メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

2015年の後半にiMac 27インチを購入することに不安を感じていました。情報がほとんどなかったためです。SSDの追加やアップグレードに関する情報や、解体に固有のビデオはほんの少ししか見つかりませんでした。 2014年と2015年の初めのモデルですが、2015年の終わりに注目しています。

HDDからSATAと電源ケーブルを取り外し、2.5インチSSDを追加します(HDDはそのままにします)。

    • Retina iMacを開くのは難しい場合があり、適切なツールが必要です。 また、ケースを開いてSSDを正しく取り付けるには、いくつかのものが必要になります。

    • 以下は、現在実行中のiFixitの分解図です。 iMac Intel 27 "Retina 5K Display

    • そして、OWCの友人から、HDDを完全に取り出してSSDに置き換える方法についての素晴らしいビデオがありますが、このガイドでは、HDDをそのままにしてSSDを取り付ける方法を説明します。https://vimeo.com/139364064

    • Macを開くためのPro Tech Toolkit Jimmyなどの重要なツールを必ず入手してください。私は医療用メスを使用しましたが、「ギターピック」は弱すぎて厚すぎました。 「ジミー」はメスの代用として最適です。

    • iMacの温度制御を制御できるように、OWCインラインデジタル温度センサーも必要です。 そうしないと、ファンはフルスピードで回転します。 このOWCキットには、iMacのバックアップを閉じるために必要なテープも含まれています。https://eshop.macsales.com/item/OWC/DIDI...

  1. 現在のiFixitおよびOWCガイドでは、ディスプレイケーブルを外す必要がありますが、このガイドは不要です。 私はiMacを水平に保ち、ディスプレイを開いた後、2つの標準的な鉛筆を使ってディスプレイの両側を支えました。
    • 現在のiFixitおよびOWCガイドでは、ディスプレイケーブルを外す必要がありますが、このガイドは不要です。 私はiMacを水平に保ち、ディスプレイを開いた後、2つの標準的な鉛筆を使ってディスプレイの両側を支えました。

  2. これで、OWC温度センサーケーブルが付いていて、SSDがすでに接続されているHDDからSATAケーブルを取り外しました。 OWCケーブルは少し固いですが、私がしなければならなかったのは、少しねじってSSDをiMacの内側に平らに置くことだけでした。  SSDが搭載されたこのポケット全体は、通常は空で、小さなSSDを搭載するのに最適な場所です。
    • これで、OWC温度センサーケーブルが付いていて、SSDがすでに接続されているHDDからSATAケーブルを取り外しました。

    • OWCケーブルは少し固いですが、私がしなければならなかったのは、少しねじってSSDをiMacの内側に平らに置くことだけでした。 SSDが搭載されたこのポケット全体は、通常は空で、小さなSSDを搭載するのに最適な場所です。

  3. 次に、ケーブルをできる限り整理してコンパクトに保ちながら、温度センサーをSSDに取り付けました。
    • 次に、ケーブルをできる限り整理してコンパクトに保ちながら、温度センサーをSSDに取り付けました。

    • ここでは、3Mの正方形の接着剤でSSDをiMacに固定しました。 iMacはここで湾曲しているので、iMacを所定の位置に固定できるものが必要でしたが、ほとんどの接着剤よりも厚かったです。https://smile.amazon.com/dp/B00O1WFF8U

    • 合計4つの正方形を使用しましたが、2倍にしました。 1つを他の2つの上に積み重ねます。 1つは左後ろに、もう1つは右前です。

  4. 最後の手順では、温度センサーケーブルをHDDブラケットにファスナーで留めて、すべてを所定の位置に保ちます。 また、OWCケーブルをできるだけディスプレイから引き離したいと思っていました。  2番目の写真からわかるように、OWCケーブルとジップタイはHDDとファンの排気口のかなり下にあるため、まだ十分なスペースがあります。
    • 最後の手順では、温度センサーケーブルをHDDブラケットにファスナーで留めて、すべてを所定の位置に保ちます。

    • また、OWCケーブルをできるだけディスプレイから引き離したいと思っていました。 2番目の写真からわかるように、OWCケーブルとジップタイはHDDとファンの排気口のかなり下にあるため、まだ十分なスペースがあります。

  5. それでおしまい!  2TB HDDは使用できませんが、ディスプレイを取り外したり、ディスプレイケーブルを外したり、スピーカーやHDDを取り外したりすることなく、最小限の労力とリスクでSSDを取り付けることができました。
    • それでおしまい! 2TB HDDは使用できませんが、ディスプレイを取り外したり、ディスプレイケーブルを外したり、スピーカーやHDDを取り外したりすることなく、最小限の労力とリスクでSSDを取り付けることができました。

    • おまけとして、iMacのHDDバージョンは「Fusion Drives」として提供されるため、PCIe SSDも接続されています。 私のモデルには128GB SSDがインストールされていたので、追加ドライブとしてそれにアクセスできます。 Boot Campを介してPCIeドライブにWindowsをインストールする予定です。

    • 最後の手順として、iMacの外縁にある3M両面テープをすべて取り外して交換する必要があります。 手順1で使用した、3Mテープが使用されているサーマルセンサーはこちらから購入できます。

終わりに

デバイスを再組み立てするには、これらの手順を逆の順序で実行します。

26 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

108 件のコメント

Hello, in the last part of closing the iMac, what is the adhesive that you use? I bought some on ebay but its not strong enough. thanks.

PCosta - 返信

My link was in the post: https://eshop.macsales.com/item/Other%20...

It includes the thermal sensor and the tape.

Justin Winchester -

If you are installing an SSD to replace the HDD on iMac 2013 and later, you don't even need the thermal sensor cable from OWC because the heat info will be read through S.M.A.R.T. I think that OWC thermal cable for iMac 2013 and later is a scam. The reason why you need the thermal sensor is that Seagate HDD has a proprietary thermal port back in 2010. The thermal info cannot be read by SMART back then. The new iMac from 2013 (probably 2012 included) will no longer need the thermal sensor cable.

Evan - 返信

Well, unless someone has a definitive answer on if it's needed or not I'd still recommend it. Plus it comes with the tape needed to secure the iMac.

Justin Winchester -

Doesn't the newly installed SSD block the fans natural airflow path being placed there?

chrisrayrobertson - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 43

過去 7 日: 306

過去 30 日: 1,584

今までの合計 94,398