メインコンテンツにスキップ

はじめに

私たちは皆子供のような心を内に秘めています。任天堂がノスタルジア的ゲームエミュレーターである”可愛いだけ”のクラシックミニNESを発売すると聞いた時、嬉しくて心が躍りました。1985年発売の任天堂エンターテイメントシステムに類似した2016年度復刻版の最新モデルの中身はどうなっているのでしょうか?

他のゲームコンソールや分解情報にも興味がありますか?FacebookTwitterTwitter日本語版

Instagram をフォローしてください!

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのNES Classic Editionを修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. オリジナルのNESコンソール がリリースされてから30年以上が経った今でも、任天堂はクラシックなスタイルを保った新サイズのゲームコンソールで私たちを楽しませてくれます。 この小さなエミュレーターボックスには以下のものが付属しています。 プレインストールされた30種類のゲーム
    • オリジナルのNESコンソール がリリースされてから30年以上が経った今でも、任天堂はクラシックなスタイルを保った新サイズのゲームコンソールで私たちを楽しませてくれます。

    • この小さなエミュレーターボックスには以下のものが付属しています。

    • プレインストールされた30種類のゲーム

    • HDMI 出力

    • 電源供給用のUSB ポート

    • コントローラー

    • お楽しみとして、昔のゲームソフトとクラシックエディション用ソフトを並べてみました。大体同じぐらいのサイズです。しかし、この2つの間には何十年という隔たりがあるのです!

  2. さあゲーム時間がやってきました!ゲームタイマーの見守り警告を無視しながら、この宝箱を開けていきましょう。 まず底ケースからゴム足を剥がすとプラスネジがあります。
    • さあゲーム時間がやってきました!ゲームタイマーの見守り警告を無視しながら、この宝箱を開けていきましょう。

    • まず底ケースからゴム足を剥がすとプラスネジがあります。

    • 底ケースを取り出してケース内側を確認しましたがー空っぽです。

  3. 中身は全て下部ケースに搭載されています。そして”全て”といっても大して入っていません。 すぐさま、ケーブルの接続をパンチしながら外していきます。 おそらくご存知でしょうが、マリオは頭でブロックを打ち破っているように見えますが、実際は拳を使っているのです!
    • 中身は全て下部ケースに搭載されています。そして”全て”といっても大して入っていません。

    • すぐさま、ケーブルの接続をパンチしながら外していきます。

    • おそらくご存知でしょうが、マリオは頭でブロックを打ち破っているように見えますが、実際は拳を使っているのです!

    • 合計3本のコネクターの接続を外せました(ボタン用基板、コントローラー1と2):レベル1クリア!

  4. 基板は美しいメタルシールドの下に搭載されています。これは構造上のサポートだけでなく、放熱の役割があるようです。 シールドを取ると前に見たことがあるチップのフィールドが待っています。 Allwinner  R16  クアッドコアCortex A7 プロセッサ、Mali-400MP2
    • 基板は美しいメタルシールドの下に搭載されています。これは構造上のサポートだけでなく、放熱の役割があるようです。

    • シールドを取ると前に見たことがあるチップのフィールドが待っています。

    • Allwinner R16 クアッドコアCortex A7 プロセッサ、Mali-400MP2

    • 512 MBの MX30LF4G18AC 4ギガビット Flashメモリ (SNESで使用されていたSpansionフラッシュメモリとは対照)

    • 256 MB of SK Hynix 2 Gb DDR3 SDRAM (H5TQ2G63GFR-RDC)

    • X-Powers AXP223パワーマネージメント

    • Richtek RT7295A 3.5 A 同期降圧型コンバータ

  5. コンソールには1つのコントローラーしか付いていませんが、プレイヤー2のオプションも追加できます。これらのポートを取り出すまでの話ですが! ポートはWii用リモートに搭載されていたものと同一です。ということはWiiのクラッシックコントローラーを NESクラシックに接続できます。 推測できるように、これらのポートはオリジナルの NESやファミコン本体のコントローラポートを改良したものです。
    • コンソールには1つのコントローラーしか付いていませんが、プレイヤー2のオプションも追加できます。これらのポートを取り出すまでの話ですが!

    • ポートはWii用リモートに搭載されていたものと同一です。ということはWiiのクラッシックコントローラーを NESクラシックに接続できます。

    • 推測できるように、これらのポートはオリジナルの NESやファミコン本体のコントローラポートを改良したものです。

    • よくある”やっつけ”修理ではいつも成功しません。だからここで使われているモジュール式を見ると嬉しくなります。しかし残念なことに、USBとHDMI共に基板上で半田付けされています。

  6. さて最後の分解へのカウントダウンです:次はボタンアセンブリです! この自称、ドーターボード/サブ基板は(綺麗にラベルが貼られた)電源とリセットボタン、ステータスLEDのチップを搭載しています。
    • さて最後の分解へのカウントダウンです:次はボタンアセンブリです!

    • この自称、ドーターボード/サブ基板は(綺麗にラベルが貼られた)電源とリセットボタン、ステータスLEDのチップを搭載しています。

    • オリジナルモデルと比較して、明らかにこのコンソールから取り除かれたものは拡張ポートです。オリジナルモデルではこのポートの使用頻度が少なかったため、このポートがなくなってもさほど大きな違いはないでしょう。

  7. さてボーナスレベルです:コントローラーの分解です! ゴム製プラグはないため、このコントローラーに使われているネジを簡単に確認できます。コントローラーの中身:1つのコネクターが付いたベア(裸)ボードです。 ケーブルは内部で綺麗に枝分かれされており、コネクターにかかるストレスを軽減しています。
    • さてボーナスレベルです:コントローラーの分解です!

    • ゴム製プラグはないため、このコントローラーに使われているネジを簡単に確認できます。コントローラーの中身:1つのコネクターが付いたベア(裸)ボードです。

    • ケーブルは内部で綺麗に枝分かれされており、コネクターにかかるストレスを軽減しています。

    • ボードの正面側は1つのチップ、受動コンポーネントとボタン用の接地面以外は特に何もありません。

    • これらのボタンは、まるでリモートコントローラーが沢山あるようです。ボタンを押すと、電流が巡回して導電ペイント間の隙間に繋がるのです。ーまるでマリオがすごい技を成し遂げたようです!

  8. これで終了です!分解後に並べたコンポーネントはあまり多くありませんが、8ビット以上はあることは確かです。。
    • これで終了です!分解後に並べたコンポーネントはあまり多くありませんが、8ビット以上はあることは確かです。。

  9. まとめ
    • 標準プラスネジのみ使用されています。
    • 壊れやすいプラスチックのクリップや強力な圧着剤は使用されていません。
    • ボタン用基板やコントローラーポートを含む多くのコンポーネントがモジュラー式です。
    • ソリッドステートのNESクラシックチップはデバイスの消耗を軽減してくれますが、アップグレードは恐らく不可能です。
    • HDMIとUSBポートがメイン基板に半田付けされているため、修理は複雑になります。
    リペアビリティのスコア
    8
    10点中8点のリペアビリティ
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

11 件のコメント

It would be nice to see a teardown comparison to the original NES.

Tim Briscoe - 返信

I agree completely. <3

Samantha Tigerlily -

Upgrades are definitely an option! Additional games can be flashed to the system via an app, game roms, a USB cable and a PC. Because of this, the orange minus icon, should be changed to a green checkmark.

Stephen Harbin - 返信

It is not intended by Nintendo to add games but it is definitely possible (I also flashed some extra games on it). The manufacturer does not offer any software for editing, therefore it is not red, but orange :)

Tobias Isakeit -

No picture of the back?

Sam Cornwell - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 7

過去 7 日: 45

過去 30 日: 181

今までの合計 28,617