メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

1930年アメリカに最初に登場した電気コンセントは1口しかありませんでした。そして現在は当たり前のように目にする2口や倍の大きさのプレートのコンセントに進化しました。その進化がなければ、すべての人は1口ソケットから電気を分配するための延長コードを使用することになり、これは今でもテレビ信号を接続ケーブル(分波器付き)で分配しているのと似ています。今から40年以上前に、ケーブルテレビ業界は顧客のために2口プレートに進化させています。

  1. 古い方法だとご存知だと思いますが...、分波器をつけた1本のコネクターケーブルが壁に取り付けられています。どちらも床で埃をかき集めて汚いです。 壁プレートから延長ケーブルを外します。もうこれ以降必要ありません。
    • 古い方法だとご存知だと思いますが...、分波器をつけた1本のコネクターケーブルが壁に取り付けられています。どちらも床で埃をかき集めて汚いです。

    • 壁プレートから延長ケーブルを外します。もうこれ以降必要ありません。

  2. 適切な大きさのドライバーで壁プレートを留めているネジを外します。この壁プレートはマイナスネジが使われていましたが、お宅のはプラスネジかもしれません。
    • 適切な大きさのドライバーで壁プレートを留めているネジを外します。この壁プレートはマイナスネジが使われていましたが、お宅のはプラスネジかもしれません。

  3. 壁からでている同軸ケーブルから交換前の壁プレートを外します。
    • 壁からでている同軸ケーブルから交換前の壁プレートを外します。

  4. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  5. 新しい2分波器内蔵プレートを同軸ケーブルに接続します。
    • 新しい2分波器内蔵プレートを同軸ケーブルに接続します。

  6. 取り付け用をネジは交換して、適切なドライバーで締めます。 取り付け用をネジは交換して、適切なドライバーで締めます。
    • 取り付け用をネジは交換して、適切なドライバーで締めます。

  7. 壁プレートをはめて、適切なドライバーで取り付け用ネジを締めます。 取り戻したフロアスペースと未来型壁プレートを楽しんでください!
    • 壁プレートをはめて、適切なドライバーで取り付け用ネジを締めます。

    • 取り戻したフロアスペースと未来型壁プレートを楽しんでください!

  8. 怖いフラッシュバック(特にケーブル愛好家向け)
    • 怖いフラッシュバック(特にケーブル愛好家向け)

ゴール

3 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Takehiroさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Advanamics

メンバー登録日: 2011年09月03日

231 ポイント

1ガイドが承認済み

3 件のコメント

I already have a wall plate with one cable output(for my modem) can I connect the splitter to this wall plate or I have to remove the plate and connect the other cable behind the wall plate

jinkuntan007 - 返信

The reason why coaxial wall plates only have one coaxial jack is because using a two-way splitter divides the signal by two. That’s right, the signal strength on both sockets is 50% weaker. It doesn’t matter whether there is something connected to the other socket or not, or what’s connected to it, it’s still half as strong as it was before the splitter on both sockets. In fact, leaving an unused socket open is even worse as it let interference in. Coaxial works with a center conductor that carries the signal, and an outer shielded that protects against EMI and it needs to be sealed (i.e., no open jack, unconnected cable, cut cable, etc.). Any unused jacks or cables should have a 75 ohm termination. So that’s why coaxial jacks only has one socket, and why cable guys only put splitter when really needed. They fix problems every day by people who thought it would be a good idea to put splitters everywhere, and use cheap gold-painted splitters like the one in the tutorial on top of that.

hc_kev - 返信

Time marches on and Splitter|Wall Plate has been replaced with Splitter|Wall Plate PRO. The difference is its pro-grade signal splitter and wall plate. They both are installed everyday and conform to SCTE specifications. It is widely-known, among industry professionals, that MSOs or cable service providers routinely provide more signal than minimally required so that some signal splitting is not an issue.

Unnecessary cable connections can diminish signal strength. So, the fewer connections the better. Splitter|Wall Plate PRO eliminates the in-room connector cable so, there are fewer connections and that supports signal strength.

In addition, every open F-port (“socket”), even the single one of a typical pass-through coaxial wall plate, can leak signal. Therefore, best practices suggest any unused/open F-port throughout a network should be terminated with a 75-ohm terminator cap http://www.hollandelectronics.com/catalo....

M J McAllister - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 42

過去 30 日: 209

今までの合計 31,186