メインコンテンツにスキップ

はじめに

タッチ操作ができない場合、スライドによる電源OFFは出来ません。代わりにサイドボタンとデジタルクラウンを使って電源を切ります。

電源を切ることが出来れば修理を行うことが可能です。

  1. もし、Apple Watchを充電している最中なら、充電器を外してください。外さないとこの手順が通用しません。 サイドボタンとデジタルクラウンを同時に長押しします。
    • もし、Apple Watchを充電している最中なら、充電器を外してください。外さないとこの手順が通用しません。

    • サイドボタンとデジタルクラウンを同時に長押しします。

    • しばらく押し続けると、Apple Watchが再起動します。

  2. Appleのロゴが表示されたら、デジタルクラウンを離してください。このときサイドボタンを押し続けます。 Appleのロゴが消えたら、サイドボタンを離します。 Appleのロゴが消えたら、サイドボタンを離します。
    • Appleのロゴが表示されたら、デジタルクラウンを離してください。このときサイドボタンを押し続けます。

    • Appleのロゴが消えたら、サイドボタンを離します。

  3. これでApple Watchの電源が切れました。
    • これでApple Watchの電源が切れました。

終わりに

これでおしまい!

電源が切れたら修理をしましょう!

4 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

257,229 ポイント

216のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

9,591のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 16

過去 7 日: 102

過去 30 日: 473

今までの合計 1,849