいX線スキャン画像を見せてくれました。

    • X線バージョンでは新しい円盤状のものが見えます。底パネルの新排気ポートと密接につながっているように見えます。

    • この円盤はファンなのでしょうか?それとも特別な加速度センサーでしょうか?接続リングの一部でしょうか?

    • さて、私たちの探究心が湧き上がりました。この黒いボックスを開口して4Kのアップグレードの正体を見つけてみましょう。

  4. Apple TV 4Kを裏返しにして底パネルから内部に侵入するのは前モデルと同じデザインです。 4th Generationと同様に、Apple TV 4Kの底パネルを固定しているプラスチッククリップは修理しやすいものです。
    • Apple TV 4Kを裏返しにして底パネルから内部に侵入するのは前モデルと同じデザインです。

    • 4th Generationと同様に、Apple TV 4Kの底パネルを固定しているプラスチッククリップは修理しやすいものです。

    • これらのクリップは前モデルと比べると少し頑丈になりました。しかし、作業を大きく妨げるほどではありません。

    • 圧着剤で埋められた溝や非標準型のネジは?いいえ、ありません!このアップグレードした4Kにご褒美として1UPです。

    • リアパネルを取り出すと頑丈なファンがトルクスネジで固定されています。

  5. PCラップトップ用バッテリー

    iFixitの品質保証付きトップPCブランド用バッテリー

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    iFixitの品質保証付きトップPCブランド用バッテリー

    ショップを見る
  6. T7のトルクスネジを取り出すと、Apple TVの巨大ファンが出てきました! Appleは前モデルのApple TV 4th Genに装着されていたヒートシンク/EMIシールドに新しいファンを合体させたようです。ーこれらの機能を組み合わせることで、強烈な冷却機能が完成しました。 サーマルアセンブリのこのボルトロンが意味することは、4K HDRでは熱出力が膨大な量に上るということです。
    • T7のトルクスネジを取り出すと、Apple TVの巨大ファンが出てきました!

    • Appleは前モデルのApple TV 4th Genに装着されていたヒートシンク/EMIシールドに新しいファンを合体させたようです。ーこれらの機能を組み合わせることで、強烈な冷却機能が完成しました。

    • サーマルアセンブリのこのボルトロンが意味することは、4K HDRでは熱出力が膨大な量に上るということです。

    • さらにトルクスネジを幾つか外すと、アセンブリがバラバラになります。ー交換可能なファンが Nidec(日本電産株式会社)製のブラシレスモーターを使用していることが判明しました。

    • 交換可能なファンは所有者にとって喜ばしいニュースです。逆を考えると、ファンが壊れたままではデバイス本体が壊れてしまうということです。

    • この新しいファンはアイデンティティディスクととても似ていますが…TRON、ひょっとして君がこんな所に?

  7. Appleは簡単に取り外しが可能なロジックボードをApple TV 4Kにも踏襲してくれたようです。 Apple 343S00198 64ビット A10X Fusion チップ
    • Appleは簡単に取り外しが可能なロジックボードをApple TV 4Kにも踏襲してくれたようです。

    • Apple 343S00198 64ビット A10X Fusion チップ

    • Broadcom BCM57762 ギガビット Ethernet コントローラー

    • SK Hynix H9HCNNNBRUMLQR 2 GB LPDDR4 RAMSK Hynix H9HCNNN8KUMLQR 1 GB LPDDR4 RAM、合計3 GB

    • Apple 343S00150 (Retina MacBook 2015に搭載されていた338S00055カスタムメモリーコントローラーのパーツ番号と類似しています。)

    • Murata 339S00381 Wi-Fi/Bluetoothモジュール

    • Toshiba THGBX6G8D2LLDXG 32 GB フラッシュメモリ

    • MegachipsMCDP2920A4 DisplayPort 1.4、HDMI 2.0コンバーター

  8. ここでは新しい驚きはありません。ヒートシンクは2015年からのモデルとおおよそ同じです。 ヒートシンクのボディからパワーポストと思われる馴染みのパーツをつまんで取り出してみます。
    • ここでは新しい驚きはありません。ヒートシンクは2015年からのモデルとおおよそ同じです。

    • ヒートシンクのボディからパワーポストと思われる馴染みのパーツをつまんで取り出してみます。

    • Apple TV 4th Genの分解の際、電力はヒートシンクのネジポストを通じてロジックボードへ送られるのではないかと推測しました。どうやらApple TV 4Kでも同じデザインのようです。

    • ヒートシンクとポストを取り出すと、最後に残る作業は、電源基板の取り外しです。

  9. 新しい電源の容量は1.083 A、12 Vです。これは Apple TV 4th Genで0.917 Aの容量だったことからわずかなアップグレードとなりました。 さらに、前モデルからデザインを引き継いだApple TV 4Kは電源とロジックボードの間に内部ワイヤがありません。
    • 新しい電源の容量は1.083 A、12 Vです。これは Apple TV 4th Genで0.917 Aの容量だったことからわずかなアップグレードとなりました。

    • さらに、前モデルからデザインを引き継いだApple TV 4Kは電源とロジックボードの間に内部ワイヤがありません。

    • ワイヤに代わる伝導ポストの使用によって、内部スペースを有効に使うことができます。そして組み立ての際にワイヤを切断したり曲げてしまう可能性が少なくなります。

  10. これが分解されたビットです!さてと、これをまた組み立ててStranger Thingsをぶっ続けで見ましょうかね… 素晴らしいX線画像をオーストラリアから届けてくれたCreative Electronに改めて感謝します!
    • これが分解されたビットです!さてと、これをまた組み立ててStranger Thingsをぶっ続けで見ましょうかね…

    • 素晴らしいX線画像をオーストラリアから届けてくれたCreative Electronに改めて感謝します!

  11. 最終案
    • プラスチック製クリップでケースが固定されているため開口作業は簡単です。
    • モジュール式コンポーネントは分解や修理を簡単にしてくれます。
    • 電源はモジュール式で取り外しが可能なACプラグが付いています。
    • 全てのパーツの固定に標準型トルクスネジが使用されています。
    • 主要なコンポーネントがロジックボードに半田付けされています。ポートを修理する時は基板上での半田付け、もしくは基板全体の交換が必要です。
    修理難易度スコア
    8
    10点満点中8点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Just sanity checking what my eyes are telling me - are both the inner and outer rings of that moving fan parts, or is the outer ring just an air channel?

Edit: ok the last breakdown picture shows the outside is not part of the fan

tipoo - 返信

Got off the phone with Apple. No USB means a corrupted firmware means you will have to send in the device for recovery/restore. You will at least have to pay shipping. Apple stores should be able to recover/restore as well. Don’t exactly the USB pads on the PCB. Maybe the four pads on the left of the bottom image. Anyone?

Kemal NottaTurk - 返信

Maybe they'll allow it to be done through the ethernet port….

Andrew spoelstra -

Any more detailed info (part numbers) on the remote?

techno_freak - 返信

Isn’t that Broadcom ethernet chip used in thunderbolt dongles, but not necessarily anything to do with Thunderbolt? I.e TB carries it, but it's it’s own thing. Not sure this shows Thunderbolt on ARM.

tipoo - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 62

過去 7 日: 268

過去 30 日: 1,024

今までの合計 73,466