メインコンテンツにスキップ

はじめに

iPhone 6s Plusのバッテリーコネクターを外すにはこの手順をご利用ください。デバイス本体の壊れやすいコンポーネントがショートしないよう、他の内蔵部品への修理前にバッテリーを取り外す必要があります。

  1. バッテリーコネクタ, ペンタローブネジ: 手順 1、 1の画像 1
    • iPhoneを解体する前にバッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーにダメージを与えると引火や爆発の恐れがあります。

    • 解体を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • Lightningポートの両端に留められた3.4 mmペンタローブネジを2本外します。

  2. バッテリーコネクタ, 開口方法: 手順 2、 1の画像 1
    • オプションで、iOpenerもしくはヘアドライヤーを使って、中程度の熱を約1分間iPhoneの下部端に当てます。

    • 熱によってディスプレイに装着されている接着剤が柔らかくなり、開口しやすくなります。

  3. バッテリーコネクタ: 手順 3、 1の画像 1
    • 6s Plus ディスプレイの開口作業は、ディスプレイ周辺に留められた薄い接着タブを剥がすことから始まります。交換用の接着タブを使用する場合は、作業前に準備してください。接着剤タブをそのまま使用しても、機能上は問題ありません。

    • ディスプレイアセンブリ下側左端に吸盤カップを取り付けます。

    • ディスプレイ全体に亀裂が広がっている場合は、透明な梱包テープを表面に貼ると吸盤カップがうまく装着します。もしくは強力なガムテープを吸盤カップの代わりに使用することもできます。壊れたスクリーン上に接着ボンドで吸盤カップを固定することもできます。

  4. バッテリーコネクタ: 手順 4、 2の画像 1 バッテリーコネクタ: 手順 4、 2の画像 2
    • フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るため、吸盤カップを一定の強さでゆっくりと引き上げます。

    • 力強く引っ張るとディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまうことがあります。リアケースとディスプレイアセンブリの間に小さな隙間を作る程度の力加減にします。

  5. バッテリーコネクタ: 手順 5、 3の画像 1 バッテリーコネクタ: 手順 5、 3の画像 2 バッテリーコネクタ: 手順 5、 3の画像 3
    • 一番最初に開口する安全な場所はヘッドホンジャック上部のフロントパネル下にできる隙間です。

    • 吸盤カップを持ち上げながら、ヘッドフォンジャック上部の隙間にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

  6. バッテリーコネクタ: 手順 6、 2の画像 1 バッテリーコネクタ: 手順 6、 2の画像 2
    • フロントパネルとリアケースの隙間を広げるようにスパッジャーをひねりながらスライドします。

  7. バッテリーコネクタ: 手順 7、 3の画像 1 バッテリーコネクタ: 手順 7、 3の画像 2 バッテリーコネクタ: 手順 7、 3の画像 3
    • 吸盤カップをしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左側角までスパッジャーの先端をスライドします。

  8. バッテリーコネクタ: 手順 8、 2の画像 1 バッテリーコネクタ: 手順 8、 2の画像 2
    • スパッジャーの先端をフロントパネルとリアケースの間に入れ、押し上げながらデバイス本体左側までスライドして開口します。

  9. バッテリーコネクタ: 手順 9、 2の画像 1 バッテリーコネクタ: 手順 9、 2の画像 2
    • スパッジャーの平面側先端をディスプレイ下部の右側角に差し込みます。

    • スパッジャーを右側に沿ってスライドします。

  10. バッテリーコネクタ: 手順 10、 2の画像 1 バッテリーコネクタ: 手順 10、 2の画像 2
    • プラスチックの開口ツールを使ってリアケースを下向きに押さえながら固定し、デバイスを吸盤カップで引き上げます。

    • ディスプレイを完全に外さないでください。iPhone上部端に付けられたディスプレイ用のデータケーブルにダメージを与えてしまいます。

  11. バッテリーコネクタ: 手順 11、 2の画像 1 バッテリーコネクタ: 手順 11、 2の画像 2
    • 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を引っ張り、ディスプレイから外します。

  12. バッテリーコネクタ: 手順 12、 3の画像 1 バッテリーコネクタ: 手順 12、 3の画像 2 バッテリーコネクタ: 手順 12、 3の画像 3
    • デバイス本体上部を蝶番のようにして、リアケースからディスプレイアセンブリのホームボタン端を持ち上げ、iPhoneを開きます。

    • ディスプレイを直角に開き、作業中邪魔にならないよう、後ろ側に衝立を置き開いたまま固定します。

    • 90度以上ディスプレイを開かないでください。ディスプレイ、デジタイザー、切断しやすい正面カメラケーブルが本体上部と繋がった状態です。

    • 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように輪ゴムなどで留めてください。これはディスプレイケーブルに予期せぬ圧力が加わらないように保護するためです。

    • 急ぎの場合は、未開封の飲料用缶を使ってディスプレイに立てかけることもできます。

    • 基板に留められたバッテリーコネクターブラケットから、次のプラスネジを取り外します。

    • 2.9 mmネジー1本

    • 2.3 mmネジー1本

    • このガイドの作業中、取り外したネジの装着場所をメモ書きして安全に保管してください。再組み立ての際は、正しい位置に装着してください。間違った場所にネジを取り付けてしまうと、永続的なダメージになることがあります。

  13. バッテリーコネクタ: 手順 14、 2の画像 1 バッテリーコネクタ: 手順 14、 2の画像 2
    • バッテリーコネクタブラケットを取り出します。

  14. バッテリーコネクタ: 手順 15、 3の画像 1 バッテリーコネクタ: 手順 15、 3の画像 2 バッテリーコネクタ: 手順 15、 3の画像 3
    • スパッジャーの先端もしくは清潔な爪先を使って、基板からバッテリーコネクタの接続を外します。

  15. バッテリーコネクタ: 手順 16、 3の画像 1 バッテリーコネクタ: 手順 16、 3の画像 2 バッテリーコネクタ: 手順 16、 3の画像 3
    • 作業中、コネクターが誤って接続してしまいiPhoneの電源が入らないように、コネクターの接続を外したら反対側に折り返します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

2 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Evan Noronha

メンバー登録日: 2015年02月05日

214,876 ポイント

177のガイドは作成済み

チーム

The Home Depot The Home Depot人のメンバー

Community

9,684 メンバー

1,026のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 0

過去 30 日: 5

今までの合計 1,064